TSトレーディングのブログ

金属探知機やX線検査装置の説明

PRL−1

[ リスト | 詳細 ]

壁面埋設配管探知に最適。壁、床下に埋まっている配管を一発探知。操作が簡単で始めての方も使用可能。廉価で各種径アンテナを使い、壁面から深さ1.3m程度の埋設物まで検知。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

この時期、海岸で時計や指輪などを紛失されて連絡を貰う事がある。
 
そんな時はゴールドマスターGMTよりPRL−1をお勧めします。
 
何故か? それはゴールドマスターGMTだと小さな金属のゴミまで拾ってしまうから。
 
勿論、それを一つ一つ確認するのであれば問題はありませんが。
 
ゴールドマスターGMTは50khz そしてPRL−1は5khzの周波数を使っています。
 
意外に5khzの周波数はオールマイティーで使えるのでお勧めです。
 
ホチキスとかの針1本程度の大きさを探したい場合はゴールドマスターGMTが良いかもしれません。
 
何故ならPRL−1はホチキスの針1本は検知しません。
 
是非周波数の違いで選んでください。
 
イメージ 1
 
 

この記事に

開く コメント(0)

金属探知機

この画像はPRL−1という機種です。
周波数は5Khzを使っているので先端のアンテナを変える事でいろいろな使い方が
出来ます。

イメージ 1


左から40cm径のアンテナ、そして本体に付いているドーナツ状の24cm径アンテナ。その右が
16cm径アンテナ、そして一番小型の12cm径アンテナ。

直径が大きいと深くに埋まっている金属も検知出来ます。
この40cm径アンテナの場合は最大で1.4mの深さまで検知可能。

本体に付いている24cm径アンテナは汎用性があるので最大で80cm位までは探知が出来ます。
ただし金属の質量によります。
出来れば面積が大きな方がいいのですが。

その隣の16cmや12cm径アンテナは表面から決まった深さまで探知したい場合とか、隣に
金属のフェンスとかポールとかある場合に使います。
実際に首都圏にある空港のビル工事では結構活躍しています。

イメージ 2


蛇足ですがアメリカでは別な方面で金属探知機がかなり多く使用されています。
何故か...

アメリカでは昔紙幣は使われていませんでした。
だからコインだけを使っていたわけです。
もちろんポケットに穴が開いていれば落ちてしまう訳ですね。
向こうでは1ドルを 通称 1バック(buck) と言います。
これは牡鹿一頭が大体一ドルで売り買いされていたかららしいのですが。
一ドルは大体ポケットの片方に入るくらいの硬貨の量とのこと。
それにスペイン統治時代の硬貨は銀を使っていて結構市場価値が高いのです。
添付の写真のリバティーコインはコレクターの間で結構な人気があるので山奥の廃村とかで探知機を
使って探すコレクターが沢山います。
砂漠で金を探したりスペイン統治時代の銀貨を探すなんて本当ロマンですね。
金、隕石、スペイン時代の硬貨を金属探知機で探す.......アメリカのヤフオクでは
結構おおきな市場があるようです。

271-0093千葉県松戸市小山198-28
有限会社TSトレーディング
電話:047-703-1640
Fax:047-703-1641
http://www.ts-trading.com
detector@tokyo.email.ne.jp

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

この写真は機種名PRL−1という金属探知機と12cm直径のループアンテナです。

通常は24cm直径のアンテナが標準で付いていますが、今日は面白い

使用例をご覧にいれます。実は12cm径ループアンテナは直径が小さい分だけ

ピンポイントで探知が出来ます。ただ配管の位置を確認するのであれば壁面から12cm

の深さに埋設されている直径1.8cmの金属配管の探知が可能です。

配管径が太ければもっと探知深度は深くなります。


壁面や床下の基礎の間隔を調査したい場合は直径1.8cmの鉄基礎が壁面から

深さ10cmで埋設されている場合は12cmの間隔でもクリアに位置を確認できます。

実は12cm径アンテナとPRL−1の組み合わせはゼネコンさんに人気です。

なぜか?  それは価格が安くて簡単に配管、基礎位置が確認できるからです。

本格的な専用機器を購入しなくてもこの様な組み合わせで立派に機能を果たします。

弊社の金属探知機はアンテナの組み換えで壁面から深さ最大1.4mまで探知が出来る

機能を持っています。

問い合わせは下記まで。

271-0093千葉県松戸市小山198-28
有限会社TSトレーディング
電話:047-703-1640
Fax:047-703-1641
http://www.ts-trading.com
detector@tokyo.email.ne.jp

この記事に

開く コメント(1)

PRL-1

イメージ 1

出来れば床面から20cm下まで埋設された金属パイプを探知したい。この様な浅い埋設金属の探知にはPRL-1が最適。既にゼネコンにも多数納入実績あり。感度調整ツマミが一つだけで後は総て自動調整。オプションの12cm径ループとの組み合わせで浅い場所に埋設された金属パイプいをピンポイントで探せます。

重さ:約1.5Kg
大きさ:110cmX20cmX20cm
小売価格:オープン価格
*12cmループはオプション

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事