波のり人になりたくて

波乗りとヨーガからスピリチュアルな力を与えられた私。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

本音

 遠い昔、本当の友達と言える存在が欲しかった。

 友達は喜びも悲しみも分かち合ってくれて、泣いたり笑ったりを共有出来る特別なものだ。そんな存在がいたらきっと毎日は意味深くて、心強く過ぎていくに違いない。

 心の中ではそう強く求めているのに、どれだけ時間がたっても私には友達を作ることが出来なかった。ちょっとした友だちは一杯いたけれど、本音を恥ずかしげもなく語れる友達では決してなかったのだ。

 私には本当の自分を隠すという長い間の悪癖があった。本当の自分を知られるのが怖くて、本音が言えなかったのだ。それは誰かにだけではなく、自分に対しても同じことをしていた。

 いつも怯えて生きている自分と向き合うには勇気が必要だ。何が起こったから自分はこんな感情を抱き、それがこのように自分を苦しめている。それを見つめるには全ての記憶をもう一度たどらなくてはならない。痛くて苦しいいばらの道の上を心は歩かなくてはならないのだ。

 苦しいとき、人に苦しいと言えなかったのは、苦しいという自分自身の感情を理解する心が足りなかったから。苦しい記憶を麻痺させて見ないようにすることで、自分を守っていると錯覚していたのかも知れない。

 何のために生まれてきて、どんな夢を持てばいいのか。そんな疑問に悩まされながらも、心は安心したくて、喜びたくて、感動したいと強く思う。

 私の無表情でクールな顔つきとは裏腹に、屈託のない笑顔をいつも見せられる自分を喉から手が出るほど欲していたのだ。

 あれから沢山の経験をして、私の心は癒されていった。人の心に触れ、自然に触れ、私は安らぎを取り戻していった。

 今思うと、友だちがいないから、心を開けなかったんじゃないんだよ。
ただ、私が自分を見つめようとしなかっただけ。それをする勇気と自分を大切に思う気持ちが足りなかっただけだ。

 もしもあの時心を見つめて苦しんでいる自分を理解してあげられたら、私はもっと楽になれたのだと思う。苦しみの大きさや悲しみの深さを知って、それを深く理解し抱きしめてあげられたはずだった。

 だけど、それも経験なんだよね。
そんな自分がいたから、人の痛みが良く分かる。

 そんな自分がいたから、今本当の友達と言える人たちに巡り合えたのだから。

 まずは、自分の心の良き理解者になること。
心の中にさびしがり屋さんがいて、そのさびしがり屋さんが怯えているなら、どうしたの?何がそんなに私を悲しませているの?と、聞いてあげて欲しい。

 寂しがり屋さんはいつでもそれを待っている。
怯えた心でいるってことを早く知ってもらいたいんだ。

 
 

 

 


 

出張に行く途中で。。

イメージ 1

 特急の車窓で見たこの景色は、しばらくの間不意打ちのように驚きの気分を与えてくれた。

 本当は反対側の窓の向こうに夕日が沈んでいたはずだった。

 左の窓際に座っていたのだけれど、隣に座っていた見知らぬ人が右の窓にくぎ付けになっていた。

 向こう側のシートが邪魔で窓の向こうが端っこしか見えない。でも、その端っこがオレンジとピンクが入り混じった美しい色をしている。

 この時間には右側の席に座るべきだったのかも…と、ほんのちょっと残念な気分になる。
夕日の美しい日は一年の中でもそう回数はない。その限られた一日を私は逃してしまったのだから。

 そうは思いながらも、首を長くして夕日を眺めようとしていた。。
もしかしたら、ちょっとは見えるかな。。

 どんなに腰を浮かしても、どうしても見たい夕日が視界に入らない。
その周りはいかにも美しいことを訴えかけている空の色なのに。。


 しばらくそうしていると夕日は大地に落ちてしまった。

 私はようやく諦めて左の窓に視線を戻した。。
 
 すると、どうだろう。。

 特急が方向を変えて私にこんな素晴らしい景色を見せてくれたのだ。

 夕日の沈んだ後の残像。。 

 東京の夕方がこんなに美しかったなんて。。

 神様はちゃんと、私の一番好きなビジョンを最後に見せてくれたよ。。

 

今年のお盆

イメージ 1

 今回のお盆は東京の生徒たちと過ごした。

 しかも、ひとりひとり。。

 私は最近、私の側近の生徒にだけお泊まりパックというのをやっているのだが、

 ヨーガと、ヒーリングと、相談と、今回は夏なので自然に触れてもらいたくて私の大切な友人であるプロボディーボーダーNAOによる波乗りのスクールと、極めつけはリバーサイドウォーキング。

 都会で溜めたストレスを発散し新たに前向きなマインドに戻すこと。女性なら代謝のグレードアップに繋がり、大自然から感じるエネルギーが細胞を変化させる。。

 帰る日の彼女たちは生まれたての子供のように美しい表情をしていた。。

 
 写真は昨日の宴のテーブル。。

 野菜は朝の取れたてのものばかりで右上から9種類の夏野菜えをニンニクとオリーブオイルで炒めて作った温野菜サラダ、その下が砂肝のピリ辛イタリア〜ノ!?、左にある豆の味が濃厚な地元豆腐の上に地元手作りの格別キムチが載ったのがキムチ豆腐、、それにお刺身。。

 かなりの量を作った筈なのに、二人の女性で平らげました。。怖。。。

 
 私が彼女たちに望んでいるのは一つだけ。。

 子供の頃の夢や希望を忘れない大人になって欲しいということ。

 
 大人になれば自分を殺さなければならない瞬間が増える。
 大人として虚勢を張らなくては認めてもらえないのが社会だったりする。

 だけど、それと同じくらい、純粋なままの自分も宝なんだよね。。
 子供のままの要素がいくつになっても残された大人こそ大きな価値があり、これからの時代を作り上げられるものだと思っている。

 信じる心や、美しいと思える心。
それらは何を語らなくても、自分自身を明るく照らし特別なオーラを解き放つ力をくれる。


 だから、いつも幼いころに感じた感傷、ときめき、学びの全てをを思い出して、今に繋げて欲しい。

 疑いなく悲しみ、疑いなく喜び、疑いなく怒る。
 それは深い部分に隠されている本当の自分の本質と向き合い、それを浮きぼりにしているということの証明だと思うから、本当の自分を表現することを諦めないでね。

 たった一泊二日のお泊まりパックだけど、そうして相対して家に帰る時の君たちの顔を見ると、三日も四日も一緒にいたような大きな充実感を得られて私は大満足しているよ。。

 
 楽しいひと時を、私自身の心の成長を与えてくれて本当にありがとう。。

 長いこと私のために協力をしてくれているNAOちゃんにも心からの感謝です。

 

グリーンカレー♪

イメージ 1

 これが噂のグリーンカレー。

 いつも一宮ヨーガツアーには必ず作る一品だ。

 この間のツアーで食べそこなってしまって、忘れられない思いがこみ上げて思わず今日のランチに作ってしまった。


 やっぱり美味しい〜♪

 幸せのひと時でした。。 

昨夜の満月

イメージ 1

 昨夜は満月だったね。

 今回の満月はかなり威力が強かった〜アドレナリン全開にさせられたもの☆

 で、その満月を写真に写したんだけど、空を見上げたら月の周りに大きな虹が出ていたの。

 肉眼ではそうだったんだけど、写真にするとちょっと違うね。

 でも、月の右側を見て。

 どなたかいらっしゃって下さったみたい。。

 ようこそいらっしゃいました。。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事