philanthropy

竹島 、月性、松陰、花燃ゆ、焼肉ドラゴン、保育園、保育政治連盟、防府市長、山口県薬務課、薬草園、星薬科大学

全体表示

[ リスト ]

震度6弱の地域付近、長さ数十キロの「断層帯」

2018/6/18  11:18 読売新聞 配信より

18日朝、大阪府北部で震度6弱を観測した地域の近くには、長さ数十キロ・メートルの「有馬―高槻断層帯」がほぼ東西に、「上町断層帯」がほぼ南北に走っている。政府の地震調査研究推進本部によると、いずれの断層帯も30年以内にマグニチュード(M)7・5程度の地震の発生が懸念される主要な断層だ。

 気象庁は、地震波の解析から「東西方向から圧縮する力が働いた」と説明。「有馬―高槻断層帯のごく近くで起きたが、この断層帯が動いたかどうかは分からない」としている。

 東北大の遠田晋次教授(構造地質学)は「震源が浅く、真上が局所的に強く揺れた」と説明する。遠田教授によると、今回の地震が、南海トラフ巨大地震を直接引き起こすことはない。ただ、南海トラフ巨大地震のような海溝型地震の40〜50年前からは、内陸で起きる地震が増えるという。

 1995年の阪神大震災も、地下の比較的浅い場所で断層が動いた。活断層は関西にも多く、直下型地震に見舞われやすい。東京大地震研究所の佐藤比呂志教授(構造地質学)は「いくつもある活断層のどれかが、今回の地震の影響で動く可能性もある」と話し、今後の地震活動への警戒を呼びかける。

 国内では今月に入り、千葉県沖で地震活動が頻発。また、17日午後には群馬県で震度5弱の揺れを観測している。気象庁は「今回の地震は、東日本の地震とは関係がない」としている。

私のコメント :   平成30年6月18日、山口県 交通政策課 伊藤副課長と私は、以下の対応もあり、山口県庁内にて、面談した。

平成30年6月15日、去年9月からイギリスに短期留学されていた秋篠宮家の二女・佳子さまが15日午後、帰国された。佳子さまは、空港から秋篠宮邸に帰った後は、皇居に向かわれ、宮中三殿の賢所で、帰国の報告をするための参拝された。

平成30年6月15日、 海外、カナダ、等の英語圏にて、医師・医療活動の実績も積まれた、博識ある女性医師と私は、面談し、海外からの帰国子女における その健康管理に精通もされておられる 医療活動における立場にて、その博識 等を簡略に、得ることができた。

平成30年6月15日、山口県教育庁 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事に、平成30年6月12日、山口県立山口高等学校 栗林正和校長と私が、面談した内容、及び、平成30年6月15日、山口県立徳山商工高等学校 岩本武久校長のもとに、今までの 山口県下 商業 教育 国際教育 等との、その経緯にかかり、その説明を入れた内容に関し、簡略に、報告を入れた。

平成30年6月15日、 山口県立徳山商工高等学校に行き、下記の内容に関し、 山口県立徳山商工高等学校 校長室に、山口県立徳山商工高等学校 岩本武久校長と私は面談し、下記に関する学校 教育内容に関し、山口県立徳山商工高等学校 岩本武久校長のもとに、今までの 山口県下 商業 教育の経緯にかかり、その説明を入れた。

聖心女子大学 日本語日本文学科 大塚美保教授が 島根県津和野町 森鴎外記念館で講演された後の対応も、下記の内容にしたがい、慶應義塾大学 三田メディアセンター(図書館)に 森鴎外蔵書の件にて 私には、聖心女子大学 教授 大塚美保先生との間にある。

平成27年1月17日(土)、津和野 森鴎外記念館において森鴎外生誕記念講演会 「鴎外を離れて鴎外作品を読む『普請中』」 講師 聖心女子大学 教授 大塚美保先生 ( 森鴎外記念会常任理事・森鴎外記念館協議会委員 )による講演が開催された。「鴎外を離れて鴎外作品を読む『普請中』」の講演前に、私は、 聖心女子大学教授 大塚美保先生と対談した。慶應義塾大学 在学中に、聖心女子大学のキャンパスを訪問したこと、 聖心女子大学において 古文書学を講義されていた 古文書学 歴史学 私の恩師にあたる伊木寿一先生の話題についても、私からは、提供した。また、「鴎外を離れて鴎外作品を読む『普請中』」 講演の途上で、聖心女子大学 教授 大塚美保先生からの三島由紀夫による「鴎外作品を読む『普請中』」読み方の定説 解説もなされたので、講演会 質疑応答を許された際に、私による三島由紀夫と森鴎外との文学関係の簡略説明、及び、津和野 地域住民の代表としても、三島由紀夫 処女作「花ざかりの森」における聖心女子大学 教授 大塚美保先生による更なる読み込みと 今後における、一般大衆向け、その解説図書について、爾来、三島由紀夫と森鴎外とは、各関係がありながら、今までも、詳しい説明解説の図書がないために、私から、聖心女子大学 教授 大塚美保先生には、今後の展開において、その解説についても、お願い申し上げた。

