ここから本文です
みんなでダム見学しませんか?滋賀&ダム LOVE

昨日は、以前迷って行けなかった事がある、日渓溜に天気が良いから行く事にしました。滋賀県のダムは全部周ったつもりですが
溜め池や15m以上の溜め池ダムはまだ訪問してなくて放置していたところが何カ所かあるので、ぼちぼち回る事にしました。

日渓溜は以前、雨降ってきて探すのやめて帰った溜め池ダム
(*´ω`)

車のナビで行くとだいたいの道まででグルグル狭いところを案内するのです💦

始めに着いたのは

日渓溜手前の溜池

イメージ 1

洪水吐
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

日渓溜ではなかったので、出発。

傍に音羽城跡がありました。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この近くなのですが・・・。

スマホのナビに変えてウロウロしました。
そして、ようやく道を見つけたら、鹿除け柵↓これとは別で
頑丈に針金やロープで何カ所もぐるぐるに結んでいるところで
そこは諦めて、その反対側から行く道がありそうで、また大きな道に出て彷徨い、そして、ようやくここに、ここは針金が少しで
片側の扉が少し開きます。この道はにくるまでは
田ぼ道や狭い橋を通りました。普通車では無理なので
大きい道に停めて歩く方が良いでしょう。
田圃道ギリギリでUターンしてここの手前でモコちゃんを止めて
ここから50mくらい歩きました。

イメージ 12

イメージ 13


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17


イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

隠れが的、池だから自然味があって野鳥には良いかも
芹川ダムを思い出しました。

イメージ 21

イメージ 22

洪水吐と別で取水設備ですね。
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

芹川ダムや大原貯水池もトロッコを使って建設されたダムですよね(*^。^*)


14時前でお昼食べてなかったけど、ここに来る途中LINEで
ダム友ヒロさんから今日から河内川ダムのカードが変わったよと
お知らせ。

この前展望台では、今は配布してないから
道の駅横にある事務所でと言ってたので、もしかして
平日のみかもと、迷ったけど出歩いている次いでで
行くことにしました。

道の駅横の建設事務所に行くと受付の事務員さんが前からの2つ折りカードを出されてので、今日からカードが変わったと
事務所のTwitterで発表されているのですが?と聞いてみたら
知らないそうで、顔見知りの八木副所長さんが
こんにちは、と声をかけて下さり、うさはTwitter記事をみせました。

県の事務所ですね〜
県事務所か展望台にある建設事務所の警備で配布だと思う
県が出すようになったら、ここの配布は終了で辞めるかもしれないね、と話しておられました。

うさは展望台に行きました。
現場のところの新しい管理所手前に警備用の新しい建て物が設置されていますが、まだ使われていなくて、傍にいる方に尋ねたら
県事務所に電話してくれて、今はまだ
いままでの、展望台資料室で頂けるとわかりました(*´▽`*)
あはっ(^^;

前に戻ってのですね、展望台警備の新しい、おじちゃんが話かけてくれました。この前ここに来たばかりと話していた金井さんです。うさの事覚えていてくれました。

今日は木谷さんは、お休みと話されました。

無事、新しいカードを戴きました。

イメージ 28

小さいとんぼが何匹も飛んでいました。
赤とんぼが可愛いいです。
イメージ 29

イメージ 30

升目
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

車のところに戻ると、金井さんが
上流の方をさして、あっちの方に行った事あるか?と
いえうさは、見学会の時に、直下の方には行った事あるのですが
、あっちの橋からは見てないと伝えたら、今、ダム湖になる部分の木が伐採されて、あっちの橋からだと良く見れると教えて下さり、うさは行ってみました。もうすぐ16時なので展望台も閉まる時間でした。

橋はいくつもあり、3つ目だったかな?ちょうど正面にあたるところで車を止めました。

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

主人が帰る前に帰らないといけないので帰路に向いました。
いつもLINEで駅に着く時間を知らせてきます。

歩いても、うさの足で12分位なのに迎えに行く訳です。
もっと運動するべきだと思う・・・(=_=)







