好きこそ素敵

サッカーを始めた息子と、その影響でコーチをやることになったパパのドタバタ日記

全体表示

[ リスト ]

土曜日の練習で、1対1をやっていた時のことです。

1対1なので、やりたい相手がいるんでしょう。かたや、あいつは強いから嫌だ、あいつは相手にならなすぎて嫌だ、なんてこともあります。

大人の職場でもあることwwでも、上手く立ち回ることが必要(大人が社会に生きるにはね)

サッカーにしても同じ。

対戦相手は自分で選べないし、自分がボールを奪いたいように、相手もボールを取りに来る。試合中には好き嫌いなんて言ってられない。

待機列を並んでいても、自分のやりたい個と当たるように入れ替わる個がいたので、今回は叱りました。今までもあって、何回も声をかけていたのでね。まあ、1回で修正できるとはあまり思っていないが、ルールは守る必要がある。

年少期で身につけなければならない力は、ルールを守り我慢する力もひとつ。

学校では社会で守るべき決まりが多くなります。 ダメなことはダメ。

子ども達も、日頃から友達同士で遊びながらお互いにルールを決め、それを守ることで運動やゲームを楽しむでしょう。

たいてい喧嘩するのは、ルール違反がきっかけだと思います。

あいつ、ズルしたっ!
ムカつく!
とかね。

サッカーにも他スポーツと同じくルールがあります。

審判をやっていて思うのは、良い試合というのは、ルールの中で精一杯を出して戦い合うことだと思います。ラフプレーが多い試合は見ていて気持ちいいもんではありません。

ルールを守ることで、スポーツをさらに楽しむことができます。

子どもたちはクラブでの経験を通じて、成功や失敗も繰り返し、社会へはばたくための力を少しずつ少しずつ身につけていきます。

子どもたちの成長をサポートし、大人も最高のサポーターになりましょう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事