顕正会の泥船

正直に心のままに勇気を出して!

全体表示

[ リスト ]

洗脳を少しずつ解いて

 
『即ち正本堂は広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり』
の説明をしましょう。
 
『正本堂は未来広宣流布達成の暁の本門寺の戒壇を願望したところの大殿堂ではあるが、未だ広宣流布達成とは申されないほど謗法の徒が多い、故に安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉ると申したのである。』
 
浅井さんに渡したとされる「訓諭」の解釈文の一部です。
 
日達上人は、浅井さんが故意に切り離した所を繋げて、解釈文を書いておられます。
また、「たるべき」「願望したところ」とされているのです。
決して、「広宣流布達成の暁には本門寺の戒壇となる」と断定されておられません。
 
 
先般紹介した「訓諭」を もう一度ここに載せます。
「訓諭」
『日達、この時に当って正本堂の意義につき宗の内外にこれを闡明し、もって後代に誠証となす。正本堂は、一期弘法付嘱書並びに三大秘法抄の意義を含む現時における事の戒壇なり。即ち正本堂は広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり。但し、現時にあっては未だ謗法の徒多きが故に、安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉るなり。』
 
先日紹介した解釈文と本日紹介した解釈文を繋げてみました。
(解釈文)
『我が戒壇の大御本尊は本門事の戒壇の根源なる故に、戒壇の大御本尊まします所は事の戒壇である。即ち戒壇の大御本尊が御宝蔵に安置せられていた時は、御宝蔵が本門事の戒壇であったのである。正本堂は未来広宣流布達成の暁の本門寺の戒壇を願望したところの大殿堂ではあるが、未だ広宣流布達成とは申されないほど謗法の徒が多い、故に安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉ると申したのである。
 
よ〜く読んで、浅井さんの謀(たばか)りを見抜いて下さい。
先日来の日記の内容と照らせ合わせれば、正本堂は御遺命の戒壇で無い事は明らかです。
 
この解釈文を読めば、正しい「訓諭」の意味は理解できますよ。
日達上人の御心も理解できるはずです。
なのに、浅井さんは「訓諭」の意味を知りながら、日達上人の御心を踏みにじり、正反対の意味を会員に教え、宗門を誹謗しています。
知らぬとわいえ、会員も同じ様に宗門を誹謗して罪障を積んでいます。
「訓諭」を途中で切って、正反対の意味が伝わるようにしています。
 
都合の悪い所は隠し、誤解を招くような加筆を加え、充分な説明もせず、誤った考えを会員に植込んでいる。
 
絶対、許せないですね。
こんな小細工をして、いったい何が目的なのか……
 
答えは……
 
組織の存続?
 
ハッキリ言います。
 
浅井さんの名誉欲、金欲の為、浅井一族の存続の為なのです。
 
 
絶対!絶対!ぜっ〜たい!許せないですね。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事