全体表示

[ リスト ]

第9地区をみて。。。

イメージ 1


狂ったほど独創的で、厚かましいほどに政治的。要するに、エキサイティング!

Entertainment Weekly誌


1982年、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国に飛来した。
あるものはエイリアンによる侵略を恐れ、あるものは技術の革新的な発展が
もたらされるものと期待したが、UFOはヨハネスブルグ上空に
浮かんだまま、まるで動こうとしない。
しびれを切らした南アフリカ共和国政府は、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。
UFO内で彼らを待ち受けていたのは、不衛生で弱り果てたエイリアンの群れだった。
彼らは故障した宇宙船に乗った難民に過ぎなかったのだ。


以前から気になっていた第9地区を昨日観てきました。
シャッターアイランドと迷ったのですが、これだけは外せなかったので
今回優先的にということで、、、(レオ様ゴメンなさいw)

この映画のどこに惹かれたかというと、なんと言っても設定ですね。
今までもエイリアンが出てくる映画はたくさんありました。
その大半がエイリアンによる侵略(一部アバターなどの例外もありますが)

しかし、この第9地区!
インデペンデンス・デイを彷彿とさせる上空に留まった超巨大宇宙船。
今にもレーザーで地球を攻撃してきそうな勢いですが

今回は様子がおかしい。。。


いつまで経っても攻撃してくる気配がない。

しかも動く気配すらないのです。。。

痺れを切らした地球人が、いざ宇宙船に突入してみると
栄養失調になったかのような弱ったエイリアンがたくさんいます。

とりあえず、彼らを保護しようと作られたキャンプ地が、この第9地区。
もちろん保護なんて言葉は表向きだけです。
実際は人間に危害を加えられないように隔離されているだけです。

そして盗める技術はとことん盗めの発想。
私はエイリアンを人間(他の人種)に置き換えて観てたような気がします。

これって、誰もがアパルトヘイトを連想しちゃいますよね。
でも、10数年前までこの人種隔離政策が行われていたこの地で
さらなる難民が押し寄せてくる(しかも宇宙人)という設定。

さらに彼らの技術や武器に関する描き方がとても面白かったです。
(具体的にはネタバレになるので控えさせて頂きますが。。。)

元々、この作品はプロデューサーであるピーター・ジャクソン自身がメガホンを取り
“HALO”というゲームの映画化を目指して動いていたプロジェクトでした。
しかし、予算など諸々の事情により製作は中止。

その後、ピーターと今回の監督であるニール・ブロムカンプ
一緒に作品を作りたいと話が進み、ニール自身の短編作品(Alive in Joburg)
長編用に作った作品が、この“第9地区”です。

この映画の感想は、冒頭に述べたEntertainment Weekly誌の言葉に尽きます。
とにかく独創的なんです☆
他ではやらないような事をかなりやってます。
まるで自主制作かのような雰囲気も感じられます。
(まぁニール自身が脚本にも関わってますからね。。。)

またアバターではありませんが、コチラもストーリーは古典的で
私たちも観ていてある程度、先が予想出来てしまいます。
しかし、それでもワクワクさせてくれるというのがこの作品の見所でしょうか?

また出演者は、日本ではほとんど無名の俳優ばかりですが
みなさんそれぞれとても素晴らしかったです。
とくに主演のヴィカスを演じたシャールト・コプリー
ニール監督の高校時代の友人だとか。。。
彼の演技は観ていて面白かったですね〜。

この主人公ですが、基本的にイヤなヤツです(笑)
しかし物語前半と後半の演技がとても素晴らしいと感じました。
個人的な意見ですが、ジム・キャリーを感じさせましたね。
また彼自身、映画プロデューサーであり、映画監督でもあります。

あと、印象に残ったのは、名前はよく憶えていないのですが
第9地区を牛耳ってる(?)人間のボスの人です。
彼のキャラクターは一番素晴らしかったですね!

