顕正会の泥船

正直に心のままに勇気を出して!

全体表示

[ リスト ]

今も昔も変わらぬ邪心

「洗脳を少しずつ解いて」と題して数回に分けて掲載しました。
浅井さんに邪心があった事を再認識することが出来ました。
元顕正会員の中には、浅井さんが曲がったのは、平成10年「御遺命守護完結奉告式」以降と言う方や、平成4、5年、偽本尊が出だした頃だという方がおられます。
しかし、私は昭和45年がターニングポイントだったと思っています。
この年は、「正本堂に就き宗務御当局に糺し訴う」を出しています。
純粋に国立戒壇建立を願う思いが50%、欲の為に御遺命を利用しようという考えが50%、と見ています。
元々、浅井さんには、宗門を利用して生計を立てようとする姑息な考えがあったように思います。
浅井さんの家業は印刷業でした。何度も夜逃げして転々としていたようです。
そのような父親を見て育った浅井さんは、お金に対する執着も人一倍強かったと想像できます。
父親が妙信講(顕正会)を立ち上げた理由の一つにお金儲けも含んでいたのでしょうか。信心しながらお金を稼ぐ、一石二鳥を狙ったのでしょう。妙信講の機関誌などを印刷して生計を立てていたのでしょう。御供養は余りしていなかったようです。
学会が大きくなった理由は、印刷業でお金を稼いだからです。学会が羨ましくてマネたのでしょうか。
昭和38、39年でしたか?法華講連合会の入会を拒んだのも、その辺に理由があったよういに思います。だって、他に、これっ!と言える理由が見つかりません。「御遺命実現を目的とした折伏の大集団、他の組織とは違う」(趣意)なんて、こじつけていますが正宗信徒の目的は皆同じです。妙信講だけが折伏していた訳ではありません。
それでも、この頃はまだ、純粋に信心していた部分の方が多かったと思いたいですね。
法華講連合会の発足は、学会の急激な信徒の増加により、御登山(御開扉)や機関誌等の発行も含め、組織の統制を図る必要が出てきたからです。散々ごねて、渋々法華講連合会に入会したようです。(この辺は曖昧になっています) しかし、直ぐに脱会しているようです。当然、法華講連合会を抜け出した妙信講は、御登山(御開扉)を許可して貰えなくなりました。その後、昭和44年1月に御登山(御開扉)が叶ったのです。浅井さんは、この御登山を「不思議な御登山」「不思議な参詣」(「冨士」283号)と書いています。ある説によりますと、この御登山は、学会が裏で宗門に願い出て実現したとあります。学会が妙信講に塩を送った事になるのでしょうか。浅井さんは、その事を後で知ったのでしょうか、「不思議」とする事で学会の恩を大聖人様の恩としたのでしょうね。
では、学会は大聖人様の使い・・・これ以上は突っ込まないようにしましょう。
この御登山で事件が起きています。
宿坊である大化城で御本尊様紛失という前代未聞の事件がおきました。
紛失した御本尊様は未だに発見されていません。
この時の審議が気に入らないと御宗門に食ってかかったとも聞いています。
妙信講が正本堂に御供養したのはご存知でしょうか?
一旦は、妙信講の御供養は拒否されたのです。
法華講連合会に入っていない為、という事です。
最終的には、御宗門が間に入って受け取られています。
 
法華講連合会の入会拒否、御登山(御開扉)を許可して貰えなくなった事、御本尊紛失事件と、これらの事で御宗門に対する不満は募っていったのでしょうね。
そして、昭和45年を迎える訳ですね。
 
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

学会より先に浅井家は印刷業をしていましたよ。
そこで、戸田さんが出版業を初めて、宗門とかの出版物を手がけるようになり、浅井家の宗門からの依頼が激減したのが、恨みの原因の一部でしょうね。
それ以外の妙信講機関誌や、末寺機関誌の印刷では、利益など出ません。
今見たく、大量発行されていれば別ですが。
で、お金に対しての執着ですが、鳩山家の話が出てきますが、近所にいて方や金持ち。方や貧乏て幼少のトラウマが、金に汚くなったのではと思われます。
ちなみに、甚平さんは、ご供養とかは、やるときはやった方ですね。
本山の火災の際には、相当なご供養をしてますし、甚兵衛さんに関しては、信心はあったと思いますよ。 削除

2011/2/1(火) 午前 7:13 [ 山門入り口 ] 返信する

顔アイコン

法華講連合会に入るのを拒んだのは、たんに、浅井昭衛自信が、権力を握りたかっただけであり、連合会に参加すると、講中の私物化が出来なかったからと思われます。
この辺の件に関しても、甚兵衛さんの意向と言うより、浅井昭衛の意見が優先されたと思われます。

この辺の経緯を考えるのには、浅井昭衛が本部長になった以前と以後で変化がありますね。
実質的に、本部長の肩書きを作った時点で、浅井昭衛が妙信講を牛耳っていたと言っても過言ではないでしょう。 削除

2011/2/1(火) 午前 7:13 [ 山門入り口 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事