山で会えたら

3/9は雄国山に行きました。

全体表示

[ リスト ]

紅葉の癒し渓のはず、こんなヤブコギ聞いてないよ〜の巻き

会津駒辺りでも紅葉が始まったのなら、尾瀬もいいんじゃないかと言う事で、笠科川スリバナ沢に行く事にしました。
鳩待峠へ向かう道を津奈木橋のところで坤六林道に入ります。
入渓点の笠根橋手前600m、少し路肩が広くなっている所に車を停めました。
先週の靴擦れもようやく癒えました。

さて、笠根橋で入渓準備して橋の向こう側から沢に下ります。

イメージ 1
今日の方が天気は良かったはずじゃないの?段々晴れてくるのでしょうか。
入渓10分ほどで最初の滝。

イメージ 2
次も登り易い。

イメージ 3
滝は容易だけど釜は深くて大きいものが多かったです。

イメージ 4
結構ヌルヌルします。

イメージ 5
次々と滝がかかって面白い。

イメージ 6
左奥にかかる滝は枝沢でした。
入渓してから1時間15分で「スリバナ沢と本流との出合」に到着。右のスリバナ沢に入ります。

イメージ 7
スリバナ沢最初のナメ滝。

イメージ 8
次の滝。

イメージ 9
小滝が連続。

イメージ 10
「さあ、この釜はどっちからへつる?」相方が待ち構えていて、まるでクイズの出題者のようにニコニコ。

イメージ 11
沢の中も紅葉してました。

イメージ 12
小滝がホントによく続きます。
水量が減ってくるとボサが被りだし歩きにくくなりました。やっぱりマイナーな沢はコレがあるね〜。
1740mで右に枝沢(3:1?)を分け、すぐに(1:1)の二俣。右に入りました。
この辺りまでは予定通りだったと思いますが。

イメージ 13
こんな風に笹が被っても窪がある内はまだ歩けますが、窪が消えたらヤブコギするしかなくなりました。
標高差にして100mくらいで登山道に出るはず。
傾斜も緩いし、ヤブコギにしては楽な方だと思いますが、久しぶりなのでもうヘロヘロのドロドロです。
稜線に出てもなかなか登山道が見つからず不安になりました。すると小笠のピークが見えたんです。
もっと笠ヶ岳方向に出るはずだったのに失敗じゃん!
大した距離じゃないですが、40分もヤブコギしてしまいました〜。

イメージ 14
笠ヶ岳へ向かいます。ガスっているので頂上はパス。もう時間もないし、そんな元気も残ってないのでガスで助かり(?)ました。片藤沼と山頂直下の紅葉を見ながら休憩。

イメージ 15
笠ヶ岳は岩ゴツゴツですね。

イメージ 16
片藤沼に到着。左から回り込んで湿原の下から下降します。
晴れていればもっと奇麗なのかなぁ。

イメージ 17
笠科川本流下降の開始。殆ど滝がありませんでした。
沢の中の石が大変滑るので、この下りは辛かった〜。

イメージ 18
唯一滝らしいところ。1600mくらいに下りてくるとナメも始まり歩き易くなりました。

イメージ 19
下降開始から2時間20分くらいでやっとスリバナ沢出合。あともう少しと言いたいがこれからも結構あります。

イメージ 20
無事、笠根橋に帰ってきました〜。

イメージ 21
赤がGPS軌道で青が予定のルートです。窪につられたのか1750mくらいからルートを外れてます。ヤブコギするときはコンパスを振るべきなのでしょうね、やっぱり。

笠根橋(6:50)=タル沢出合(7:10)=本流分岐(8:05)=1665mで休憩(9:15〜9:30)=登山道(11:40)=笠ヶ岳直下でお昼=片藤沼(1:05)=スリバナ沢出合(3:15)=笠根橋(4:30) (休憩も適宜。)


閉じる コメント(16)

沢から見上げる紅葉もきれいですね。
でも沢の水冷たくないですか?
ところで、素朴な疑問なんですが、「ヤブコギするときはコンパスを振るべき」とはどういう状況なのでしょうか?

