顕正会の泥船

正直に心のままに勇気を出して!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大歓喜の総会

「立正安国論」正義顕揚750年・75000名大結集総会
大成功、おめでとうございます。

本当に大歓喜の総会でした。
心配していたお天気も総会開始の頃には、お日様もニッコリと顔を出していました。でも、直ぐに雲の陰に隠れて優しい日差しを降りそそいでくれていました。
そのお陰で少し日焼けした程度で済みました。

総会には、妻と長男、友人2人を引き連れて参加しました。
嫁は1歳の子供がいる為参加できません。
私の幼い息子達も嫁に任せて参加が叶いました。
嫁は留守番を快く引き受けてくれました。
嫁が居なければ妻の参加も叶わなかったと思います。
嫁には感謝いっぱいです。

出発してから本山に着くまで約5時間です。
高速道路は観光バスがいっぱい走っていました。
観光バスには、法華講○○支部、○○寺などの表示がしてありました。
全国の法華講員が一同に集まる大総会が実感としてジワジワと湧いてきました。

着山は、1:00でした。
すでに、多くの法華講員の方々でいっぱいでした。
菩提寺に向かうと本堂では宿泊組の方達が何人かおられました。
起床時間の5:00まで少し寝る予定でしたが、興奮しているのか寝付けません。
表では人々の話し声や歩く足音などが聞こえてきます。
御開扉が始まっているのです。

5:30から朝勤行を行ないました。
御住職様は御開扉にご参加されておられません。
講頭は忙しい為、私が導師を務める事になりました。
緊張しましたが、名誉な事と思い、精一杯務めさせて頂きました。

私達の総会参加場所は、常来坊と総門前に分かれていました。
私のグループは総門前になります。

総会時間が近づくにつれ太陽が顔を出してきました。
オォッ〜諸天の御加護か・・・
天気の心配はなくなってきた〜!

少し熱くなって来た所に「氷」の差し入れが回ってきました。
所謂、甲子園の「カチワリ」です。
御法主上人猊下様の御配慮だそうです。
この、お心配りはありがたいですね〜
氷が溶けた袋を妻と息子は持って帰りました。
「記念だ」とか「帰ってもう一度凍らせて食べるんだ」などと訳の解らない事を言って喜んでいました。(笑)

総会が始まりました。
御法主上人猊下様から新たな御命題を賜りました。
平成27年日興上人御生誕770年。
平成33年大聖人様御生誕800年。
それぞれに御命題を賜りました。
(詳しくは機関誌等で御確認して下さい)
新たな目標が出来ました。
皆さんと頑張って行きたいと思います。

昼食後、御開扉です。
13:20分、11回目の組になります。
夜中から始まって、夕方まで続きます。
御法主上人猊下様は全く休む間もないですね。
ありがたい事です。

*顕正会の浅井会長などは週1回の日曜勤行でさえサボっています。
普段は何もしていない。
よく、「会長は執筆で忙しい」なんて聞かされていたが、出している書籍のほとんどが使い回しばかりの加筆程度だ。
忙しいなんて大ウソだ!

下山は16:00になります。
皆さんとお別れです。
家に帰るまで総会は終わりません。
可愛い子供達や嫁の顔を見るまでは安心できません。
22:30、友人とお別れです。
道中の往復は友人達の楽しいおしゃべりで退屈することなく、あっと言う間に時間が過ぎてゆきました。眠くならずに無事に帰って来られました。
これも感謝です。

この度の総会は「参加してよかった!」と、本当に心から思える大総会でした。
法華講員である事、この日を迎えられた事に感謝です。
ありがとうございました。

最後に、大総会開催にあたり、蔭で支えて下さった関係各位の皆様、本当にありがとうございました。

開く コメント(18)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事