平成25年5月20日(月)、慶應義塾大学 三田メディアセンター(図書館)に 森鴎外蔵書の件にて、平成25年5月18日(土)、津和野 森鴎外記念館において、私は、津和野 森鴎外記念館 山崎 一穎館長 ( 跡見学園 理事長 )から労をとっていただき、島根県津和野町にて、千葉大学大学院 医学研究院環境生命医学 教授 千葉大学 予防医学センター長 森千里先生と私は、慶應義塾大学 三田メディアセンターにおける蔵書 森鴎外の書籍、講義録の件で、懇談もしているので、その内容に沿い、慶應義塾大学三田メディアセンター(図書館)における森鴎外関係、蔵書の問い合わせをする。


〇 森鴎外論攷  山崎 一穎 / おうふう

〇 実録日本医師会―日本医師会長25年の記録 (1983年)  武見 太郎 / 朝日出版社

〇 石橋湛山―リベラリストの真髄 (中公新書)  増田 弘 / 中央公論社

〇 増補 日蓮入門 現世を撃つ思想 (ちくま学芸文庫)  末木 文美士 / 筑摩書房

〇 鴎外歴史文学集〈第1巻〉西周伝・能久親王事蹟・玉篋両浦嶼・日蓮聖人辻説法  森 鴎外 / 岩波書店

〇 経済分析のための統計的方法 第2版  岩田 暁一 / 東洋経済新報社

〇 はじめての統計学  鳥居 泰彦 / 日本経済新聞社

山口市小郡文化資料館には、河内山賢祐 制作による佐藤春夫像(昭和29年に制作) ブロンズ像 原本塑像についてが、展示室に、展示されている時もある。
.......................................................................................................................
関連する記事 : 佐藤春夫の長男、電車に挟まれ死亡…男ぶつかる
 
23日午後8時40分頃、東京都新宿区の京王線新宿駅のホームで、電車を待っていた通信制の星槎(せいさ)大学(本校・北海道)学長・佐藤方哉(まさや)さん(77)(東京都多摩市関戸4)が、京王八王子発新宿行き準特急電車と接触、電車とホームの間に挟まれた。佐藤さんは病院に運ばれたが頭の骨を折るなどして約1時間後に死亡した。警視庁新宿署は、電車待ちの列に誤ってぶつかり、佐藤さんを電車に接触させたとして、日野市南平2、アルバイト藤井幸則容疑者(42)を過失傷害容疑で現行犯逮捕、容疑を過失致死に切り替えて調べている。発表によると、藤井容疑者は当時、ホームにしゃがみ込んでいたが、電車が来たため、立ち上がろうとして電車待ちの人の列にぶつかった。列の人が次々とよろけ、先頭にいた佐藤さんがホームに入ってきた電車と接触。その後、電車とホームの間に挟まれて約10メートル引きずられたという。藤井容疑者は調べに対し、「酒に酔って座っていたら電車が来たので立ち上がったが、ふらついて目の前の人にぶつかってしまった」と供述しているという。佐藤さんは行動分析学の学者で、慶応大教授などを経て2009年4月に星槎大の学長に就任。星槎大などによると、詩人・佐藤春夫の長男で、日本行動分析学会や国際行動分析学会の会長も歴任した。・・・・ 平成22年8月24日(火) 読売新聞 配信より

私のコメント :  山口県 山口市役所 職員による 度重なる、言動によって、この事件が引き起こされたかどうか、日本政府の対応を待つしか、今のところ無い。私は、慶應義塾大学出身である。大学在学中において、慶應義塾大学 文学部 佐藤方哉教授の教え子と話しを交わしたことはある。しかし、佐藤春夫の末裔関係者と、佐藤春夫像(昭和29年に制作) ブロンズ像について話しを交わしたことは、今まで一度もない。 

〇 沖縄返還とは何だったのか―日米戦後交渉史の中で (NHKブックス) 我部 政明 / 日本放送出版協会
〇 佐藤栄作日記〈第1巻〉 佐藤 栄作 / 朝日新聞社



イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

 平成30年6月15日、 山口県 周南市  野村證券 徳山支店 窓口に行き、野村證券 徳山支店 職員から、その対応を得た。

平成30年6月14日、山口県山口市小郡文化資料館 高原館長と私は、対談した。

平成30年6月14日、山口県立徳山商工高等学校 岩本武久校長から、私のもとへ、連絡が入り、対談した。

平成30年6月12日、山口県立山口高等学校 栗林正和校長と私は、面談した。

平成30年6月11日、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 尾上真弓 副課長より、私のもとへ、連絡が入り、その対応 おこなった。

平成30年6月11日、山口県 総務部 人事課 人事班 守永知司主査と私は、面談した後に、公文書開示請求書を作成し、山口県 総務部 学事文書課 情報公開・文書班 重兼寛樹 主幹 立ち合いのもとに、公文書開示請求書を山口県 総務部 人事課 人事班 守永知司 主査へ提出した。

そのおり、私は、山口県 総務部 学事文書課 情報公開・文書班 重兼寛樹 主幹が、山口県熊毛郡平生町に出張されていたことも、聴いていたので、その際に、山口県熊毛郡平生町 山田健一町長と私は、面識がある話題、及び、財務省 中国財務局 山口財務事務所 総務課 川上泰史総務係長、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課 吉村正調査官 と私は、面談し、二人からの助言を得、財務省 大臣官房 秘書係へ、今までにおける その財務省内、財務官僚と私の面談に関する内容、報告の話題も提供した。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事