そこそこの獣医の日々とムスメの日々

やりたい事だけして生きていきましょう!

全体表示

[ リスト ]

地域猫とか野良猫とか呼ばれるネコちゃん。
 
ボランティアさんと呼ばれる方々によって、避妊・去勢手術依頼で連れて来られる事があります。
 
増えすぎてご近所から苦情が来ないように。
 
お互いに食べ物にありつけずに困ってしまわないように。
 
地域で頭数をコントロールしてあげる。
 
とても良い事だとは思います。
 
ところで、ボランティアさんには手術が終わった子の耳をカットするようにも頼まれます。
 
これは、パッと見て手術が終わった子とそうでない子を見分けるために行われます。
 
ムスメや実習生に「何をしてるのですか?」と聞かれたら・・・。
 
手術のすんでいる子が捕まって麻酔をかけられない為ですよ、とボランティアさんがおっしゃっている理由をお話しするのですが。
 
なんだか釈然としてはいないのです、僕本人が。
 
手術が終わった子にはマイクロチップを入れて、捕獲器に入った子をマイクロチップリーダーで確認するとか、何か別の方法はあるはずです。
 
捕まえられて耳を切られて、この子たちはアリガトウとは言ってくれないよな、と。
 
君のためにベストの事をしたよ、と言えるのかな?と。
 
 
さて、どうしたもんでしょうね?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事