TSトレーディングのブログ

金属探知機やX線検査装置の説明

AF-350 シェラマドレ

[ リスト | 詳細 ]

敷き鉄板、不発弾、埋設配管、ボルト、ナットなどの探知。オプション40cm径ループアンテナ使用で最大探知深度1.4m。全金属対応です。官公庁で認められた探知能力が魅力です。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

シェラマドレの後継機となるAF−350です。
基本仕様はほぼシェラマドレと同じですが感度設定が3段階になりました。
メーターは赤に戻りました。
高感度H 中感度M 低感度L となりますので現場の環境に合わせてご使用ください。
高感度で使用する場合はオプションの40㎝径L型アンテナ付きで最大1.4m程度まで検知が可能です。
ただし現場の環境にもよりますが。
鉄から非鉄まで幅広く検知しますのでスイッチをONし感度設定をすれば直ぐに使用できます。
電池は単三電池8本で最大20時間程度使用可能です。

早速、鉱山で建設機器をお使いのお客様と沖縄の建設業のお客様からご注文をいただいたようです。
金属探知機は使用方法が簡単で探知深度が深い機種が一番お勧めです。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この前の津波と震災で被災された方にはこころより応援を申し上げたいと思います。
 
いろいろな物が流されてかなりのダメージを受けられたと思います。
 
先日は台風の大水で金属類が田畑に流れ込んでトラぶっている方から連絡がありました。
 
水田に金属のゴミが流れ込んでそれを探して排除したいとの事でした。
 
大きさは掛け時計くらい。
 
これは1m位までなら問題なく見つかると思いますと連絡いたしました。
 
この方からは早速使いたいと連絡があったので数日レンタルしていただきました。
 
たぶんこれ以外にも家に保管していた大事な物を流された方は大勢いると思います。
 
大事な貴金属なども流された方は少なくないと思います。
 
是非そんな方は金属探知機をお使いになっては如何でしょうか。
 
金属の大きさが分かればおおよその探知深度は分かります。
 
是非連絡してみてください。
 

この記事に

開く コメント(0)

先日テレビを見ていたら被災地で家を流された方が ”ここに埋蔵金があったんだ” と
言われてました。
え、なんでと思いTVをみていると、その方が現金で数千万円を自分の敷地に埋めておいた様子。
タンス預金では危険なので敷地にうめていたんでしょうね。
まさかこんな形で紛失するとは思ってもいなかったでしょう。
もし金属製のコンテナにでもいれ、すこし深くに埋めてあれば探知機をつかって
さがす方法は取れると思います。
いろいろな形の財産を無くされた方も多いはずです。
金属探知機で探す方法も是非検討してみてください。
探知深度はこのブログの左側にあるシェラマドレのタイトルをクリックしてください。
どの位でどんなものが見つかるか画像で説明しています。
その他不明な点は問い合わせ下さい。
下のシェラマドレをクリックしてください。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

以前に某テレビ局の撮影で江ノ島海岸に行きました。

その時は海岸で金属探知機を使って落し物を探そうという企画でした。

携帯電話、時計、他の物が落ちていないか取り合えず金属探知機で作業開始。

ところがあちこちで反応し過ぎてビックリ!

アルミ缶のプルタブ、空き缶........砂浜の下は実は金属のゴミだらけでした。

普通はテレビなどに映る表の部分しか見ることが出来ません。

しかし金属探知機を使うと意外な面が表に出てきます。

我々が住んでいる周りには知らない内に自分たちが廃棄した金属のゴミが

堆積されています。

公園、海岸、山、湖など自然に親しむ時には是非とも環境の事を考えて最低でも

持って行った物は現場に捨てない.....特に金属のゴミにはきをつけましょう。

美しい自然は一度破壊されると元に戻るのに大変な時間がかかります。

金属探知機と自然との係わり合いがこんな所にあったので書いてみました。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

一部のお客様には大変ご迷惑をかけましたシェラマドレですが、今回パワーアップして

再登場します。実はこの金属探知機は使いやすくて探知深度が深くて不発弾の探知や建設現場

などでの深度探知作業に使用されているんです。

添付の写真に写っている赤いメーターが旧モデルで黄色のメーターが新しいモデルです。

操作盤が小ぶりになって使いやすくなりました。

この機種は”テレビのチカラ”でも行方不明者捜索に大活躍、沖縄や国内にある演習場では不発弾の探知

に、そして犯人逮捕に結びつく鑑識の捜査にと大活躍です。

ところで今回仕様が変更になったのは、電池が単二4本から単三8本仕様になりました。

したがって操作盤がコンパクトになり日本のマーケットにもフィットするようになりました。

多分、これはホワイト社での生産効率を上げるために総ての操作盤のスペックを統一したのでしょう。

私(TS社の代表の坂本です)が使用しても価格と探知能力は他のメーカーのどの金属探知機よりコストパ

フォーマンスが優れているのが分かりました。この機種の優れている点はオプションループの豊富さで

す。

このブログを見てください http://blogs.yahoo.co.jp/pillowball/28376332.html?p=4&pm=l

壁面から数センチにある金属パイプや基礎の位置の探知には12cm、汎用性のある24cm、

そして最大深度1.4mまで探知出来る40cm径アンテナもオプションで用意できます。

是非、業務用から本格的なトレジャーハンティングまで使用してみてください。

絶対に満足させる機能を持っています!!

是非バージョンアップした性能をあなたの目で確認ください。

271-0093千葉県松戸市小山198-28
有限会社TSトレーディング
電話:047-703-1640
Fax:047-703-1641
http://www.ts-trading.com
detector@tokyo.email.ne.jp

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事