アフリカ・ウガンダの自然と常識

ウガンダで撮影した写真を一枚ずつ紹介していきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

禁間食3週間目

イメージ 1

ダイエットをしている訳ではないが、最近毎日このプロテインを飲んでいる。

もともと胃腸が強くなくて、食べるのが遅くて、まとめて食べることができない私は、頻繁に間食を食べるの習慣になっていて、間食を食べないと強い空腹感を感じるのと、測ったことはないが血糖値が下がって、集中力がなくなり、急に脳の回転が遅くなり、運動中だと体の動きが明らかに鈍るので、家も会社も間食用のお菓子を山ほど準備していた。そして、外出する時には、間食をかばんに入れる。だから、家にいても、会社にいても、外出しても、何かしらいつも間食を食べていた。

という感じで、間食の準備を切らしてしまうことは私にとってちょっとした恐怖で、空腹を感じると血糖値を戻さないといけないという恐怖に陥り、それは血糖値を上げることの禁断症状といっても良かったのかもしれない。止めて十数年になるが、以前に煙草を吸っていた時に、何時間か煙草を吸わないとニコチンの禁断症状がでていたのに近いだろうか。

頻繁にお菓子を食べるのも面倒だし、常時お菓子を準備しておくのも面倒だし、また、そうやってチョコレートやお菓子で頻繁に血糖値を上げ下げして不安定にするのは効率が悪いと思い、間食を止めようと思い立った。

ただ、血糖値が下がると仕事にならないので、どうしたら良いものかいろいろ調べてみた。結果、糖質でいきなり血糖値を上げるのを避ける、また、タンパク質をこまめにとるのが良い、という情報に辿り着いた。実行してみようと思い、新入社員の子にタンパク質を取る方法は何かと聞いたら、プロテインだというので、プロテインを買ってきて、食事の際もなるべく野菜・肉・ご飯の順番で食べて、急に血糖値を上げないようにしてみた。

それを続けて、3週間目。この3週間ほど、一切間食のお菓子を食べていない。お腹がすき始めたら、直ぐにプロテインを飲むようにしている。お陰で、禁断症状がでることなく、禁間食を始めることに成功している。今まで、頻繁に飲んでいた炭酸飲料もあまり欲しくなくなり、実際殆ど飲んでいない。

短期的なもので終るのか、長期間続けられるのか分からないが、もう少しこれを続けようと思う。できるか分からないけど、できたらさぞかし楽になるのだろう。これが上手く行ったら、次は1日1食に挑戦してみようかと思っている。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事