ピンズ広場

ピンズ・ピンバッジの情報交換、ピントレーディングの場として利用したいと思います

全体表示

[ リスト ]

5月9日(木)の抽選申込受付開始以降、12日(日)17時までに636万以上のアクセスがあったようです。皆様のご意見を反映したシステムの改善等により、5月11日(土)以降は、当初の混雑状況は解消した模様。私も個人的事情により申し込みが今日になってしまいましたが、待ち時間ほとんどゼロでした。

とりあえず、見たい競技だけとりあえず申し込みましたが、人気種目なため当選する確率はほぼゼロに近いと思っています。抽選申込受付は、申込順ではなく、5月28日(火)23:59までに申し込まれた方々の中から公平に抽選が行われるとのことですが、申込最終日となる5月28日(火)は、再び混雑が予想されますので、お時間に余裕があるときに、早めに申込手続を完了するようお勧めします。

さて、この抽選販売に最終的にどれくらいの方が申し込みをするのだろうか?私の予想では1000万人を超えるのではないかと予想している。果たして、人気種目の当選倍率はどのくらいになるか?

例えば、一番人気が予想される開会式のプレミアムチケットだが、席数は10万席と思われる。この内、海外枠、スポンサー枠、オフィシャルパートナーの販売枠を除くと一般に販売されるチケット数は半分の5万席程度ではないかと推定される。更に、この内今回の抽選販売枠は半分の2万席から2.5万席ほどではないでしょうか。一人の申込者が2席平均の申込むと当選者数はつまり1万人。抽選申し込み者全員が開会式のチケットを申し込むと当選確率は1万人/1000万人、つまり1000倍の確率(0.1%)と言う計算になる。

更に言えば、人気が集中する席種はとりあえず価格が安い席に向くことが予想されます。特に「東京2020みんなで応援チケット(12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループ )」は超お買い得なので申し込みが殺到しそうだ。と言うことで、高額なチケットが意外にも敬遠されがちになるので当選確率が高いかもしれない。

まあ、とりあえずオリンピックの雰囲気を味わえればいいという方には、日本では馴染みのない種目や予選種目を申し込めば当選活率は飛躍的に上がると予想されます。私も、最終的には再度観戦日程を考えて見ようと思っています。

イメージ 1
東京2020オリンピックでは馬術競技が世田谷区のJRA馬事公苑で開催されます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事