そして、キーとなるエイリアンのクリストファー・ジョンソンを演じた
ジェイソン・コープですが、何を隠そうこの映画に出てくる他のエイリアンも合わせ
今回10体以上のキャラクターを演じられたそうです(笑)

ラストはこれまた賛否両論激しそうですが
私としては好きですね。

あと、この映画を観るにあたって注意があります。

①ドキュメンタリータッチが苦手な方
②手持ちカメラが苦手な方
③グロテスクな表現が苦手な方

以上の方にはオススメ出来ません。
気分が悪くなるだけです。

ただ、③に関してはいつも思うんですよね〜。

「グロイから子供に見せられない」

私、この言葉が大っきらいです。
“グロイ”という表現も嫌いです。
なんでもかんでも「グロイから」という理由で規制されてしまう世の中が
私は一番怖くて、この先が不安でたまりません。。。

話がそれてしまい、長くなりそうなので、
この話はまた別の機会にしましょう。

とにかくこの第9地区は観て損はないと思います。

私のなかでは、この8倍近く予算をかけたアバターと
どちらが良いか迷ってるくらいですから(笑)


時間の関係で恒例のツッコミをひとつだけ。。。

人によっては「マクロスだぁ!」と言う方もいらっしゃるようですが

私の思わず口から出た言葉・・・



鉄男かよっ!(笑)



イメージ 2

↑映画館でもらったオマケのステッカー



※今回いつもの1/10くらいの時間で記事を走り書きしてるので
  変な箇所が多いかも知れませんがご了承くださいまし。

  明日からお仕事なので今日は早めにおやすみなさい。
  お返事と訪問遅れてることも、ゴメンなさい。

  ぴゃめろん

閉じる コメント(16)

アバター

迷ってたんですよ
ドンピシャです

自由な内に見に行こうと思います

明日(今日)からお仕事ですね〜

頑張ってくださいね
いい人達と巡り会えますように

2010/4/15(木) 午前 0:15 YUKO 返信する

顔アイコン

エロは苦手ですがw・・・グロとナンセンスは大丈夫ですw。
アングラは・・・・・ものによる。。

この映画、新聞に紹介されてましたが、良さそうな映画だと思っておりましたが、やはり、良かったですか。
独創的なのは、なんでも好きよ〜〜!

エイリアンものって、昔っから風刺がきいてるの、多い気がする。

けど・・ETは・・おすぎさんが、ラジオでべた褒めしてたから昔観たけど、何も感動しなかったワテだす。。周りの人間は皆「感動した!」と言っていたので、感動したフリするのが大変だった記憶が・・。。ワテがエイリアンかも・・。。。

「いーてふ」のほうが面白かった(これ、分かる人、ご年配)。

2010/4/15(木) 午後 8:08 虎皮のマリー 返信する

顔アイコン

>>YUKOさん
今回、いつもに増して分かりにくいレビューでゴメンなさい!
この映画が欧米で公開されたのが、キャメロンのアバターより早く
2009年の8月というのも、なかなか面白いんですよね☆

上記の通り表現方法や内容は賛否両論ありますが
私は観に行って良かったと思います♪(*´ω`*)

2010/4/16(金) 午前 0:24 ぴゃめろん♪ 返信する

顔アイコン

>>Marieさん
>エロは苦手ですがw・・・グロとナンセンスは大丈夫ですw。
おぉ〜〜〜!それなら結構イケると思います!
エロは・・・内緒ということで♪(*´゚艸゚)∴ブッ

この映画は何よりまず題材に惹かれましたからね〜☆
評価が高いのも非常にうなずけるんですよ。

>エイリアンものって、昔っから風刺がきいてるの、多い気がする。
そうそう♪
猿の惑星だとかグレムリンだとかそうだったりしますよね。
人種間の恐怖を異形であるエイリアンに置き換えて話を描くことにより
見た人が共感しやすいカタチにしてるんでしょうか?

