ピンズ広場

ピンズ・ピンバッジの情報交換、ピントレーディングの場として利用したいと思います

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

女子W杯2019

日本サッカー協会(JFA)は10日、6月7日から開催されるFIFA女子ワールドカップ2019フランス大会に臨む日本女子代表メンバー23名を発表しました。私が大好きな、DF鮫島彩選手(INAC神戸レオネッサ)、AC長野パルセイロ・レディースのFW横山久美選手も順当に選ばれました。活躍を期待したいですね。

なでしこジャパンが女子W杯を制した2011年当時から、世界の女子サッカーは大きく変化しています。強豪・アメリカに加え、欧州もさらに強化を進めています。今回の女子W杯での優勝候補はホスト国のフランス(FIFA女子ランキング4位)を筆頭に、FIFAランク1位のアメリカ、2位ドイツ、3位イングランドの順で続くのではないかと見られている。FIFAランク7位のなでしこジャパンは、昨年のAFC女子アジアカップとアジア競技大会で二つのアジアタイトルを手にして自信を深めているのですが。。頑張れ!ニッポン!

イメージ 1
日本サッカー協会(JFA)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本物と偽物

ヤフオク、メルカリ、ebayなどを見ても東京2020オリンピックに関するピンズが多数出品されています。
しかしながら、残念なことに怪しいピンズ(偽物と思われるもの)が多数出品されています。
手前味噌かもしれませんが、私の様なピンズのプロでも偽物に引っかかってしまうことも度々です。
今後もその手のピンズに触れさせていただきますので、当ブログを宜しくお願いいたします。


イメージ 1
東京2020オリンピック・パラリンピック ゴールドパートナー「NTT Communications」
左側が本物(31mm)、右側が偽物(37mm)、実物を見ると判るが写真だけでの判断は困難だ。

イメージ 2
NTTシリーズ3種(NTT Communications、NTT、NTT東日本)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「東京2020公式チケット販売サイト」・・・まぁ、、、ある程度予想できたが案の定だ!!

2020年東京五輪で国内在住者向けに販売するチケットの抽選申し込みが始まった9日、公式販売サイトにアクセスが殺到した。大会組織委員会によると、午後5時までのアクセス数は約130万件で、つながりにくい状態が続いたようです。待ち時間が数時間に及ぶため、暇人しか対応できない。しかも、wi-fiが無い環境では厳しいので、自宅で悪戦苦闘するには寝ないでやるしかないのか!!!

しかも、開閉会式や日本人の金メダルが期待されるような人気種目になると申し込みが殺到するだろう。開閉会式に至ってはほぼ全員が予約申し込みをするのではないかと推定される。開閉会式の会場の席数が10万席とすると、今回の抽選販売の席数はどれくらいなのだろうか?。先着順の販売枠、外国人枠、スポンサー枠等々、今後の販売予定を考えると、今回の抽選枠は2万席程度と考えられる。申し込む人が平均2枠申し込むと考えると当選者はその半分となる、当選する確率は宝くじに当たるより難しいかもしれない。

オリンピックの雰囲気を味わいたいだけなら、人気のない種目や予選試合をターゲットに申込むのもひとつの考え方になるのではないかと・・・皆さんの幸運をお祈りいたします。

イメージ 1
東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー「三井住友銀行」ステッカー
ノベルティーのステッカーですが、これが全部ピンズになったら嬉しいなぁ〜。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年5月9日から日本国内住民向けに、公式チケット販売サイトで抽選申込受付が開始されました。
当然のことであるが、抽選販売となるので、人気種目に申し込みが殺到することは想像できる。
例えば開閉会式のような人気種目になれば、数百倍?数千倍?の倍率になることが必至であろう。
とりあえず東京2020オリンピックを味わいたい!と思えばチケットの入手も容易ではないかと・・・
あえて人気にならない予選種目に標準をあわせるのもチケット購入の極意かもしれない。

1998年長野オリンピック時も同じような経過だった。
先ずは抽選販売、次に早い者勝ち、最後に余ったチケットを購入、直前購入に美味しいチケットも。。
長野オリンピック時は抽選ははがきでの応募だったと思うが、希望種目は全く当たらなかった。
今回のようなネットでの対応であれば尚更だと思うが、30枚申し込んでも1枚でも当たるかどうか疑問。

チケット入手には、他の方法もあります。
例えば、東京2020オフィシャル旅行サ−ビスパートナーの「東京2020オリンピック公式観戦ツアー」
スポンサー企業の抽選に応募するなど、チケットの入手方法は様々です。
皆さんの幸運をお祈りします!!!

イメージ 1
ワールドワイドオリンピックパートナー「コカ・コーラ(ボトル)」

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いよいよ明日(令和元年5月9日午前10時)から東京2020公式チケット抽選販売が始まります。
受付は5月28日までなのであわてる必要もないと思うし、申し込み順でもないので慌てる必要もない。
じっくり考えて見たい競技を申し込めばいいと思います。

長野オリンピックの時も、最初は抽選販売でしたが、見たい競技は正直なところ当たりませんでした。
人気が予想される開閉会式や日本選手のメダルが期待される種目は倍率が高くなるのは必至でしょう。
また、席種によっても倍率が違ってくると思われます。
万一当たった場合はそれぞれのチケットの金額を支払わなくてはならないので慎重に申し込みたいですね。

イメージ 1
ダイカットピンバッジ(東京2020オリンピックマスコット)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事