くらしっく日記

http://pic1025.blogspot.com に移転しました。こっちはメモ帳代わりです。

全体表示

[ リスト ]

戦慄、世紀の一戦

 とても悲しいニュース: 作家の泡坂妻夫さん死去
ちょっとショックです…。

 本日の暦は立春、と言っても実際には一年で一番寒い時期、ただ今日は曇っていたせいか朝はかなり暖かめ、日中は余り上がらず平年並みでした。

 ここ数日のシカゴ響で落ち着かなかったせいか、B.J.ペンvs.ジョルジュ・サンピエール、世紀の頂上決戦があったのをすっかり忘れてました。結果を目にしてなくて良かった…。

 2、3年待ちわびた対戦だけに、YouTubeだとうっかりタイトルで結果が目に入ってしまうのが恐くて、Pandora TVで視聴することに、だって韓国サイトならハングルだらけで何書いてあるか解らないから。

 自分にとってBJは総合格闘技のパウンド・フォー・パウンド最強の選手、あの締まらない身体が却って得体のしれないナチュラルな強さを感じさせるから。ただ、それに土を付けたGSPについては、第1戦はおろか試合をマトモに見たことが無いため実は詳しくは知らないので、格闘技誌の情報に大きく影響された、根拠の薄い思い込みかもしれません。

 結果をまだ目にしたくない人もいるかもしれないので詳しくは書きませんが、GSPも確かに凄いってことを思い知らされました。またBJがラバーガードを何度かやっていたのが印象的。

 もう一つパンドラで視聴したリョートvs.チアゴ・シウバでは、韓国語の実況が「イノキーアリ・ポジション」と言っており笑ってしまいました。少なくとも韓国でもこの用語は使われてるんですね。

 そういえなBJは以前リョートとも対戦してましたね、強過ぎるが故に自分より重い階級の人とやるケースが多い様で。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事