この記事に


ゲストブックやコメントの内緒機能が、ヤフーにログインしていないと出て来ないらしくて、わからない方が何人かおられました。

すみません(^^;

Twitterでも受付ます。フォロワーダイレクトメールでの
受付させて頂きます。


見学会は、10月25日(木)10時〜11時15分
10分前には管理所に集合です。

11時半〜12時半 かもしか荘で、ダムカレー(自由参加)

この記事に


見学会は 10月25日(木)10時〜  1、2時間程度
管理所・監査廊・発電所などの見学
集合場所、青土ダム管理所に9時50分までに集合。


一応、先着20名です。

また希望者が25名を超えた場合のみ
午前・午後の2回に振り分けをさせて頂きます。その場合、こちらで振り分けさせて頂きますので、必ず連絡先を教えて下さい。

申込みはゲストブックまたはコメントに内緒の機能をクリックして、必ず名前(ハンドルネームでもOK)と緊急連絡先のメール、電話番号を書いて申込みして下さい。連絡先がわからない方は見学をお断りする場合があります。急な連絡が出来ないからです。
うさの連絡先は、書いて頂いたメアドからご連絡いたします。


見学は、スニーカーなど動きやすい靴でお願いします。
サンダルやパンプスなどは不可

スカートも不可とします。

万が一の怪我や事故は自己責任とさせて頂きますので
また、職員さんの注意事項は必ず守って下さい。

トラブルが生じた場合、今後の見学会の許可がおりなくなる
おそれがありますので宜しくお願いいたします。


 

この記事に


明日、12日に10月の青土ダム見学会の案内と受付を
ブログで開始致します。日にち・時間・受付期間は明日ブログで発表します。またTwitterの方でも発表しますが、
受付はブログのゲストブックの方で内緒の機能をクリックして、名前と連絡先(メールまたは電話番号)記入で申込み受付ます。

今回、平日の見学会となります。青土ダムは特徴的な洪水吐で
有名なダムです。
イメージ 1


以前から見学をお願いされていた方と別にまだ人数余裕があります。一応、午前中20名の見学です。希望者が超える場合
明日からの応募の方の中で抽選かまたは25名〜40人になれば
午前・午後と半々に分ける予定ですが、その場合、午前午後の振り分けはこちらで決めさせて頂きます。40人に達したら締め切らせて頂きます。

見学会での万が一の怪我や事故は自己責任とさせて頂きます。
また、職員様の注意を守って見学できる方のみ受付ます。

この記事に


8月17日は記念すべき第20回目の滋賀&ダム友の会の見学会でした。うさが2012年から自主的見学会をするようになった最初の頃は、友達数人だったので、3人〜7人とかで見学していました。
それから、ブログを通してダム友さんが増えてきて、昨年頃からは10人を毎回超えるようになってきました。

見学会は滋賀県内以外でも、福井県の河内川ダムや岐阜県の内ヶ谷ダム、高知県の和食ダム、愛媛県の鹿野川ダムなどいろいろと管理所に申請して開いてきました。

そして、今年は滋賀県のダムをもっと知って欲しいと言う思いで
NHK大津放送に出てみたり、with Dam ★Night 2018 での
講演で滋賀県のダムを紹介してきました。

そして、6月30日の蔵王ダム見学会は募集人数15人のところ
1日で埋まってしまいました。

記念すべき20回目の野洲川ダムは、平日の見学会ですが、
17人集まりました。駐車場の関係などで15名募集でしたが
2名追加とさせて頂き、17人と多人数での見学となりました。

初めてお会いする方も数人おられて、ダム友さんが増えました。
ブログを見てと地元の地区センターの方?取材に当日来られビックリもしました。

愛知県・岐阜県・大阪・兵庫県と遠くからも参加して頂きました。滋賀県はダムは少ないですが、魅力的なダム、頑張っているダムなのでこれからも見に来て頂きたいと思います。

