philanthropy

保育政治、維新150年!! 輝け花と共に・・、花燃ゆ、津和野町、萩市、山口市、周南市、山口県 交通政策課、益田市、デジカメ

全体表示

[ リスト ]

最悪の場合死者32万人以上…「南海トラフ巨大地震」とは

5/24(金) 17:01配信 最終更新:5/24(金) 20:27
FNN.jpプライムオンライン   配信より 
 
今後30年以内に70〜80%の確率で発生すると言われている南海トラフ巨大地震

 最悪の場合、死者が32万以上に達するとされている。

そんな南海トラフ巨大地震とはどのようなものなのか。

【画像】南海トラフか!?“判定”はこう決まる

静岡から九州にかけて大陸側のユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込む海底の溝状の地形を「南海トラフ」という。

このプレート境界を震源とする大規模な地震が「南海トラフ地震」だ。

 南海トラフ地震は、大津波を伴う地震が特徴で、最大クラスの地震が起きた場合、静岡県から宮崎県にかけての一部地域では震度7となる上、関東から九州にかけての太平洋沿岸の広い地域を10メートルを超える大津波が襲うことが想定されている。

最悪の場合、死者は東日本大震災の約17倍に上る約32万3000人に上ると想定される。

30年以内の発生確率が7〜8割
南海トラフ地震は、過去には100年から150年間隔で繰り返し発生しているが、1944年の昭和東南海地震や1946年の昭和南海地震が起きてから70年以上が経過していて、平常時においても今後30年以内に発生する確率は70から80%と、切迫性が高まってきている。

南海トラフ地震のもう一つの特徴が、マグニチュード8クラスの地震が発生したあと、残る領域でも地震が続発していることだ。

1854年安政の東海・南海地震では約32時間後に巨大地震が発生し昭和の東南海・南海地震は約2年後に発生し、大きな被害を出している。

気象庁は、南海トラフ沿いでマグニチュード6.8以上の地震発生やプレート境界で異常な地殻変動が観測された場合、「臨時情報」を発表して次の巨大地震との関連を「評価検討会」で調査することにしている。

「半割れ」判定の場合、警報解除後も避難継続
評価検討会で出される判定結果で、最初の地震がマグニチュード8以上で想定震源域の半分程度を破壊した「半割れケース」に当たるとされた場合、政府の防災ガイドラインは、被害が無かった地域でも、次の地震による津波から避難が間に合わない「事前避難対象地域」の住民について、大津波警報や津波警報などが解除されても自宅に戻らず1週間、避難を継続するなどの警戒対応をとることを呼びかけている。

私のコメント :  令和元年5月25日、南海トラフ地震は、過去には100年から150年間隔で繰り返し発生しているが、1944年の昭和東南海地震や1946年の昭和南海地震が起きてから70年以上が経過していて、また、過去、1854年安政の東海・南海地震では約32時間後に巨大地震が発生し昭和の東南海・南海地震は約2年後に発生し、大きな被害を出している。

令和元年5月14日、山口県 防府市 日蓮宗 本因寺を参拝する、防府市 日蓮宗 本因寺 本堂については、現在、その改築中のため、脇堂にある本尊 一塔両尊 へ、私は、お供え物、お供えし、日蓮宗 本因寺 ご住職様、坊守様と私は、面談をおこない、今回、山口県 防府市 日蓮宗 本因寺を私が、参拝へと、上がりに来た、その由縁を説明した。

令和元年5月14日、5月10日、山口県 周南市 地域振興部 コンベンション・国際交流 推進担当 青原亜希子係長から、私のもとへ、私が連絡している、連絡文の内容の確認のため、連絡が入り、その後の、丁寧な 聞き取り 対応があった件について、山口県 周南市 地域振興部 コンベンション・国際交流 推進担当 青原亜希子係長のもとに、私から、そのメール文を送信している件、山口県 周南市 地域振興部 コンベンション・国際交流 推進担当 青原亜希子係長のもとへ、その内容に関しては、山口県 周南市を中心とし、大事な国際 要件と内容もあるため、その確認の連絡を入れた。

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事