アフリカ・ウガンダの自然と常識

ウガンダで撮影した写真を一枚ずつ紹介していきます。

事務所移転

イメージ 1

ブログに書くのがだいぶん遅くなりましたが、6月の中旬に事務所を移転しました。

創業以来ほぼずっと貸しビルの一角を借りてきたのですが、今回の移転先は住宅街にある民家で、一軒丸ごと借りました。

入居して3ヵ月の感想ですが、とにかく静かで平和というところです。距離はカンパラの中心部から数キロ(ガーデンシティーから3.5キロ)とさほど遠くないのですが、周辺に緑が多く静かで鳥もたくさんいて、庭にはバナナがなっていて、ヤシの木があって、心が安らぎます。空気がきれいで騒音もなく、エアコンを使う必要もなくなりました。

引っ越す前は、平和過ぎて心が安らぎ過ぎて、仕事にならないのではと思いましたが、仕事が始まるとやはりいろいろなことが起きて、心安らかでなくなることも度々です。

大家さんも良心的な人のようで、当分はここで頑張ってみようなかと思っています。

久し振りにブログらしいブログを書いてみました。

この記事に

開く コメント(0)

こぼれ話 大坂なおみ

トロフィーセレモニー
日本人の選手がテニスで優勝したという記事があったので、ネット動画を見てみた。試合後の授賞式で、負けた人が優勝したみたいに振る舞い、勝った人が敗者のように振る舞っていて、戸惑った。
感想:どっちがどっちや、と思った。勝って兜の、、、という言葉があるが、負けてもあの態度はどうかしら、と思った。

鉄板ギャグ
その後、試合後のインタビューも見てみた。記者の質問に対し、「大阪生まれの人は、皆大坂という名前なのだ。」、というギャグを楽しんでいた。自分で冗談を言って、自分で笑う姿が可愛らしかった。
感想:ギャグは大切だと思った。次からは、記者が「今日はどちらから来られましたか。」、大坂「実家の大阪城からです。」、記者「試合が終わったら、どうされますか。」、大坂「別荘の金閣寺でゆっくりします。」というようなフリとボケでギャグの数を増やしてほしいと思った。

ハーフ
最近、運動選手、芸能人などハーフの人たちの活躍が多い。それに対して我が子は極めて平凡な人生を歩んでいる。
感想:ああいう存在がいると先入観が良くなるかもしれず、有り難い話だと思った。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

私の経営している旅行会社、グリーンリーフ・ツーリスト・クラブの社員、ポール・センピッジャが2018年7月13日(金)に亡くなり、昨日14日に葬儀と埋葬が行われました。

自分にも社員にも厳しい性格ということもあり、普段あまり褒めることが少ない私ですが、ポール・センピッジャ君は私が手放しで褒めることができる唯一の社員でした。また、私の良き理解者でした。運転手としての技量はもちろんですが、会社や顧客に対する忠誠心、貢献心の意識が高い、人格を持ち合わせた本当のプロの運転手でした。

彼との出会いは、2003年くらいだったと思います。ある日系企業がウガンダでのプロジェクトを終えて帰国される際に、とても優秀な運転手がいるからと紹介を受けたのがきっかけでした。勤務態度、時間を守るのは当然、あととにかくお金にきれいで、お金をごまかしたりすることが一切なかったと、などなど伺いました。

彼は、一度通知なしに退職したことがあります。勤務が始まって2年後くらいの時期だったと思うのですが、自社の重要な運転手が急にいなくなり、とても困ったのを覚えています。退職から半年か1年したところで、彼が急に事務所に現れ、子供が生まれたタイミングで給与が何倍か高い求人があり、それを逃したくなかった、通知せずに退職して申し訳なかったとの謝罪があり、私からは、君と家族の人生がかかっているのでそれで良し、ただ今後人に迷惑をかけるようなことはしないよう伝えて帰し、彼との関係は一旦そこで終わりました。

それから更に2−3年してから、彼がまた急に現れて、もう一度和田の下で働きたい、今度は急に辞めたりせず、ずっとこの会社で働くとのこと。それが2006年くらいのことで、その言葉の通り、最後まで私の会社で頑張ってくれました。

人格、勤務態度、運転技術は申し分ないながら、彼はいわゆる高学歴者ではなく、観光業界が成長する中、彼はガイドではない運転手という立場にいました。それから観光ガイドの研修を受けて、自分でも観光の勉強をして、この数年以上はガイド兼運転手として頑張り、どんなお客様からも好評化を受けていました。商用の顧客のレンタカーサービス、個人旅行者の観光ツアー、取材のロケ、どんな仕事でも見事にこなし、日本人のお客さん、欧米からのお客さん、誰からも喜ばれる運転手でした。

急なことだったので、まだ全てのお客様に訃報を伝えられていないのですが、週末の連絡だったことにもかかわらず、多くのお客様より返信をいただきました。また、例外なく皆が彼の優秀さを述べられていました。

この10年で、旅行の担当社員が何度か変わったこともあり、彼が接してきた全ての方に直接ご連絡を差し上げることができないかもしれません。このブログで知ってもらえたらと思っております。

この記事に

開く コメント(2)

トマトジュース

イメージ 1

なんと、ウガンダでも日本製のトマトジュースが販売されるようになりました。

というのは嘘ですが、やはり日本のトマトジュースは美味しいです。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

会社で取り扱っている、チョコレートの会社がインターン生を募集しています。
https://www.tigermov.com/internship/detail/382

現在、今年販売を始めた二つの新商品の販促中ですが、近々三つ目の新商品が完成する予定で、製造、販売、更に続く新商品の開発のため、製造者が睡眠時間を確保できない状態が続いており、インターン生の募集に至ったようです。

無給なのですが、どなたかアフリカで製造業のお手伝いや体験をしてみたいという方がいらっしゃれば、是非ご応募ください。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事