picknsweetsのブログ

本日よりブログ始めました!

全体表示

[ リスト ]

思いやる…

また真夜中にひっそりと日記…
 
このところとても忙しい日々です。
寝不足がたたってなんか意識が薄れていく
早く寝ればいいのにって思いながら今日はブログをUPしたくなりました。
 
ふと思いやりって言葉が浮かんだので、そのことについて考えてみました。
 
今日起こったことがきっかけになったのですが
相手を思いやるって難しいときもあるかもしれない。
何事もそうかもしれませんが
すべてがうまくいっていると感じてるときとか
心に余裕があるときは『与える』ことが本当の意味でできることが多いけど
自分自身に余裕がない時この『与える』はできなかったり、できたとしても
その裏には、もしかすると“見返り”のようなものを無意識のうちに
求めてることがあるかも。
 
相手を思いやるって、例えば言葉一つとっても相手の立場にたって考えてから
口にしないと、なんでもないことが些細な口論を招いたりする。
でもいつもいつも、色んな事考えすぎて話すとなると無口になってしまいそう。
言葉ってむずかしい。
お互い未熟な人間でそんな失敗を招いたりするのは仕方がないということで
もし、もめたりしたら・・・あとで謝ればいいか。
 
「ホ・オポノポノ」ですかね
必要な言葉は
「ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
愛しています」
…だとか。
 
一番身近にいる人は自分にとって一番の先生なんだそうです。
相手にみる「欠点」と感じる部分は実は自分の欠けているところ。
それを学びあう為に近くにいるらしいです。
だから感謝して、大切にしましょう!という話を聞きました。
 
例えば自分に余裕がないときでも、あまり身近ではない人を思いやるのは
抵抗なく出来るような気がします。
でもその対象が家族のような身近な存在になると
つい甘えのようなものもあるのか、むずかしくなります。
でもこの近い存在の中で思いやり、いい言葉をかけあい、お互いを
大切にすることが難しくても必要なのでしょうか。
 
それでは最後に秋を…
イメージ 1
    
 
イメージ 2
                                                               イメージ 3

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事