いーてふ・・・
ひょうきん世代ではない私は、、、ご年配以上?(笑)

2010/4/16(金) 午前 0:25 ぴゃめろん♪ 返信する

続編を期待したくなる作品でした。
個人的には・・・ノーマークながらドキドキしながら観賞できました。

2010/4/16(金) 午後 11:02 くるみ 返信する

顔アイコン

>>くるみさん
初めまして、コメントありがとうございます☆+。
そうそう、続きがとても気になる感じでしたよね!
続編は第10地区?(笑)
終始飽きさせない演出はとても素晴らしかったですね♪

2010/4/17(土) 午後 11:00 ぴゃめろん♪ 返信する

第10地区・・・クリスは助けに来てくれるのか!
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2010/4/18(日) 午前 11:11 くるみ 返信する

顔アイコン

>>くるみさん
ね〜〜〜!気になりますよね〜〜〜☆
第10地区、、、クリスがみんなを助けに来て
クリスはヴィカスが分かるけど
逆にヴィカスはクリスのことが分からなかったりすると
面白いのかなぁ、、、なんて色々想像が膨らみます♪
トラバ返しありがとうございました☆+。o(_ _*)o

2010/4/19(月) 午前 0:37 ぴゃめろん♪ 返信する

顔アイコン

鉄男って懐かしい!
私は映画ほとんど見ないんですが
この映画面白そうですね

2010/4/19(月) 午後 10:58 way**an400 返信する

顔アイコン

>>わやさん
おぉ〜〜〜!鉄男に反応して頂けましたか♪
映画を観ていて思わず心の中でシャウトしちゃいました!(笑)

この映画は一般的に言われるSFとは、また少し違った感じの映画で
冒頭でも述べてるようにかなり政治的な表現を感じさせてくれるので
そういった意味でもすごく楽しめました。

個人的には、もちろん娯楽作品として観ても
十分に楽しめる内容だと思います☆+。

2010/4/20(火) 午前 0:19 ぴゃめろん♪ 返信する

アバター

グロいの苦手なので迷ったのですが、評判どおり面白かったです!
チープさの中に凄く濃い内容でしたね。
思いっきり人間の醜さや愚かさを感じさせられましたが、描き方が上手いですよね。
本当に目の離せない映画でした。
大変遅くなってすみません。TBさせてくださいね♪

2010/4/24(土) 午後 9:41 choro 返信する

顔アイコン

>>Choroねえさん
そうそう♪
中身も訴えるメッセージがしっかり詰まっていて
大変見応えがある作品でしたよね!(*ゝω・)b

全編通して描き方も大変素晴らしかったですし
ニール監督の次回作にも注目してみたいと思いました♪

TBありがとうございました☆+。o(_ _*)o

2010/4/25(日) 午後 11:43 ぴゃめろん♪ 返信する

狂ったほど独創的で、厚かましいほどに政治的。
確かにど真ん中で言い当ててますね!
何度も観たい作品ではないけど、観て損はないパワーを感じることができました。
遅くなりましたがTBお返しさせてくださいね☆

2010/5/12(水) 午後 10:47 なぎ 返信する

顔アイコン

>>なぎさん
ね〜〜〜!まさにど真ん中言い当ててますよね☆
私も観る前は、ここまで引き込まれるとは思ってませんでした。
ニール監督の今後の作品にも注目してみたいです♪
TB返しありがとうございました!o(_ _*)o

2010/5/15(土) 午後 3:17 ぴゃめろん♪ 返信する

顔アイコン

B級ぽかったですね〜!
好き嫌いが分かれそうだけど、個人的には好きです。
人情味を感じさせるシーンもあったのが印象的でした。
TBさせてください。

2010/6/6(日) 午後 11:58 かず 返信する

顔アイコン

>>かずさん
お返事遅くなって申し訳ありません!
たしかにB級っぽかったですけど
だからこその良さがたくさん出ていた様に感じました。

私もこの映画大好きです。。。
TBありがとうございました☆+。o(_ _*)o

2010/6/13(日) 午後 5:21 ぴゃめろん♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事