野洲川ダムはブログで見学会やいろいろと掲載してきましたが、
今回の見学の様子も写真で紹介したいと思います(#^^#)

見学会は10時〜で、9時50分までにハクナマタタさんの駐車場で集合して、乗り合わせでダム管理所に向かう予定でしたが、
連絡が行き届かず管理所に直接行かれた方もおられて、あわてましたが、10時過ぎにスタートしました。

管理所の入り口入ったフロアーで職員さんからパンフレットを
頂き、野洲川ダムの概要の説明を聞きました。

イメージ 31

イメージ 32


イメージ 1

そして、2階のダムコンのある操作室を見せて頂きました。

皆さん、写真を撮りながら見学を楽しみました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

管理所の窓からは野洲川ダムが良く見えます
春でしたら、越流している様子が見れたでしょう。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昔の野洲川ダムの写真が載った絵図がありました。

イメージ 9

赤いゲートがあった頃の写真です。
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

管理所を出てダムに向かいました。車でダムサイトまで移動しました。
イメージ 13

左岸フーチングの階段を降りて、監査廊に入りました。
見学会ように監査廊は出来ていなくて、中は再開発前からの建設当時の監査廊で階段もキツイのでと職員さんは言われましたが、
それでも見学を皆さん希望されまして、入りました。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 うさは、NHKさんの6月の取材の時に入っているので、2012年と合わせて3回目の見学となります。
古いダムなので、監査廊の幅は狭い方です。
イメージ 18

新しいダムはプレキャストで作っていますが、古いダムは木の型枠で造っていて型枠の跡があります。
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

漏水
イメージ 22

イメージ 23

建設当時の方の落書き、市川右太エ門(#^^#)
刀と番傘を持っておられます。ちょっと消えかかっています。
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

三角堰、この濾水はかなり鉄分かプランクトンが多い気がします。福島県高柴ダムの監査廊に震災後に入った時は、まっ茶色の濾水で監査廊床がドロドロ状態でした。よくダムが持ちこ耐えてくれたと思いました。
イメージ 28

石灰石のつららができています。
イメージ 29

イメージ 30

6年前の見学時は右岸側はしまで行きましたが、今回は多い人数なので、途中からUターンで、入った左岸側のフーチングまで戻りました。そして出たところでみんなで記念写真を撮りました。

ハクナマタタさんに、お昼12時からの予約でちょうどぎりぎり
間にあう時間となりましたので、見学会を終わりました。

今回、案内して下さった野洲川土地改良区(水土里ネット野洲川)の職員の門坂様、お世話になりました。改めて有難うございました。

ハクナマタタには15名で食事をしましたが、家族でされている喫茶店での15名の料理なので、かなり待ち時間が有りましたが、銘々ダムトークをして待ちました。

料理が来る前に、前回の蔵王ダムに参加されました、ねこまんまさんが今回参加できなかったのですが、儀式をして欲しいとの要望だったので、儀式をしました。

イメージ 33


儀式とは、乾杯のような事で、「飲んでますか?」と言うと「飲んでますよ!」とみんなで言うそうです。昼間ですので、もちろん水ですが(*^_^*)

2時半頃まで、OFF会をして解散しました。

 ↓は今回は配られなかった昔頂いたパンフです。
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36

イメージ 37

野洲川ダムは毎年2月から4月中旬まで雪解け水が自然越流していますが、今年は冬の雪が多かった事や雨も多かったので、
7月もまだ越流していました。
さすがに、見学会のこの日は越流はしていませんでした。
また、春の越流も見て頂きたいと思います。
ここは雪が多いところで、2月くらいまでは三重県からの鈴鹿スカイラインの道は通る事ができませんが、ダムサイトまでは
見にくる事ができます。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事