アフリカ・ウガンダの自然と常識

ウガンダで撮影した写真を一枚ずつ紹介していきます。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

蜂を殺して思ったこと

ランニングから帰ってきてシャワーを浴びた。コンタクトレンズを付けたままだった。石鹸を取ろうとした時に、石鹸入れに蜂がとまっていることに気付いた。

小さな蜂だったが、蜜蜂ではなくて、アシナガバチやスズメバチみたいな、細身の蜂だった。何年か前に、この手の蜂に刺されたのを思い出した。両手を使って梯子を登っている時に、急にこの手の蜂が現れ、顔を刺されたことがあった。

過去の記憶を思い出し、小さな蜂でも刺されると痛いので、取り敢えず蜂を刺激しないことにした。シャワーを浴びる私は当然服を着ておらず、とても無防備な状態で蜂と向かい合っている。時々シャワーの水が蜂にかかるが、蜂は気にしていないようで、石鹸の入れ物の回りをゆっくりと回り続けている。

こちらも少し緊張を緩めてシャワーを浴び続けたが、油断はできないので、蜂から目を離さず定期的に観察する。シャンプーを終えたあたりで、蜂が水道の蛇口を登り始めた。蛇口を登り終えると、更に登るものはない。昆虫の習性を考えると、おそらく登り終えたところで羽を広げて飛ぼうとする。

飛んでその目の前にいるのは私だ。こちらが何をしなくても刺される可能性は高い。私は蜂を刺激しないことを諦めて、蜂を攻撃することにした。先ずは、シャワーの水圧を最大にして、蜂にシャワーをかけた。しかし、蜂の脚力は予想以上に強く、水圧のシャワーを浴びつつも、つるつるの蛇口を足でしっかりとグリップしながら歩き続ける。もし、相手に飛行を許そうものなら、自分の体が危ない。

そこで私はシャワーの温度を上げて、蜂に熱湯をかけることにした。私は基本的に昆虫が好きで、虫を殺すのはあまり好きではないのだが、状況が状況だけに選択肢がなかった。蜂もだいぶん頑張ったが、最後蜂は熱に負けて、熱湯にながされてしまう。

虫を殺すことがあまり好きでない私は、なぜ虫を殺してしまったかを考えてみた。先ずは、蜂には攻撃性があってしかも毒をもっているということ。あそこにいた昆虫が攻撃的でなく毒もなかったら、きっと私はその虫を殺していなかっただろう。次の理由は距離。いくら攻撃性があって毒を持っていても、蜂がいたのがあんなに至近距離でなくて、しかも自分が服をきていて、歩き去る選択肢があったら、蜂を殺していなかっただろう。

でも、これは人間対人間や人間対動物の間でもあることなのかもしれないと思った。相手が取るに足りないものだと気にもかけないが、変に何かしらの力を持っている人だと警戒したり、こちらはなにも思うところもないのに、なぜか攻撃を受けたりする。さほど力もなく無害なのが一番なのかなと思った。

開く コメント(0)

禁間食3週間目

イメージ 1

ダイエットをしている訳ではないが、最近毎日このプロテインを飲んでいる。

もともと胃腸が強くなくて、食べるのが遅くて、まとめて食べることができない私は、頻繁に間食を食べるの習慣になっていて、間食を食べないと強い空腹感を感じるのと、測ったことはないが血糖値が下がって、集中力がなくなり、急に脳の回転が遅くなり、運動中だと体の動きが明らかに鈍るので、家も会社も間食用のお菓子を山ほど準備していた。そして、外出する時には、間食をかばんに入れる。だから、家にいても、会社にいても、外出しても、何かしらいつも間食を食べていた。

という感じで、間食の準備を切らしてしまうことは私にとってちょっとした恐怖で、空腹を感じると血糖値を戻さないといけないという恐怖に陥り、それは血糖値を上げることの禁断症状といっても良かったのかもしれない。止めて十数年になるが、以前に煙草を吸っていた時に、何時間か煙草を吸わないとニコチンの禁断症状がでていたのに近いだろうか。

頻繁にお菓子を食べるのも面倒だし、常時お菓子を準備しておくのも面倒だし、また、そうやってチョコレートやお菓子で頻繁に血糖値を上げ下げして不安定にするのは効率が悪いと思い、間食を止めようと思い立った。

ただ、血糖値が下がると仕事にならないので、どうしたら良いものかいろいろ調べてみた。結果、糖質でいきなり血糖値を上げるのを避ける、また、タンパク質をこまめにとるのが良い、という情報に辿り着いた。実行してみようと思い、新入社員の子にタンパク質を取る方法は何かと聞いたら、プロテインだというので、プロテインを買ってきて、食事の際もなるべく野菜・肉・ご飯の順番で食べて、急に血糖値を上げないようにしてみた。

