ピンズ広場

ピンズ・ピンバッジの情報交換、ピントレーディングの場として利用したいと思います

全体表示

[ リスト ]

IAAF(国際陸上競技連盟)ワールドチャレンジ第3戦「セイコー・ゴールデングランプリ大阪」が5月19日、ヤンマースタジアム長居で開催されました。

男子100mは、ジャスティン・ガトリン(米国)が追い風1.7mの中、10秒00で優勝した。日本勢トップは、日本人初の9秒98の記録を持つ桐生祥秀。ガトリンと最後まで競り合い、10秒01のシーズンベストで2位に入った。終盤まではトップの好走だった。日本人選手では小池祐貴が、自己新となる10秒04で4位となったが、期待の山縣亮太は、10秒11で5位に終わった。

日本人の現役選手のランキング
9秒98  桐生祥秀
9秒99  サニブラウン・アブデル・ハキーム
10秒00 山縣亮太
10秒04 小池祐貴
10秒07 多田修平
10秒08 飯塚翔太
10秒08 ケンブリッジ飛鳥

誰が東京2020オリンピックの100m代表に選ばれるのか?リレーメンバーには誰が選ばれるのか?
日本陸上短距離歴史の中、希に見るレベルの高い争いになっている。
もしかしたら、この中からファイナルリストが現れるかもしれない。
東京2020のリレー4×100mではメダルも期待されるだけに今後のレースにも期待が高まりますね。

イメージ 1
SEIKO(セイコー)「Grand Seiko」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事