アフリカ・ウガンダの自然と常識

ウガンダで撮影した写真を一枚ずつ紹介していきます。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全104ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ランニング

ランニング・コースを変更して、数ヶ月が経つ。まだ、半年にはならない。
 
ランニング・コースを変更して、先ず慣れないといけないのが、見知らぬ外国人がやってきたと驚くコース沿いにいる皆の視線だ。ただ、こちらがそれに慣れようとしている内に、向こうもこちらに慣れてくるので、せいぜい最初の1ヶ月の話だ。
 
最初は私が来ると大声でなにかわめいて、近くの大人に叱られていた小さな子供も、最近は私が定期的に走ってくるのに慣れてきたようで、私が走ってきても意に介さない様子で子供同士で遊んでいる。
 
でも、その日は、なにかが違ったのか、子供たちの遊び場の近くを通過する時に、子供たちが付いてきてしまった。35歳くらいの子供が10人近く走って私の後を付いてくる。こんな小さな子供に付いて来られては、成人男子の威厳にかかわると思い、走る速度を速めた。子供たちの走る足音から、彼らの走り方が全力疾走になったのが分かったが、流石に5歳児が成人男子についてこられる訳がなく、彼らを振り切った。そして、また速度を落として、いつもの速度で走った。
 
その後、坂を下り、このコースで一番きつい長い坂を上る。坂を下る当たりで10代後半と思われる女性が二人でお喋りをしながら歩いているのを抜いた。で、そのきつく長い坂を上りきる当たりで、さっき抜いた女性二人が少し後ろにいるのに気付いた。私が必死に走っているのに、さほど汗もかかず二人で笑いながら後ろを付いてきていたのだ。次の角で、私は右に曲がり、平坦な道に入り、彼女らは左に曲がり、更に笑いながらもっときつい坂を上っていった。
 
で、あと1キロくらいというところで、10歳くらいの女の子の二人組みが一緒に走ってきた。今度も成人男性の威厳にかけて、振り切るべく走る速度を速めるが、10歳の女の子は脚力はなかなかのもので、振り切ることができずにいると、「おじさんが、急ぎだしたー」と大声で彼女らの笑いの対称にされつつも、女の子たちは息を切らすことなく、余裕で付いてくる。私は5キロ以上走っていて、この100メートルだけで評価されたくないと思いながら走っていると、大人が多い場所になり、大人に怒られると思ったのか、女の子たちは付いてこなくなった。
 
翌日も全く同じコースを走ったが、その日は誰も付いてこず、終始一人で走った。当分このコースを走ろうと思った。

開く コメント(0)


以前、アップしていた南スーダンの動画の再生回数が100万回を超えていました。

開く コメント(0)

末女、入寮

イメージ 1

末女が明日セカンダリースクール(日本の中高)の寮に入寮します。

長男が生まれてから20年ちょっと、常に家には誰か子供がいる状態が続いていて、以前は子供の学校の送り迎えという習慣があって、学校の目前にある今の家に引っ越してきて、送り迎えはなくなったものの、上の子が入寮する度に子供の人数が減りつつも、子供と一緒に夕食をとるために早く帰宅する習慣は続いていたのですが、今後はその必要がなくなりました。

学期休みは皆が家に帰ってきますが、学期中は帰宅後も週末も常に一人で居られるようになります。もともと一人で居るのが好きな性格ということもあり、今までには子供が家に居なくて自分一人になれる時間を贅沢で貴重な時間と思ってきましたが、何十年ぶりに常にそういう状態になる訳で、自分でも今後どんな生活になるのか、まだ良く分かっていません。

日本だと子供が親元を離れるのは、高校を卒業する頃が一番多いのでしょうが、中学入学の際に入寮しして親元を離れることが多く、親元を離れるのが早いですね。私も娘も明日から新しい生活が始まります。

開く コメント(2)

2019年カレンダー発送

イメージ 1

今週、2019年のカレンダーが完成し、発送しました。

カレンダーの完成と発送が年をまたぐのが、この2−3年続いていたのですが、今年は2月初旬になってしまいました。

実は、一旦2018年内に納品されていたのですが、日付の間違いだらけで、全て返品。その後、日付のやり直しの作業で1ヶ月かかってしまいました。自分でやれば、きっと1時間もかからないのですが、先方から原稿が送られてきて、送り返して、また送られてきて、送り返して、、、延々とその連続でした。

納品されて郵便局に持ち込んだところ、昨年分よりも送料がだいぶん高いことが分かりました。現物を確認し、紙が湿っていてきっと水分で重たくなっているだろうことが分かり、一度全てのカレンダーを天日干ししてから郵送しました。納品を急ぐあまり、紙を乾燥させないまま納品したのでしょう。

時間通りに仕事が終らない、延々と一歩も前進しない土地柄が分かりやすく形になりました。来年分は年内に発送しようと思っています。

開く コメント(0)

スポーツマスク、到着

イメージ 1

昨年末に書いたランニング禁止令を解除しました。

ランニングで喉を痛める問題の解決方法ですが、一つ目はランニングコースの変更です。自宅近辺をグーグルマップの航空写真で調べ、大通りを避けて裏道で緑の多そうな新ルートを作ってみました。早速、走ってみましたが、車の行き来が少ないので排気ガスがなくて、喉が痛くなることがなく、効果ありでした。しかも、ルートの半分くらいが土道で膝にも優しそうなコースです。

で、二つ目はスポーツマスクをする、です。雨が降った後の土道は走りたくなかったので、昨日、今日と夕方雨上がりのタイミングで、旧コースを走ってみて、昨日はマスクなし、今日はマスクありを試してみました。昨日マスクなしで喉が少し悪くなりかけた感じがあったのですが、今日治り調子が良くなりました。マスクも効果ありでした。

一つ分かったことがあったのですが、顔半分を覆うスポーツマスクをして走っても、あまり人にじろじろ見られたり、冷やかされることがないということ。同じコースを数年走っているので、見る側もいい加減慣れているというのもあるのでしょうが、帽子、太めのフレームの眼鏡、スポーツマスクという姿でも結構大丈夫でした。

これで安心してランニングが再開できそうです。

開く コメント(0)

全104ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事