顕正会の泥船

正直に心のままに勇気を出して!

全体表示

[ リスト ]

高瀬舟


『高瀬舟』(たかせぶね)は、森鴎外の短編小説です。
1916年(大正5年)1月、「中央公論」より発表されました。

この小説は、学校で習った記憶があります。
それで、憶えているのですが・・・

当時は、なんとも切ない、悲しい話し・・・ぐらいにしか思っていませんでした。
時々、ふっとこの話を思い出します。

「安楽死」を問題定義した物との見方が多い作品です。
難しい問題です。

私はそういう難しい話ではなく、「正しい」というのか、「正義」というのか・・・解りませんが、一面だけでは判断出来ない事「側面」「裏側」を見る事を教えていると思います。

〜あらすじ〜
物語は京都が舞台です。
高瀬舟は高瀬川を上下する小舟です。
徳川時代、京都の罪人が流刑を申し渡されると、罪人は、高瀬舟にのせられて、大阪へ回されました。
ある時、弟を殺した喜助という男が乗せられました。
羽田庄兵衛は、罪人を護送する京都町奉行の配下の同心です。
庄兵衛は、罪人である喜助がいかにも晴れやかな顔をしている事を不審に思い、訳を尋ねる所から物語が始まります。
喜助は、両親を流行病でなくして弟と二人で暮していました。
兄弟で助け合いながら必死に生活をしていました。
しかし、弟は病気で働けなくなってしまいました。
喜助は弟の面倒を見ながら何とか食べていける生活をしていました。
いつものように弟のために食べ物を買って帰ると、弟は布団につっぷしていてまわりは血だらけでした。喜助は、弟のそばに駆け寄りました。弟は、自分が直りそうもない病気だから早く死んで兄を楽にしてやりたいと考え、のどを切って死のうとしたが、うまくいかず刃が刺さったままになってしまった。喜助は、医者を呼ぼうとしますが、弟が必死に抜いてくれと頼むのでしかたなく抜いてしまいました。弟は、ついに死んでしまった。そうして喜助は捕まり罪人として高瀬舟に乗せられたのでした。

かなり、簡単なあらすじですみません。
詳しく知りたい方は小説を読んでください。

喜助は「弟殺し」果たしてそうなのでしょうか?
「有罪」「無罪」 二者択一できますか?

私は「有罪」「無罪」という法律の難しい事はわかりません。
「罪人である喜助がいかにも晴れやかな顔をしている」という部分が印象に残っているのです。
やはり「安楽死」の問題に繋がるのでしょうか。
安楽死の問題は、死亡した本人よりも、手を下した人の道徳、いや、もっと何か複雑な・・・難しいので止めます。

喜助にとっては「有罪」「無罪」なんて関係ないのです。
弟を「助けた」「楽にしてやれた」との想いで晴れやかな心だったと思います。
「助けた」は適切な表現ではないかも知れませんが・・・
喜助にとっては「正しい」行為だったのでしょう。
自己満足と考える人もいるでしょうね。

でも、世の中は法律で判断出来ないような事や本人にしか解らない事が多いのです。
特に「心の中」は誰にも見えないので、一面だけを見て判断するのは大変難しい事なのです。
「物事には必ず裏」「見えない部分」があると思います。
「裏」というと胡散臭いように思いますが、「裏」=「真実」と思われることが往々にしてあります。

顕正会員時代に浅井さんの心情はどうだったのか?
という事を考える事が多かったです。
「御遺命を守る為、大聖人様の御意にお応えする為、苦渋の想いで居られた」と、その忠誠の一分でも理解したいとのおもいで、表面に見える一部分だけでなく、浅井さんの心情を色々と考えていたのです。
入信勤行は正宗とは全然違います。
破門された在家信徒では、現状以上の事は出来ないでしょう。
大聖人様にお応えする為、この想いが理解できたので受け入れる事ができました。

しかし、御書名の改訂、略式勤行、御観念文の改訂、血脈断絶発言等々は、大聖人様の御意に反する事です。
受け入れられる物ではなかったのです。
ニセ本尊作成は、堕地獄の行為です。

浅井さんには「裏」がありました。
ドロドロとした「慢心」と「欲望」の「裏」があったのです。
浅井さんは「裏」の為に、表面に出ていた「御遺命守護の戦い」という、僅かな功績までも汚してしまったのです。
宗史に残る功績を宗史に残る汚点に変えてしまったのです。
浅井さんの「御遺命守護の戦い」とは、昭和45年「正本堂に就き宗務御当局に糺し訴う」を送られた事に尽きると思います。
しかし、自業自得とはいえ、数々の自語相違により「正本堂に就き・・・」すら会員に公開も出来ず、過去に発刊された著書も廃刊するなど「正義」など微塵も見られぬ状態に落ちてしまったのです。

話しは元に戻りますが、
物事には「裏の真実」があり、「一面だけを見て判断するのは大変難しい事」を忘れないようにしたいと思います。
但し、裏の真実が正しいとは限りません。
浅井さんのようにね!

閉じる コメント(1)

顔アイコン

>喜助は「弟殺し」果たしてそうなのでしょうか?
>「有罪」「無罪」 二者択一できますか?
これを正宗の教えに置き換えると、
"その人は「謗法だ」果たしてそうなのでしょうか ?
「謗法の徒」「そうではない」二者択一できますか ?"
と言っている事になるのですがね。
法律は法律です。どんなに悪法と見えても。
裁きを受けるのは当たり前です。殺人なんですからね。
徳川時代当時もそうした法律は有ったのだから。
「高瀬舟」と言う文学作品がなんだと言うんです ?
馬鹿げている。森鴎外は医学知識が有ったーしかも軍医だったー筈で、
そうだとすると、
現時の"トリアージュシステム"に当たる考え方を持っていただろう。
それを無視して話を書いているのだから。
軍医としての経験は何処行ったんだろう ? (失笑)
昔から甘いんですな。日本の文化人と言う人種は。大甘ですよ。
だから、進歩的文化人となって反日活動をする連中が出て来た。
それで、「サンデル教授の白熱授業」なる極論ぶちかまし大会が流行っていると。(笑)

2012/4/5(木) 午前 0:48 [ kai*i*ugis* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事