最新記事

すべて表示

大辻隆弘 第八歌集 『景徳鎮』

かぎりなき遠さを保ちゐるごとく水辺にひらく夕べの合歓は     歌集をとおして圧倒的な重量感のある歌の嵩に押されそうになる。ときおり、ひかりが差しこむように美しい叙景歌が ...すべて表示すべて表示

うつむけばひろすぎる海 見なくてもひろすぎる海 うつむいている   みずみずしいこころがそのまま言葉に包まれているような歌。悲しみを詠みながら、読むものにぬくもりを残して消えてゆく。 ...すべて表示すべて表示

大辻隆弘講演集

2017/4/7(金) 午後 1:40

大辻隆弘講演集は刺激的である。収録されている内容は、今までに実際リアルタイムで聴いたものや、パピエシアンに何年間か連載されていたのを読んで知っていたものもある。しかしこうして一巻にまとめられると、大辻隆弘のなしてきた業 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事