波のり人になりたくて

波乗りとヨーガからスピリチュアルな力を与えられた私。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

台風のうねり♪

 今週の月曜日は久しぶりに台風の感触があったね。東京での仕事の後にだんだん雨風が強くなって、私の家の周辺は電車も止まったらしい。

 この日はもう帰れないだろうと帰るのを諦めて生徒たちと夕方早々によく行く居酒屋へ。つまみを片っ端から頼んで、お酒もたしなんだ。

 みんなとの会話がひと段落してふと窓の外に目をやると…あれ?雨がやんでいる。しかも、風も静かだ。

 帰れるかも〜♪今夜帰れたら明日のうねりに乗れるかも〜♪

 そそくさとお会計を済ませてみんなにさよならを言う。そこからは一目散に駈け出して最終の特急に乗ることだけに全神経を集中させる。乗れなかったら元も子もないもんね〜☆

 という訳でその夜は無事に家にたどり着き、翌日はホームグラウンドを離れて台風のうねりが形よくブレイクしているはずのポイントに車でひた走った。

 感は的中。思い通りのタイフーンスウェル♪神様からの贈り物だ!!

 神様からの贈り物はそれだけではなかった。その沖で会ったのは数年ぶりに再会した懐かしい顔だった。このブログでも紹介している恐ろしい大波に乗る男の顔だったのだ。

 まるでノースショアにいるような錯覚に陥っていた。晴れ渡った空とそのポイント特有の水色の海とヨーガを共にノースショアを頑張った仲間の顔。あの頃の笑顔そのままだ。

 嬉しくて楽しくて仕方なかった。我々は無言の了解というコミュニケーションの中で動けなくなるまで波に乗り続けた。

 ふと気付いた時、男の姿はなかった。しかし、私の中を同じ空間を共にした記憶が満足感で一杯にしていた。これが良いんだよね。言葉じゃない。いつ再会してもこの間あったみたいな感覚が。

 そして、もう一度気がついた時は夕方になろうとしていた。
あ…、ちょっとやり過ぎたかも。。心は昔のままでも体は現役の頃とは違ってるんだった。。

 その夜は夢も見ることなく、寝返りを打つこともなく朝を迎えたのは言うまでもない。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事