へたくそ剣道理論

50歳代〜60歳代のおやじの初歩的剣道考え

今日の稽古会を拝見して、皆さんどうも面だけにこだわっている。面だけを打たなければいけないのではないか?という立ち合いをされていらっしゃる。打突部位は小手もあれば胴もあり突きもある。

             「今日の稽古会を拝見して、皆さんどうも面だけにこだわっている。              面だけを打たなければいけないのではないか?              という立ち合いをされていらっしゃる。              打突部位は小手もあれば胴もあり突きもある。              打突すべき間合から攻める、そこで相手が開いたところを打つ。              攻めから後は、どこに行くかはわからない。              そりゃ〜面は一番難しいが、こだわりすぎてはいけない。」                                                 大森玄伯(剣道範士九段) 表題は、昭和60年2月に松山におすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

        「清く大きく力強く相手の肺腑を抉るような鋭い掛け声を身につけたいものです。」                                        菅原恵三郎(昭和47年当時剣道範士八段) 今日の、2016 遠距離剣道通信教育 秋 ⑦は・・・ 「崇菱会」の道場を離れて・・・・ ...すべて表示すべて表示

                     「最後の稽古と思い、合掌の心で願うべし」                                                 小川忠太郎(剣道範士九段) ★忘却夢舟居士2011年① 表題は、持田盛二範士十段ー小川忠太郎範士九段の百回稽古の目次の後 ...すべて表示すべて表示

現代剣道百家箴 はしがき

2016/2/15(月) 午後 7:54

    「この貴い体験談と、修行訓は、後に続く者の修業上稗益するところ大なるものがあると信じます。」                                           現代剣道百家箴(はしがき 昭和47年) さて、2009年からスタートした、へたくそ剣道理論も色々な課題を、私が勝手にピックアップして、書いてきた ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事