PINおばさんの嬉々楽々

韓流大好きでソン・イルグクさんのファン、楽天家の私の大きな声での独り言…

全体表示

[ リスト ]

それぞれの愛国心

KBS1の時代劇『蒋英実』はとうとう来週が最終回です。 日本語字幕が無いので仔細は分かりませんが、世宗大王のリベラルな考え方が気に入らない高麗復興勢力にとって、その象徴が官奴出身の科学者チャン・ヨンシルとその発明品で、目障りなヨンシルを陥れる為に世宗の命も狙うという、何とも乱暴な話ですが、でも厄介なのはそれが彼らにとっての正義で愛国心だという事だと思います。 そしてその親玉のチョ・グァンは、世宗暗殺の計画が失敗してもその後の事を考えて自らの命を差出して事を収集させてしまいました。 チョ・グァンの死が、責任を取ってという事だけではなく、その理念を支持する若者にとっての礎になる事を期待したのでしょう。 そしてその計画は明の使者にも伝わって居た事を知ったチャン・ヨンシルの泣き笑いの場面には泣かされました。 自分が気に掛けていたユルが、心の弱さに付け込まれて、それがどれだけ大それた事かも理解せず僅かな報酬で、世宗とヨンシルを陥れる計画の実行犯となった事を憐み嘆くヨンシルは、敢えてすべての責任を自分が取ろうと義禁府の取り調べで嘘の供述をし、それを知った世宗はヨンシルの命を助ける為に密かにヨンシルに会いました。 この二人の対面の場面でも泣かされました。 民の為の朝鮮の為の思いを抱きお互いを信じる二人にとって、古い体制を維持する為に二人の考えを理解せず策謀を巡らす人々の存在をどうする事も出来ず、汚い手段で足を引っ張られ邪魔をされる、それを彼らが正義だと考えている事のもどかしさと悔しさを理解しあえる世宗とヨンシルでした。 また、イ・チョンのそんな二人を守りきれないもどかしさに涙する姿もありました。 ヨンシルの命を守る為に、明に行く事を進めるソヒョン翁主とブリョンという女性二人とはまた別な意味合いでヨンシルに明で皇帝の為の発明をと勧めるユン・ボンも、以前はヨンシルを殺そうとして失敗した人物でしたが、ヨンシルの作った時計を見て考えが変わったのでしょうか。 一番難しく感じたのは、その時計を見たチェ・マンリが何故憤慨し世宗宛の書状を送ったのかという事でした。 それと、風鈴を見てそこから何かを見出そうとするヨンシルでしたが、木の葉に溜まる雨の滴から水時計を思いついたように、風の力を利用しようとしていたのか、振り子の原理を利用しようとしていたのか、それも日本語字幕入りの放送で確かめたい処でした。 また、ユルの為に窮地に立たされたヨンシルが、裏切られた事への憤りよりも裏切ったユルの身を案ずる気持が強いという場面では、イルグクさん自身の姿と重なるモノを感じました。 キム・ヨンジョ監督の、ヨンシルを演じるのはイルグクさんを於いて他に居ないと思ったという言葉にはそんな意味合いもあったのでしょうか… 今でこそ朝鮮王朝屈指の名君と言われる世宗大王の、苦悩の良き理解者であり共有者としての蒋英実の姿が、言葉の壁を越えて充分に伝って来た今週の『蒋英実』だったと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事