ワン ファミリー アンダー ゴッド! 常夏の国フィリピン便り

02478975807deffb3e6b519da9ee399b365ac043 いち国際祝福家庭のふたりごとPlus ONE

全体表示

[ リスト ]

フィリピンは選挙が終わりました。

選挙活動が始まる頃は、うっわ。今年の選挙は今までとは違うぞ。クリーン選挙?

いよいよ来るべき時が来ましたね〜、と喜んでいたのですが、、、、、、


選挙投票の直前、いや、当日、

狐、タヌキ、本性現したり〜〜、


やっぱり、、、やっぱりか、フィリピンよ。


茶番劇の繰り返し、、、、、 がっくり。


あの、
エストラダが大統領になった時の選挙にも、相当な脱力感、だったけど。



今年のも、、、、、
いやいやフィリピン。 そう簡単には問屋が卸さない!! ってことが
思い出され、

がっかり、(この言葉が一番適当)したわけでした。
(最近の日本の政治家もあまり変わらんな、)




そして、ごめんなさい。 お祈りも精誠も、足りませんでした。


しかしながら、なにかと話題になっている、ドゥテルテ大統領。
この人への賛否両論はあるけども、、、、、

時代の転換点に立つべき人物であることは間違いないだろう。

破天荒

この言葉に尽きる、言動っぽいが、


フィリピン改革には、これぐらいの 押しが強くないと、、、、、
今までどれだけの改革者が倒れてきたか、考えれば、

今は、この人を頼みの綱として、後押ししていくしかない、かと思う。


歴史を変えていくような人物って、

決してオールマイティな人間ではない。
一癖二癖 有りすぎるほどの癖を持つ、個性的な、弱点も多々ある、

ちょっと見では、この人間が何かすごいっことをやり遂げるかもしれない、とは
誰もわからないような、、、、、

そんな人物、だと、思うんですよね。



だもんで、自分を見るときにも、

いっやー、ダメなんじゃない?わたしって。ってな自分に見えたとしても、

何度も失敗し続けた果てでさえも、

自分が自分を諦めてさえなければ、


必ず、何かをやり遂げることはできる! 

それだけは

間違いない! とおもうのよ。

高い志・こころざしさえ持ち続けていればね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事