2009/9/28(月) 午後 1:35 tho*a*3no*ama

顔アイコン

ちょっと寒そうなお天気でしたね。
しかし今年は紅葉が早いですね。去年は10月半ばで尾瀬の紅葉がちょうどよかったので10月3連休に考えていましたが、今年はもう終わってるでしょうね。どうしようかなあ?
ヤブこぎ40分はつらいですね。お疲れ様でした。

2009/9/28(月) 午後 6:39 nincabe

顔アイコン

そろそろ水も冷たい頃ですね。尾瀬の近くで紅葉のしはじめということは一週間後は、盛りですね。道なき笹薮を掻き分けるシーンは???実際道がなかったわけではなかったのですね?熊の心配はないのでしょうか?毎回楽しに見させていただいていますが、無理をなさらぬよう楽しんでください。

2009/9/28(月) 午後 9:02 [ 孫六 ]

顔アイコン

尾瀬は紅葉が調度良かったようで羨ましいですね。 片藤沼には洗ノ沢から登れないかと考えていましたが、笠科川のスリバナ沢ならそれ程離れていないので手頃かもしれませんね。 10月連休では遅いかなあ…

2009/9/28(月) 午後 10:29 藪やさん

顔アイコン

う〜ん。どこで見つけるんでしょうか?
このようなコース?
謎だ!

2009/9/28(月) 午後 10:40 bunazuki

とーますさん、説明不足でしたね、ごめんなさい。ヤブコギでは真直ぐ進んでるつもりでも方向がズレテきてしまう事があるので、コンパスで方向を確かめつつ進む必要があるなぁと言う事です。あっ、GPSも持ってるんだからナビゲーション機能を使えばいいですよね。

2009/9/29(火) 午前 10:03 山で会えたら

nincabeさん、行く前は笠ヶ岳からの眺望も楽しみにしてましたが、幸か不幸か曇天でした。今年の紅葉は各地で早いと聞きますね。
ヤブコギは本来なら、もっと短くて済むと思います。全然ないと思っていたので心の準備が足りませんでした。

2009/9/29(火) 午前 10:10 山で会えたら

孫六様、稜線にたどり着いても登山道にぶち当たらなかったので、見落としたのでは?と思いましたが、少し北側にありました〜。
沢では登りも下りもクマ除けに笛を吹いていましたよ。クマは怖いです。

2009/9/29(火) 午前 10:15 山で会えたら

薮やさん、洗ノ沢って楢俣湖の方なんですね。どんなプランになるのでしょうか?楽しみですね。
スリバナ沢は大滝はないけど登るのは楽しかったですよ。本流の下降は私はもういいです。

2009/9/29(火) 午前 10:24 山で会えたら

ぶな好きさん、以前ケサ丸沢を検索していた時に見つけたHPで記録がありました。「帝釈山脈の沢」(白山書房)に遡行図もあったので行ってみました。そのHPのアドレスはhttp://www.geocities.jp/keiina3/index.htmlです。

2009/9/29(火) 午前 10:35 山で会えたら

顔アイコン

さすが、紅葉も早いですね、もう水も冷たいんじゃないですか?
やっぱり様になってる〜〜

2009/9/29(火) 午後 9:58 [ yali3180 ]

顔アイコン

尾瀬の沢もかなり行かれてますね〜
尾瀬は全体的に癒し谷が多いんでしょうか?
ヤブから登山道に抜け出る瞬間は、ホントにホッとして開放感に浸れるけど、やはりヤミツキにまではなり得ませぬ(笑)

2009/9/29(火) 午後 10:07 はなゴン

yaliさん、今年は紅葉が早いみたいですね。
水はネオプレンソックスを履いていても冷たく感じました。あ〜もう今年の沢も終盤か…。
様になってるってヘルメットとハーネス付ければ誰でもそれなりに見えますよ〜。

2009/9/30(水) 午前 8:55 山で会えたら

はなごんさん、スリバナ沢もロープ要らずの癒し渓でした。難しい沢もあるのかも知れませんが、そんな所にはよう行きません。岩も脆くない点がいいです。ヤブコギは笹100%ならまだ楽な方ですよね。

2009/9/30(水) 午前 9:01 山で会えたら

顔アイコン

素朴な質問! あ、yaliさんも書いてるぅ
夏は涼しそうって思ってみていましたが、今見ると何だか冷たそう★
水温何度ぐらいまで、やれるもんなのですかぁ?

2009/10/3(土) 午後 11:28 kai*you**oshik*

アセロラさん、計った事ないけど、10月も後半はキビシイかも。
今年はまだもう少し行きたいですが…冷たい時はハイキングにスイッチできるよう登山靴も車に積んで行く事にします。

2009/10/5(月) 午前 10:57 山で会えたら


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事