クルマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

世界に一つだけの花?

イメージ 1

今ギャランにも“スポーツバック”ってあるんですね。スポーツバックというネーミングはすごくセンスが良いなと思っているのですが、これってアウディが生み出した言葉だと思うのですが、どうなんでしょうね。ボディタイプの呼称にマネなんていっても仕方ないのかもしれませんが、そこは世界に胸の張れるクルマを出せるようになってきた日本の自動車メーカーのこと、敢えてオリジナルに敬意を表して使ってほしくなかったな〜。私てきには、アウディをひっくり返したようなフロントグリルも、ちょっと「反則ギリギリのプレー」に見えます。「笛吹かれなかったけど、今のスライディング足狙ってただろ!」みたいな(笑)。

昔の日本車メーカーは、悪い言葉でいうと「パクリ」が露骨で、子供心にそういう「売れれば勝ち」みたいなメーカーの節操のなさが見えてしまうのが、すご〜く嫌だったりしたものです。

特に、今お世話になっているト○タさんは結構ひどかった気が(笑)。

MR-Sもボクスターに似せているようにしか思えなかったし、一番驚いたのは、ストリームが売れているところにぶつけた、ウィッシュの激似具合です。これはもう「一発レッドカード」級でした。

ただ、因果応報とでもいうべきか、今回インサイトがプリウスそっくりで価格も安く出てきちゃいました。エコなファミリーカーとして空力を追求すると、必然としてあんな卵型になるのかもしれないですが、ここは敢えて「初代ストリームの呪い」であると言っておきましょう(笑)。

最近は、露骨に他社のパクリみたいなクルマは出てこなくなっていたので、日本のクルマ文化も成熟してきたんだな〜、とひとり勝手に思っていたのですが、ここにきてのギャランフォルティス“スポーツバック”という名前は、ちょっと残念な気持ちがしました。せっかくなら、スポーツバックよりもカッコいいネーミングを考えて欲しかったな。

クルマと乗り手

好きなクルマを見かけると、どんな人が乗っているのか気になりませんか?
勝手に「このクルマにはこんな人」といったイメージがあるために、全然違う方向の人が出てくるとがっかりしたりしますよね。
ハマーとかには、やっぱりたくましい人やアウトドアの似合う人が乗っていてほしいし、アルファロメオからはお洒落な人が降りてきてほしいです。

では、アウディはどんな人が乗っていれば、良いのでしょう。
私の勝手なイメージでは、アウディには“クール”“知的”とかいった感じがあります。だから、カジュアルな感じよりはビジネスよりというか、スーツ姿が似合うクルマという気がします。

だから、もし私がアウディのCMを作るなら、
こんな人や、
イメージ 1

こんな人、
イメージ 2

に乗ってもらって、なにか印象的なキャッチフレーズを語ってもらいます。

まあでも、外車に外人さんは似合って当然な感じもするので、
日本人を起用するなら、

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

この方でどうでしょう。
イメージ 3



そしてセリフは、



「男の真ん中でいたいじゃないか!」


  -終-

某社の駐車場事情

イメージ 1

今日は、某自動車メーカーの駐車場の様子でも書いてみようと思います(笑)。みなさん、自動車メーカー本社の駐車場ってどんなだと思います?私は、そのメーカーのクルマしか止められない、みたいなイメージを持っていました。

私が通う愛知の某メーカーは、周りの関連会社はT社のクルマ以外は遠くの駐車場に止めさせられるとこもあるようですが、本社は割と寛大です。もちろん正社員はT車でないと都合悪いのでしょうが、我々のように外部から派遣されている者は自由です。基本的にクルマ好きが多いので、マニアックで外車も多いです。

最近私の止めているP(←イオンのPみたいのがいっぱいあります)で見かける気になるクルマは、VWゴルフGTI、VW R32、ポルシェボクスター、ポルシェ911、VWトゥアレグ、alfaromeo GT、BMW M3、アウディA4、BMW Z4、つい最近止まるようになったBMW 135iとかで、仕事させてもらっているのにみなさん全く遠慮がありません(笑)。逆にT車ではピカピカの70スープラとかハチロクとかがあります。

一度、物凄い爆音でロールケージの入ったS14シルビアが入ってきたのを見たことありますが、その時はさすがに「T社本社にそんな反社会的なクルマで、しかもN車とはさすがに止められないのか!?」とか心配してしまいました^^;。

爆音シルビア乗りが、プリウスの部品を設計してたりするのを想像すると、なんだか面白いですよね(笑)。

ハイウェイスター

高速道路の追い越し車線、流れをリードして走っていると・・・。

バックミラーに、小さく映る白い影。

あっというまに迫ってくる。


「は、速い!!」


あわてて左に寄る私を尻目に、駆け抜けていくその白い車体。


あれは・・、そう・・・




「TOYOTA プロボックス!!!」



-終-



日本の高速道路の雄、それはプロボックスではないでしょうか(笑)。
なんであんなに速いんでしょ?
プリウスも結構エコそっちのけでかっ飛んでますけどね。

NEW BMW Z4

イメージ 1

新しいZ4が公開されましたね。今のZ4のデザインも私はかなり好きで憧れていましたが、今回の新型もとてもカッコいいです。完全な2シーターなんで、現実的な購入候補として考えたことはありませんが、2シーターに近いTTに乗ってみて、嫁のクルマとの2台体制ならほとんど通勤以外に使わない現状を考えると、将来的にこの新型Z4に乗ることも夢ではないかも?!とか言ったら、嫁に殴られますね多分^^;。専用ガレージのない身にはメタルトップなのもうれしいですね。

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事