金融戦争の現局面

五十路平社員と自称した所、娘から五十路疲労社員を拝命したダメ親父です。筆者と本サイト上の広告とは一切無関係です。

全体表示

[ リスト ]

私の記述が不備で、誤解を与える内容になっていたかも知れない。勿論夫婦や、chee
さんの提案された「パートナー」(事実婚?)という単位で、責任を持って子育て
ができるのが理想で、それが主流となれば、政府や地方自治体などで負担するコスト
は低減されるだろう。
 
++++ その1 投稿へのcheeさんのコメント ++++  ++++  ++
 
私は結婚にこだわる必要はないと書きつつも、正直、「社会がこどもを育てる」的
なのにはちょっと疑問を感じています。女性に社会的な立場でのプレッシャーがあ
れば、こどもを作らなくなる。
 
私の持論は、女性の教育時期と働き盛り時期を男性とずらす、っていうのが良いん
じゃないかと。
 
女性が20代で安心して子育て期を迎えられるようにし、30代で学問に励み、40
代から50代に働き盛り時期をもってくれば、40代くらいで息切れしてくる男性と
ちょうど交代で、女性が活躍できる。
 
やっぱり見ていて、20代の子の方が安産多いですもん。精神的にも早く成熟できる
という利点もあります。
 
++++  ++++   以上引用終了   ++++  ++++  ++++
 
女性にしか出来ない、妊娠と出産のために、ワークライフバランスを取るのは、賛
成である。が、男も40台以降息切れでは困るし、子育ては、「パートナー」双方
の「義務(自らの遺伝子を継承してくれる子を育てたい自然な気持ち)」である。
 
40台?で息切れしている深刻な実態が、最下段のリンクにあった。『男も40台
以降息切れでは困る』と言う表現は、かなり残酷なものになってしまうと反省した。
本当に息切れしかかっている人達を助ける仕組みが、女性支援とは別に必要だ。
 
私のニュアンスとしては、上記のような「パートナー」だけでなく、事情を問わず
シングルマザーでも困らない仕組み、いつでも利用でき、家庭事情などの場合に
よっては、無償で利用できる、「子育てセーフティーネット」を地域社会で組織育
成すること。そこで労働力を提供してくれる人には、政府や地方自治体が「報酬
を保証する仕組み」をきっちり作る等を期待する。
 
私は、「プレッシャー」を与えるのでは本末転倒なので、複数の任意選択サービス
を提供し、ライフスタイルに合わせて自由な組合せで利用できるのが、理想である
と考える。
 
既存のベビーシッター派遣企業を利用する補助制度でも良い。しかし育児補助だけ
ではなく、母親の就業復帰に向けた、個別企業で即戦力として復帰するための再教
育までは、民間のサービス企業では提供できないと思われる。
 
特に専門的な知識やノウハウを有する女性には、福利厚生制度の一貫として、「育
児休業中」の「特別在宅勤務制度」などを作るのも良いかもしれない。ほぼ専業主
婦状態でも、インターネットを活用すれば、1ヶ月に一定の時間というような割合で、
専門的な知識やノウハウ、能力を発揮出来る女性はたくさんいるだろう。
 
このような制度が各企業に導入できれば、専門スキル維持に役立つし、少しでも収
入の足しになる。今やインターネットを活用した、完全在宅勤務の会社も存在するの
であるから、このような制度を作るのは、企業の決断次第と言えるだろう。
 
7月14日の日経夕刊に、特集として三菱UFJの取り組みが紹介されていた。下記にあ
るとおり、既に一部の企業では、出産からの復職を支援するプログラムが始まってい
る。しかし、一部上場企業(特に銀行)では、私がここまで書いてきたような、「お一人
様」でも堂々と子どもを産んで育てるというのは、恐らく想定されていないのではない
だろうか?。
 
遅ればせながら私も(白河氏と山田氏の共著)「婚活時代」の新書を入手し、ぱら
ぱらとめくってみた。その本の中でも取り上げられているが、今現在から切実なの
は、若年齢層の非正規雇用者の男性と、女性(色々な所得層を含む)のカップルの
場合である。彼らは、主に経済的な理由から「パートナー」から次の段階に移るこ
とも出来ず、子どもを生む決断も下せないでいる。
 
