ここから本文です

Pink RC

書庫・ワークス'93

記事検索
検索

全1ページ

[1]



イベントが続いたので間が空いてしまいましたが

ヨコモ スーパードッグファイター ワークス93

続きです


ボディに関しては

(σ・∀・)σ コチラで

↓↓↓


詳しく書きましたので

今回は装着したところを

ヽ(o・ω・o)ノ


イメージ 2


イメージ 3


ホイルステッカー

貼ったら使い捨てはもったいないので

ポリカ板に貼って両面テープで取付、

使いまわせるようにしました


イメージ 1


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6



ウイングは当時のヨコモ製で

ステッカーは毎度の自作


イメージ 7


フレアパターンの練習を兼ねて

裏も塗ってみました

が、

面倒すぎてもうやらないw



先日のYRで


素敵な動画を撮ってくれましたので

編集してみました



ヨコモ スーパードッグファイター ワークス93 走行動画


これといって

特別な事はしていないので

ワークス93日記

さくっと2回で完結です


834Bから10年後の車

当然ですが、

比べ物にならない走りで

車高、トー、キャンバーなど

アライメントだけ好みに調整したぐらいで

これでいいかなってなるぐらい

良く走りました


触るだけ走りに変化があるシャーシだと思いますので

少しづつ試したいですね


とりあえず

京商のオレンジスプリング欲しいですw


((o・ω・o))


イメージ 8





10/28の

ドッグファイターミーティング



なんとか間に合った


ヨコモ スーパードッグファイター ワークス93


本日から

仕様を書いてみようと思います



とはいえ今回は

ストック状態に

オプションを組み込んだだけで

大幅な改造などは行っていないので

あまり語る事もなく。。。


むしろ

元から完成されすぎていて

イジるとこないですね


(σ・∀・)σ では



シャーシ全体


イメージ 1


仮組の段階で

前後のバルクヘッドキャップは

ブラックの物にしていましたが

↓↓↓


なんだか綺麗にまとまりすぎて

イマイチ


あまりキズ入れたくないですが、

元からの乳白色な物に変更


実はこの部品が1番ハードルが高く、

完全なプラなので

ワイドハイター日光浴では白くならない+やると表面が傷みます

↑↑↑

さんざんやった結果w


とはいえ

綺麗な物はほぼ手に入らない


日本全国、探すこと2年w


膨大なスペアパーツとともに

涙の1ペア捕獲ですw



フロントまわり


イメージ 2


ダンパーは当時お高かったアソシ


ターンバックルは

当時物オプションのチタン


ハブはチームスズキ製


マイナスのキングピンは

オプションの軽量アルミ


ボールなども

オプションの軽量アルミに

ほぼ変えてます



と、


イメージ 3


個人的にこのシャーシで

1番のうっとりポイント、

トルクロッド部分




イメージ 4


モータマウントは

チームスズキ製


時代的には

この後の

YZ-10やYR-4の物ですが、

オープンがカッコイイのでOK


イメージ 5


センターワンウェイは

スリッパー付きの

トラクションコントロールシステム

通称「TCS」

シャフトも地味にオプション品


モーターは

TRINITY D4 13.5Tを

Fantom Worksさんが

あれこれした物



セパレートタイプのリポを

固定するホルダー


イメージ 6


コロラドで

ビンテージ関係のパーツを作ってる方から

使って楽しんでくれ!と

プレゼントしていただきました


左右非対称で特殊なレイアウトを

上手に逃げてリポを固定出来るように

良く考えられた形状になっています


素材もシャーシと同じ感じで

違和感ないところも気に入ってます



最後に後姿


イメージ 7


次回に続きます


((o・ω・o))


イメージ 8




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事