全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

   青少年課

     1)適応指導教室(不登校等の子供のため)
       ・藤枝市勤労青少年ホーム(パルハウス)で開催
       ・ギターの寄付したり、必要に応じて初歩指導の可能性
      ※ 今回担当の方がいらっしゃらなかったのですが、市民課の方が
        又連絡を取ってくれるそうです。
  
     2)ボーイスカウト(志太地区)
       ・月に1度リーダーが集まる時に、伺って話をする事が可能

     3)市子供連合協議会(市子連しこれん)…子ども会
       ・月に一度理事が集まる時に伺って話をする事が可能

    ◎ ボーイスカウト、市子連では家にあるギターを使って親子が楽しむ
      場面を作る事ができれば面白そう。
      担当の方も興味を持ってくれました。
      ただ、今年度の事業は大体決まっているので、来年度の事も視野に
      入れて考える。
      アイディアを作って持って行くようにする。

    ぁ\験恭惱課
      ・公民館講座に単発的な講座を行っているところもある

藤枝市役所 学校教育課

◆ヽ惺散軌蕾

     《中学校:備品としてのギターの再生と演奏の初歩指導》
     「コンタクトの方法」
      1)学校教育課で各中学校のギター備品が何本有るか調べてくれます。
      2)ギターのある学校にNPOから直接問い合わせる。
           …窓口は教頭先生、その後担当の先生に

     《問題点》
      ・今年から、各学校の「地域ふれあい講座」がほぼ廃止される。
      ・部活…子供の人数の減少、指導者不足、費用の問題で、部活を存続させる
          こと自体が大変な状態、新しく開設することはまず無理
      ・クラブ…教育課程の一つとして行うものだが、年に8〜10時間又はそれ以下
           しか時間をとらないので難しい。

      《小学校では》
       ・総合的な学習として各学年にテーマを設けていることが多いが
        例えば「3年生:地域を知りましょう  4年生:福祉 5年生:国際理解」
        等、大きいテーマを作っているので、音楽関係は難しい。
       ・体験活動として、鑑賞教室は行っている。
       ・クラブ活動も年に8〜10時間(減少している)

     ◎今回の結論
       ・学校は総合学習の時間をなくし、ゆとり教育から、普通の授業だけを
        行う方針になっているようだ。
       ・学校の備品としてのギターのメインテナンスを行う提案を続けて行い、
        ギターを生徒が触る機会があるときにお手伝いをする。…各学校に
        NPOの情報を知らせ続ける。
       
       
    

藤枝市役所 児童課

 藤枝市役所の市民課の杉本様に紹介して頂き、教育委員会に行ってきました。

  〇童課
     《アイディア》
     ◎ギターを募集して、子供がいつでも触れるように放課後クラブに置いておく。
      必要に応じて指導も?

     《放課後児童クラブについて》
     ・放課後児童クラブ(学童保育)が藤枝市に13ある。
       (11が公設民営、2が民営)
     ・小学校1〜3年対象で、主に学校の敷地内にある。
     ・家庭の代わりの役割を行う。
     ・指導員がいて、運営委員会を開き、方針を決める。
     ・連絡は13:00〜(遅くても14:00には)指導員がいる。

     市民課のアドバイス
     ◎まず、個別にNPOの資料を送り、その後連絡を取ってみる。
  

静岡福祉大学の件

  静岡福祉大学の件(06-6月5日と6月6日)

  静岡福祉大学のホームページによると、「わんぱくあそびフェスティバル」などを
  開催したり、大富小学校での活動も有るようなので、連絡を取ってみましたが
  現在は、外部との連携は行っていないと言う事で、電話連絡と資料を渡しただけで
  直接会って放す事はできませんでした。
                      ……残念

  学生が福祉活動でギターを使う陽になったら良いのにな〜〜。

焼津青少年の家の件

 静岡県立焼津青少年の家に電話してみました。

 このNPOがお役に立てることが無いかということで伺いたいという電話をしたのですが
 6〜7月は大変忙しいという事で、体よく断られてしまいました。
 11月にあるフェスティバルに参加する事は可能という事ですが(町の人が何組か演奏)、
 長期欠席などの子供達を対象にしたキャンプなどで、ギターを使えないかという事に関しては
 はっきり断られてしまいました。(カウンセラーの専門技術を持った人たちが楽器も
 持って来るそうです。)
 
 「活動はほとんど屋外のもので、ギターも青少年の家に有るけれど使いません。」とのこと。

 音楽で、心を豊かにするという活動はなかなか分かってもらえないようです。
 
 でも、分かってもらえないからこそ、この活動を広めなくっちゃね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事