上記カップルの場合、女性が正規雇用者でも、出産から子育ての際に、自らの経済
的基盤を喪失する恐れがあり、特に日本では再就職の可能性が極めて低いことから、
結婚にも出産にも踏み切れない状況が生まれている。これらの人達に何の将来展望
も無く「さあここで飛べ」と強要しても、だれも踏み切れない。
 
民主党が「コンクリートから人へ」との公約を出したので、私は少子化対策でも、
これまでにない新しい取り組みがあるか?。と期待していたが、今の所「なあーん
にも」目新しいものはなさそうだ。但し、出産一時金増額と、育児手当は、確かに
無いよりはあったほうが良い。
 
複数世代が同居する家庭が崩壊し、育児の知恵のような、親から子に伝えられて来
た知識やノウハウも伝わらなくなっている。従って、人を組織して、「格安で充実
したサービスを提供する仕組み」や、「再就業支援」、「スキル維持プログラム」
というような、ソフト面のサポートが、特に「子育て」期間中の女性の間では年々
切実になっている。
 
少子化の進展で、女性の労働力、その他多用な能力を無駄にしたくなければ、より
真剣にこれらの課題にこそ取り組む必要があるだろう。日本で商売したい企業は、
これらのコストを応分に負担する覚悟が必要だ。これらのコストを負担しないで、
海外で作った製品を日本で売るだけの輸入品には、名目上日本企業でも、「国家戦
略」として一定の関税をかけるなどの取り組みが必要だろう。
 
日産の新型「マーチ」は、さしずめこの関税適用第1号と言えるかもしれない。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
働きやすい職場作り(三菱UFJ銀行)
http://www.bk.mufg.jp/minasama/employee/office.html
(抜粋)
これまでは退職せざるを得なかった従業員が、キャリアを中断せずに勤務を続ける
ことが可能になりました。また、子どもを預ける費用を補助する「託児補助制度」
の導入など、家庭と仕事の両立をさまざまな形でサポートする環境づくりが進んで
います。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大手銀 育児休業女性行員、スムーズ復職支援(1月7日 産経 関西)
http://kawamura-sr.blogdehp.ne.jp/article/13156766.html
(抜粋)
個人部門で女性の戦力化は進んでいるが、退職率も高い。育児休業者に対する
バックアップは、戦力流出を防ぐためには不可欠な戦略になってきた。
 
出産・育児休業中の女性を支援するプログラムは、ビジネスとしても広がり始め
ている。資生堂は、休業者の職場復帰を支援するインターネット上のプログラム
「wiwiw(ウィウィ)」を開発した。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「マーチ」輸入は空洞化の号砲 2010年7月15日(木)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100709/215358/
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今の婚活は間違っている!!:少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ
http://book-sk.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01
(抜粋)
1995年以降は年功序列はもはや常識ではなくなり、氷河期世代は非正規雇用となら
ざるを得ない者も多くなった。そうした中で、男性は将来の収入が見込めなくなった
ため結婚に踏み切れず、女性も生活水準を落とすことなく結婚できる相手を親と
同居しながら永遠に待ち続けることになる。これが、少子化が劇的に悪化した基本
構造である。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
正直心が折れ離婚を考えてます せつないジャクソン 2009年5月29日 16:15
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0529/242602.htm?g=04&from=yoltop
(コメント)
是非リンクを読んでください。抜粋で紹介するのは失礼と思います。身につまされ
る、現代日本の赤裸々な実態(結婚も子供もちゃんといる世帯の苦しみ)が伝わっ
てきます。既婚者もまた、自分達で解決できない「袋小路」に追い込まれている。

この記事に

閉じる コメント(2)

いろいろな事情の人に合わせた仕組みをつくらないとですね。いや〜しかし、企業もいろいろやっているところもあるでしょうが、基本的に子供の世話をしながら、仕事でも責任の大きい仕事をするというのは、かなり難しいものがあります。。。そこで出世に格差も出てくるでしょう。

2010/7/15(木) 午後 5:01 Chee 返信する

顔アイコン

企業には、どんなに優れた枠組みを作っても自社の壁を超えられないと言う限界がありますね。

2010/7/21(水) 午後 7:52 [ phon_BB ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事