TSトレーディングのブログ

金属探知機やX線検査装置の説明

FX-3(鉄専用検知機)

すべて表示

FX-3 鉄専用の探知機

一見すると杖。しかし鉄を専門に検知する金属探知機です。 例えば土中に入っている線路とか水道パイプ、鉄板などを最大5m程度まで検知できます。 操作は簡単。スイッチをON そして目盛りを5に合わせて地表をユックリ左右に動かす。 それだけです。もし鉄があるとヒューと音がします。 はさみが1m離れていても検知します。 つまり地表から1m下に埋まっているはさみでも検地できると言うことです。 機種名はFX-3 フェロプローブです。販売とレンタル両方出来ます。 □ 鉄、スチールのみ探知  (非鉄には反応しません) □ すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

シェラマドレの後継機となるAF−350です。 基本仕様はほぼシェラマドレと同じですが感度設定が3段階になりました。 メーターは赤に戻りました。 高感度H 中感度M 低感度L となりますので現場の環境に合わせてご使用ください。 高感度で使用する場合はオプションの40㎝径L型アンテナ付きで最大1.4m程度まで検知が可能です。 ...すべて表示すべて表示

在外公館や原発で多く使用されています。 車の下を簡単に見ることが出来ます。 付いている鏡は直径30㎝なので広範囲を見ることが出来ます。 新しいサーチミラーはシャフトがスチールになり頑丈になりました。

通常、金属探知機は金属が入っている、又は金属異物が入っている物を調べます。 しかし部品などで金属に樹脂被服などをした製品を作っている場合、金属が入ってないと 不良品です。 こんな精密部品を作っている会社さんにも納入実績があります。 勿論、金属が入っていれば良品、入ってないと不良品と分別出来るから ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事