それを続けて、3週間目。この3週間ほど、一切間食のお菓子を食べていない。お腹がすき始めたら、直ぐにプロテインを飲むようにしている。お陰で、禁断症状がでることなく、禁間食を始めることに成功している。今まで、頻繁に飲んでいた炭酸飲料もあまり欲しくなくなり、実際殆ど飲んでいない。

短期的なもので終るのか、長期間続けられるのか分からないが、もう少しこれを続けようと思う。できるか分からないけど、できたらさぞかし楽になるのだろう。これが上手く行ったら、次は1日1食に挑戦してみようかと思っている。

開く コメント(0)

ランニング

ランニング・コースを変更して、数ヶ月が経つ。まだ、半年にはならない。
 
ランニング・コースを変更して、先ず慣れないといけないのが、見知らぬ外国人がやってきたと驚くコース沿いにいる皆の視線だ。ただ、こちらがそれに慣れようとしている内に、向こうもこちらに慣れてくるので、せいぜい最初の1ヶ月の話だ。
 
最初は私が来ると大声でなにかわめいて、近くの大人に叱られていた小さな子供も、最近は私が定期的に走ってくるのに慣れてきたようで、私が走ってきても意に介さない様子で子供同士で遊んでいる。
 
でも、その日は、なにかが違ったのか、子供たちの遊び場の近くを通過する時に、子供たちが付いてきてしまった。35歳くらいの子供が10人近く走って私の後を付いてくる。こんな小さな子供に付いて来られては、成人男子の威厳にかかわると思い、走る速度を速めた。子供たちの走る足音から、彼らの走り方が全力疾走になったのが分かったが、流石に5歳児が成人男子についてこられる訳がなく、彼らを振り切った。そして、また速度を落として、いつもの速度で走った。
 
その後、坂を下り、このコースで一番きつい長い坂を上る。坂を下る当たりで10代後半と思われる女性が二人でお喋りをしながら歩いているのを抜いた。で、そのきつく長い坂を上りきる当たりで、さっき抜いた女性二人が少し後ろにいるのに気付いた。私が必死に走っているのに、さほど汗もかかず二人で笑いながら後ろを付いてきていたのだ。次の角で、私は右に曲がり、平坦な道に入り、彼女らは左に曲がり、更に笑いながらもっときつい坂を上っていった。
 
で、あと1キロくらいというところで、10歳くらいの女の子の二人組みが一緒に走ってきた。今度も成人男性の威厳にかけて、振り切るべく走る速度を速めるが、10歳の女の子は脚力はなかなかのもので、振り切ることができずにいると、「おじさんが、急ぎだしたー」と大声で彼女らの笑いの対称にされつつも、女の子たちは息を切らすことなく、余裕で付いてくる。私は5キロ以上走っていて、この100メートルだけで評価されたくないと思いながら走っていると、大人が多い場所になり、大人に怒られると思ったのか、女の子たちは付いてこなくなった。
 
翌日も全く同じコースを走ったが、その日は誰も付いてこず、終始一人で走った。当分このコースを走ろうと思った。

開く コメント(0)


以前、アップしていた南スーダンの動画の再生回数が100万回を超えていました。

開く コメント(0)

末女、入寮

イメージ 1

末女が明日セカンダリースクール(日本の中高)の寮に入寮します。

長男が生まれてから20年ちょっと、常に家には誰か子供がいる状態が続いていて、以前は子供の学校の送り迎えという習慣があって、学校の目前にある今の家に引っ越してきて、送り迎えはなくなったものの、上の子が入寮する度に子供の人数が減りつつも、子供と一緒に夕食をとるために早く帰宅する習慣は続いていたのですが、今後はその必要がなくなりました。

学期休みは皆が家に帰ってきますが、学期中は帰宅後も週末も常に一人で居られるようになります。もともと一人で居るのが好きな性格ということもあり、今までには子供が家に居なくて自分一人になれる時間を贅沢で貴重な時間と思ってきましたが、何十年ぶりに常にそういう状態になる訳で、自分でも今後どんな生活になるのか、まだ良く分かっていません。

日本だと子供が親元を離れるのは、高校を卒業する頃が一番多いのでしょうが、中学入学の際に入寮しして親元を離れることが多く、親元を離れるのが早いですね。私も娘も明日から新しい生活が始まります。

開く コメント(2)

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事