ここから本文です
Photograph Theater
念ずればいつか花開くのだ。

書庫全体表示

野鳥と狸と野良子猫

 
     2013年12月11日。13/12/11と語呂がイイ、と思った一日。寒さは増してきたが、鳥がいない。
 
 
イメージ 1
 
     久々に出合ったオナガの群れ。10羽以上の集団飛行だったが、画角の関係で4羽のみ。
 
 
イメージ 2
 
     カワラヒワは高い位置からなかなか降りてこないので、観察していると首が疲れる。
 
 
イメージ 3
 
     目撃はするのだが、いつも暗所なので撮影する気にならないカワセミが、今日は少し明るい所に。
 
 
イメージ 4
 
     木の中にある宝探しに夢中のコゲラには、声を掛けることを控えた。
 
 
イメージ 5
 
     狸の親子だろうか、久々に姿を現したのでしばらく観察してみた。
 
 
イメージ 6
 
     どうやら疥癬症に罹患しているらしいが、以前に出合った気の毒な個体とは違うようだ。
     親子ともに胴体の毛は抜け、象のような皮膚が露わになっていて可哀想だった。
 
     ※注) 関連記事には、側面から撮影した疥癬症に罹患した気の毒な狸の画像があります。
 
 
イメージ 7
 
     いつもの野良子猫アン&ドゥは、疥癬症にならないでほしいと願うばかりだ。
 
 
イメージ 8
 
     ゆっくりおやすみ。
     

  • コゲラの声が大好きです‼︎
    お写真…美しいです…
    狸も疥癬症にかかるのですね…(>_<)
    感染するので心配です(T_T)
    これからの極寒の季節みな元気に過ごして欲しいです‼︎
    最後のお写真本当に可愛い‼︎
    アンちゃんとドゥちゃんぴろしさんに大好きって言ってます♪♪

    [ - ]

    2013/12/12(木) 午前 0:34

  • おはようございます。

    オナガの集団・コゲラ・カワセミ・たぬき・子猫。。。可愛い仕草ばかりですね。・・・ナイス!

    さつき

    2013/12/12(木) 午前 6:26

  • 顔アイコン

    おはようございます。
    過去の「疥癬症に罹患している」のも拝見しました。
    私は猫のあのような写真を躊躇してupで撮れませんでした。

    いつものストーリーも良くて 更に今回はタヌキも加わり
    カメラ機材を持った人間を恐れず 仲間の様な感じは まさに自然の中に同化されています。

    ここまでの域に到着するまでのことを考えると・・・・・
    誰かが言っていた 「慣れとAFの早い機材があれば撮れる」なんてありません。

    (野生はすぐに逃げ隠れて全く撮れない私の思いです)

    [ mira ]

    2013/12/12(木) 午前 7:15

  • 狸の親子は珍しいです!北海道ではまず遭遇しません☆彡
    アンドゥちゃんの寝顔、幸せになれました。ありがとうございます^_^

    [ yukn ]

    2013/12/12(木) 午後 2:30

  • 顔アイコン

    狸・・正面から撮ると、絵に描いたような狸面ですね〜
    2羽もこちらを見つめて、かわいらしい・・胸の辺りの毛が抜けてるようですが、食糧不足かな?早く直って欲しいものです^^)

    [ backdrop ]

    2013/12/12(木) 午後 4:34

  • 顔アイコン

    カワラヒワは、やはり翼を広げた姿が良いですね!羽の黄色が素敵。
    疥癬タヌキ、こちらでも良く見かけます。
    以前、野良猫が心配で確認したところ、犬・タヌキと猫の疥癬症の原因となるダニが違うそうです。
    犬・タヌキはセンコウヒゼンダニ、猫の疥癬症はショウセンコウヒゼンダニだとか。
    タヌキはとてもカワイイ動物なので、良くなることを祈ってます。

    [ たるねこ ]

    2013/12/12(木) 午後 10:34

  • 顔アイコン

    みなさま、こん○○は!
    いつもご訪問&コメント、そしてナイス!をくださり有難う御座います。

    ●yusanさんへ
    コゲラの“ギーッ”って鳴き声がお好きですか?なかなかユニークですねー
    それとも、木を叩くドラミングでしょうか。
    疥癬症はダニですから、大変かわいそうですが自然治癒は期待できませんね。
    私のアイドル、そしてドル箱スターになるかもしれない野良子猫たちは、
    去勢手術後に大人になったような雰囲気になりましたね…

    ●さつきさんへ
    こんばんは。
    寒さをこらえて出掛けてみても、なかなか野鳥に出合えません。
    目まぐるしく変動する気候と汚染された大気の影響があるのかもしれませんね。

    [ ぴろし ]

    2013/12/12(木) 午後 10:52

  • 顔アイコン

    ●miraさんへ
    こんばんは。
    カメラを向けることに躊躇することが稀にありますが、大抵開き直って撮影しています。
    野生動物たちを撮影するにあたって、気を付けていることが一つあります。
    最初に観察する際は、なるべく目を合わさないようにさり気なく背中を向けて、
    関心が無いように装います。これが意外に効果があるようです(もちろん、
    そのまま視界から姿をくらませてしまう個体もいますが
    カメラを向けることに慣れてくれればシメタもので、面白いほど自然な姿を見せてくれますね。
    カメラ性能より前に、被写体に対する姿勢が大事なのではと思っています。

    ●yuk*4*89さんへ
    私も狸を見るのは年に数回程度で、出合いは貴重ですね。
    子猫たちもいつかは大人になりますが、それでも仲良くしていきたいと思っています。
    これからも追跡撮影していく予定ですので、お楽しみに☆

    [ ぴろし ]

    2013/12/12(木) 午後 11:02

  • 顔アイコン

    ●backdropさんへ
    狸は正面からだと違和感はありませんが、側面がひどくて可哀想でした。
    ダニの影響で毛が抜けてしまうコワい病気で、動物間で感染するらしいです。
    残念ですが、自然治癒は期待できないようですね。

    ●たるねこさんへ
    貴重な情報を提供くださり、ありがとうございます!ちょっと安心しました
    狸は疥癬症が流行しているのでしょうか。元気な個体を未だ見たことがありません。
    この日見た狸は、野良猫の為に誰かが与えていた餌を、猫の留守中に食べていました。
    なんとも…、寂しい気持ちになりました

    [ ぴろし ]

    2013/12/12(木) 午後 11:02

  • 顔アイコン

    カワラヒワ翼を広げると 一気に鮮やかに変わる鳥さん^^
    素敵なアングルですね^^
    最後のお写真 癒されます〜!!
    ナイス!!

    MOON

    2013/12/15(日) 午前 0:46

  • 顔アイコン

    ●MOONさんへ
    今年はカワラヒワの数が少ないように思えます。
    その他の鳥も少なくて、撮影に苦労しますねー
    子猫たちはいつもカワイイ仕草をしてくれて、私も癒されてます

    [ ぴろし ]

    2013/12/16(月) 午後 10:04

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事