全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
博多座のお印の入った最中、銅鑼焼き、季節の梅もなか。
  本来はこの和菓子屋さん自慢のお菓子が1種類ずつ6個か7個入りです。銅鑼焼きと最中は入れ替えができると案内されたので、お言葉に甘えました。
   歌舞伎のお土産としてとても喜ばれました。化粧箱も良い記念になります。

演目の「男の花道」は博多座の観客も巻き込んでのお芝居で、貴重な体験が出来ました。
   「  艶姿澤瀉祭」は、趣向を凝らした盛り沢山の華やかな舞台に、こんなに楽しませていただいて良いのかしらと思うくらいのすばらしさ!「舞踊をラスベガスのショーで見るような感覚で楽しめる作品」とありました。宝塚が大好きな私達は「歌舞伎版宝塚だ!」とはしゃいでいました。 
     ラストの総踊りでは、宙ずりで3階席の中央から、降りてこられる猿之助様のお姿の美しかったことといったら…。ため息

   
イメージ 1
今の時流にあった、ご飯少なめたんぱく質重視のお弁当です。
  さすがは博多座。お弁当屋さんはその辺をアピールしながら声がけされていました。
     女性の心を掴んだ上品なお弁当、とても美味しかったです。

イメージ 1
イメージ 2
<a href="http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r170106a" target="_blank">スパイスでお料理上手 手づくりで楽しもう♪ハッピーバレンタイン</a>
豆苗炒め
ミックススパイス
   モニターキャンペーンのスパイスと一緒にお試し商品として付いていました。
窓辺で買って来た豆苗少し成長させてから作りました。根元の方が少々硬くなっていたので、次回は買ってすぐに作りたいと思いました。

  今回は、豆苗を痛めた後の残った油でミニトマトと生マッシュルームをスライスして炒めました。 味は濃すぎず、香りの良いごま油がたっぷりとれてヘルシーで美味しい一品に仕上がりました
   上品な味わいというのでしょうか。ハーブやスパイスの組み合わせで、減塩につながると思いました。2袋ついていましたので、次回も別の食品を組み合わせて使いたいと思います。
イメージ 1ミントの香りですがすがしいベリーショコラブラウニーです。
イメージ 2
<a href="http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r170106a" target="_blank">スパイスでお料理上手 手づくりで楽しもう♪ハッピーバレンタイン</a>

 ベリーたっぷりのショコラミントブラウニー

材料(4人分)(23㎝×12.5㎝の耐熱皿)

GABANスペアミント 小さじ1
砂糖 45g
全卵 大1個
純白ごま油 大さじ4
スイートチョコレート 80g
生クリーム 大さじ2
薄力粉 40g
ココアパウダー8g
ドライクランベリー 30g
クルミ 20g

作り方 
1.クルミは170℃のオーブンで5分ローストしておく。冷めたら5㎜角くらいに砕いておく。

2.スペアミントは、ストレーナーに入れスプーンでゴシゴシこさぐようにして、粒を細かくしておく。

3.薄力粉とココアパウダーは合わせてよくふるっておく。

4.全卵はよくときほぐしておく。チョコレートは刻んでおく。オーブンを170℃で予熱しておく。

5.ボウルにチョコレート、生クリーム、j刻んだチョコレートを入れ、湯せんにかけてよく溶かしてなじむように混ぜる。

6.5.にときほぐした卵を2回に分けて混ぜてよくなじませ、砂糖を加えてさらに良く混ぜる。

7.6に薄力粉とココアパウダーを合わせたものを入れ、さらにスペアミントの粒も振り入れ、さっくり混ぜ合わせる。

8.焼き型に純白ゴマ油をぬり、、型に生地を流し込み、表面を平らにしてクルミとクランベリーを全面にちりばめる。

9.8.を170℃に予熱してあるオーブンの下段に入れて15分〜20分焼く。

10.オーブンから出して粗熱が取れたら、切り分けて皿に盛る。

チョコレートの量が多くて濃厚な感じがしますが、スペアミントの爽やかさと香りのない純白ごま油でしっとりとした口当たりで、味にしつこさがありません。

スーッとするスペアミントの香りと爽やかな酸味のクランベリー、クルミの食感と香り高いチョコレートなんとも贅沢なスイーツです。
イメージ 1
<a href="http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r170106a" target="_blank">スパイスでお料理上手 手づくりで楽しもう♪ハッピーバレンタイン</a>

レシピブログ・ハウス食品(株)主催のモニタリングキャンペーンで、GABANのバニラビーンズとシナモンシュガー、スペアミントが当たりました。

  先日作ったバニラシュガーとバニラビーンズを使ってのカスタードプリンです。

バニラビーンズ入りカスタードプディング の作り方

 材料 (プリン型5個分)

 カラメルソース
 さとう 40g
 水 大さじ2

 卵液
 牛乳 300g
 バニラシュガー
 (GABAN バニラビーンズを砂糖に1週間以上漬け込んで作ったもの) 60g
 全卵 大2個
 GABANバニラビーンズ(鞘入り) 2㎝
 純白ごま油(バターでも可) 少々

作り方
カラメルソース
 1.水大さじ1と砂糖40gを耐熱容器に入れ600wの電子レンジにフタなしで2〜3分かける。濃いあめ色になったら、水大さじ1を加えて素早く混ぜる。(この時、カラメルが飛び散るのでやけどに注意!)そして、冷ましておく。
 2.プリン型に刷毛で純白ごま油をうっすらぬり、カラメルソースを小さじ1/2ずつ入れる。

卵液
 .耐熱性のボウルに牛乳とバニラシュガーとバニラビーンズ2㎝(鞘をナイフで縦長に半分にして、さやと中身の黒いつぶつぶをこそぎだしてすべていれる。)を入れて、フタなしで600wのレンジで3〜4分加熱して混ぜ、砂糖を良く溶かす。オーブンに170℃予熱を入れる。
 2.ボウルに卵2個を割り、よくときほぐして、1.の温めた牛乳を少しずつ入れながら、よく混ぜてストレーナーでこす。
 3.卵液をプリン型にそおっと注ぐ。
焼く
 4.オーブン皿にキッチンペーパーを2重に敷き詰め、その上にプリン型を並べて、50℃のお湯をキッチンペーパーが沈む程度に注ぐ。 
 5.170℃の予熱をしたオーブンにオーブン皿を入れ、30分から35分蒸し焼きにする。プリン表面に竹串を差し入れて、竹串に生の様な卵液がついてこなければ出来上がり。
 粗熱を取り、冷蔵庫で2時間ほどよく冷やしていただきます。

 優しい甘さと滑らかな舌触りのカスタードプリンです。カラメルソースのほろ苦さでプリンの甘さが引き立ちます。ついついいくつも食べたくなるおいしさです。
 これからもバニラビーンズとバニラシュガーでプリンを作りたいと思います。
 
 画像のプリンはプリン型にカラメルソースを入れ忘れて焼いてしまいました。

 せっかくのバレンタインデーなので、季節の果物と盛り合わせました。

 イチゴは小さめのあまおう。柑橘類は熊本の小ぶりのデコポン。お隣の福岡県のキウイです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事