桜の独り言

LUNA SEAと松田龍平をこよなく愛してます!多少病的気味ですがヨロシク!(爆笑)(*ノωノ)キャー

全体表示

[ リスト ]

世界はときどき美しい

イメージ 1

やっとやっと!!!見にいけました!
龍平君の映画が公開してなかなか見にいけなかったよ・・・。
見に行きたかったけど・・・本当に機会がなかった。
この日に行く!!!って決めていかないとなかなか行けないもんだね。
はい。今日も一人映画でしたよ☆

「世界はときどき美しい」は5つのショートストーリーからなるオムニバス映画。
私の大好きな山も谷もないお話です。
第1章 世界はときどき美しい
まず一番最初に目に飛び込んできた色の鮮やかさは素晴らしかった!!!
みずみずしいほどのグリーン。
一気にリラックス☆
このお話は一人の女が年をとっていき、ふとした出来事で老いて行く自分を見つめるお話。
自分に衰えを感じたとき、それまで気にも留めなかった道端の雑草に手を伸ばすようになった。
「こんな雑草にも名前がある」そしたらもっともっと愛着が湧くようになった。
大勢の中の一人だけど、自分っていう人間を認めてあげられるようになった。
老いて行くことに悲しんだりしない。
年齢に見合った体があることが当たり前だから。
「自分を認める」素晴らしいテーマだよね。

第2章 バーフライ
舞台は大阪。
セピア色の世界。
一人の「蝿男」と呼ばれている飲んだくれの男の話。
私はあまりこのお話しは理解できなかったけど、この男の一言がすごく衝撃的だった。

「目を閉じて気を失っていれば明日になっている」

あぁ・・・なるほどな。
悲しいときもある。苦しいときもある。辛いときもある。
どうしようもないとき・・・目を瞑れば明日が来る。
「逃げ」かもしれないけど、抱え込みずぎる現代人への最高のメッセージなんじゃないのかな?

第3章 彼女の好きな孤独
「私は彼が好きなのだろうか?」
哲学的な彼女のお話。
とっても不思議なお話なんだけど、ただ一つ納得しちゃうのは
「いつも甘すぎると思うのについつい買ってしまうコーヒー」
皆さんもそんな経験ありません?
コーヒーに限らず、何か別のものとかで。
私はあるなぁ。
そしてその彼女の思うことがコーヒーと彼氏がイコールのように感じる。
「もうこんな男とはつきあわないぞ!!」って思うんだけど、結局似たような男と付き合っちゃうみたいな(笑)

第4章 スナフキン リバティ
これ☆龍平君の主役のお話♪
鮮やかな緑が目を楽しませてくれる。
天文台に勤務する柊一は妊娠中の彼女が居た。
避妊のしくじりで出来た子に、柊一は父親になる実感がわかない。
好きな彗星を追っかけていたい柊一に恋人の朋子は不安を覚えていた。
朋子の器の大きさに私は感心しちゃったな。
なかなか天文台から家に帰ってこない柊一に不満はありつつも、近くの駅まで送りながら彼女は彼に言います。
「早く帰ってきてね」
彼女の言い方がまたすごく切ないんだ。
不満はあるけど好きだから。待ってるしか方法はない。
スナフキンみたいに自由に好きなことしてる貴方が大好きだから。
そんな感じに取れた。
そんな彼女の言い方に「今生の別れみたいな言い方するなよ」って優しく笑いかけ手を振る。
「明日帰るよ」
彼に彼女の気持ちは伝わったかな☆
例え別々の場所に居ても動く地球の速度を彼女と一緒に感じているんだ。。。
彼の答えかな(*´∀`*)

第5章 生きるためのいくつかの理由
こちらの色彩も色鮮やかで美しい。
花乃子は一人暮らし。
父の墓参りで実家に帰省した。
そのときに感じた母の老いと老後を思いやる。
「私は母のことを何も知らない」
当たり前の存在、当たり前にあるもの。
「何か」を彼女は深く慈しむ。
毎日を丁寧に生きるってこういう事なのかな・・・って感じた。


どの作品も映像が本当に綺麗で、音楽も耳に心地よい。
肩の力がふっと抜けて、心があったかくなる映画でした。
まだまだ公開してますので、機会があったら見に行ってみてください☆

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

へえ〜何かいい感じだね、読ませてもらってるだけで、穏やかな時間過ごせそうな感じしたよ。

2007/4/30(月) 午前 0:11 banimi 返信する

顔アイコン

banimi姉さま>これはねぇ、「今日のできごと」みたいなほんとに何気ない日常のお話みたいな感じだよ。こういうの大好き!!!気持ちがまっさらになれたよね

2007/4/30(月) 午前 8:33 pirika55nyannko 返信する

顔アイコン

あーーーその二つの台詞に胸射抜かれた!!!ください!メモします!「目を閉じて〜」「いつも〜」ああ〜いいっ!!! 削除

2007/4/30(月) 午前 8:50 [ きんぎょ ] 返信する

顔アイコン

5つのエピソードだと1つ30分ぐらい?短い中に上手く言いたいことが伝えられているみたいですね。日常ってすぐ側にあるけど以外に気がつかない存在かも、、。

2007/4/30(月) 午後 5:58 [ ぱお ] 返信する

へ〜pirikaさん、山も谷もない話が好きなんだ〜。私も嫌いじゃないです。龍平君って雰囲気ありますよね。なかなか良さそうな映画ですね。

2007/4/30(月) 午後 6:47 Jimmy 返信する

顔アイコン

金魚ちん>何気ない一言こそ大きな意味が詰まってることってあるよね?

2007/4/30(月) 午後 8:34 pirika55nyannko 返信する

顔アイコン

ぱお様>これね、5つで70分なの。ほんとショートストーリー☆あっという間ですよ!!!日々の喧騒に忘れがちな何かを思い出させてくれる作品だと思います☆

2007/4/30(月) 午後 8:36 pirika55nyannko 返信する

顔アイコン

じみ〜さん>もう公開して1ヶ月です^^;関西でもやってるのかなぁ・・・。優しい気持ちを引き出してくれる作品が好きなんです。そういう映画って結構山も谷もない話の方が多くないですか?思わず微笑んじゃう・・・っていう。そんなのがいいです。龍平君はその雰囲気だけで微笑んじゃいます☆

2007/4/30(月) 午後 8:37 pirika55nyannko 返信する

へぇ〜こんなオムニバス映画やってるんだね。最近観たのはアンフェアなんだけど(そっち系が好きなんで) ところで背景いつから変わってたっけ?春らしくていいなぁ〜って思ったらHIBIYAアカデミー提供なんだ(職業柄、反応しちゃいました^^)

2007/4/30(月) 午後 8:43 Tomoko 返信する

顔アイコン

Tomokoさん>ちょっと前から背景かえてたよ〜☆ うん。龍平君の映画はチェックなんで。龍平君が出る映画でこういった感じの映画が一番好きなんだ~☆

2007/4/30(月) 午後 10:03 pirika55nyannko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事