※当ブログの表記例:△はプラス、▼はマイナスを表しています。




【前場編】
 △16.78高 方向感なく、為替と先物に影響を受ける展開


前場の日経平均株価は、前日比△16.78円高(+0.08%)の21,583円63銭。

イメージ 1


前場為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


3/19の米国株式は、NYダウが前日比▼26.72$安の25,887.38$と5日ぶりに反落、ナスダック総合指数は同△9.468Pt高の7723.946Ptと3日続伸して取引を終了。

米ブルームバーグ通信社が、米中の貿易協議について、中国が米国の要求に抵抗を示していると報道。先行き不透明感が警戒されたほか、20日に発表されるFOMCの結果を待ちたいと手控えムードが広がったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比▼18.20円安の21,548円65銭と小幅に続落してのスタート。前日の米国株式はFOMCの結果待ちから上げ下げマチマチとなり、その流れを引き継ぎ日本株も様子見ムードが広がって始まったとの解説がありました。


寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、前日終値をはさんだもみあい推移の展開へ。マイナス圏で始まった中国株式がプラス圏に浮上すると、日経平均も上昇しプラス圏で前引けとなりました。


市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:58% 値下:36% 変わらず:  5% 前日比:+0.22%
東証2部 値上:42% 値下:38% 変わらず:14% 前日比:- 0.61%
JASDAQ 値上:43% 値下:40% 変わらず:11% 前日比:+0.12%
マザーズ 値上:46% 値下:51% 変わらず:  1% 前日比:+0.69%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場はプラス圏に浮上する展開でしたが、保有株群は下げ幅を縮小するもわずかにマイナス圏のままの前引けへ。
前場トータルは、前日比▼12,150円安でした。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》 前場なし

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯JESHD(△80高、+3.5%)
◯バリューHR(△53高、+2.1%)
◯イノテック(△14高、+1.5%)
◯日本モーゲージS(△17高、+1.3%)
◯リコーユース(△40高、+1.2%)
◯EAJ(△19高、+1.0%)
◯ビックカメラ(△11高、+0.9%)
◯イオン(△20.5高、+0.9%)
●正栄食品工業(▼140安、-4.5%)
●ウエルシアHD(▼70安、-1.9%)
●AFC-HD(▼8安、-1.2%)
●共和コーポレーション(▼6安、-0.9%)
●CACHD(▼12安、-0.9%)



JESHD…昨日、ポジ縮小して利確売りしましたが…早売りでした。😫



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯窪田製薬HD(△106高、+11.9%)
◯サカイHD(△54高、+4.4%)
◯松尾電機(△12高、+2.1%)
◯キクカワ(△160高、+2.1%)
◯PSS(△9高、+1.8%)
◯サンバイオ(△41高、+1.4%)
●MTジェネックス(▼450安、-7.9%)
●ミンカブ(▼86安、-6.5%)
●FDK(▼50安、-4.5%)
●石川製作所(▼75安、-4.2%)
●AmidAHD(▼135安、-4.1%)
●アイレックス(▼100安、-3.1%)
●Kudan(▼500安、-2.3%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の動きは、ともに横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…😌



後場に続きます→




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比▼17.65円安(-0.08%)の21,566円85銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明けに小幅GUスタートとなり、その後緩やかなジリ高推移となっての大引けへ。ただ、プラス圏に浮上するまでには至らず…という結果でした。


市場別の指数は、TOPIX▼3.45Pt、マザーズ指数▼4.10Pt、JASDAQ△0.86Pt。


東証1部の売買代金は、約1.90兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:27%  値下:68%  変わらず:  3%  前日比:- 0.24%
東証2部 値上:44%  値下:41%  変わらず:11%  前日比:+0.05%
JASDAQ 値上:40%  値下:47%  変わらず:  8%  前日比:+0.62%
マザーズ 値上:39%  値下:56%  変わらず:  3%  前日比:+0.24%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


小幅マイナス圏で推移した市場に連動し、保有株もわずかなマイナス圏でもみあう展開のまま大引けへ。トータルは前日比▼9,114円安で取引を終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》
■売り(取得単価)
一部:JESHD 2,284円で100株(1,883円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
JESHD(△134高→△150高、2,281円、+7.0%)一部売り
◯正栄食品工業(△75高→△175高、+5.9%)
◯EAJ(△14高→△72高、+4.0%)
◯AFC-HD(△12高→△17高、+2.6%)
◯ラサ工業(▼4安→△32高、+1.9%)
◯オリックス(△9高→△15高、+1.0%)
◯北恵(▼5安→△6高、+0.7%)
●ウエルシアHD(▼120安→▼110安、-2.9%)
●イノテック(▼30安→▼27安、-2.8%)
●前沢化成(▼8安→▼20安、-1.9%)
●CACHD(▼28安→▼26安、-1.9%)
●不二製油G(▼70安→▼60安、-1.6%)
●ビックカメラ(▼9安→▼17安、-1.4%)
●博展(▼19安→▼21安、-1.4%)
●ゲオHD(▼18安→▼21安、-1.3%)
●リコーユース(▼20安→▼45安、-1.3%)
●高田機工(▼27安→▼33安、-1.2%)
●Casa(▼5安→▼8安、-0.8%)



JESHD…高値をつけていたので優待最低単元を残し利確売りへ。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯窪田製薬HD(△149高→△150高、+20.2%)S高引け
◯GFA(△30高→△31高、+10.1%)
◯UTグループ(△177高→△214高、+8.3%)
◯ピクセルカンパニーズ(△13高→△20高、+8.2%)
◯サカイHD(△88高→△80高、+7.0%)
◯AmidAHD(△185高、+6.0%)
●松尾電機(▼49安→▼75安、-11.8%)
●エコモット(▼52安→▼83安、-4.8%)
●石川製作所(▼99安→▼75安、-4.0%)
●アドベンチャー(▼190安→▼180安、-3.3%)
●サンバイオ(▼97安、-3.2%)
●Nuts(▼5安、-3.0%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。外部環境面で大きな変化がない中、連騰の反動で利益確定売りが先行した。

寄り後に先物にまとまった売り物がでたのをきっかけに国内勢から期末のポジション調整売りなども出て、下げ幅は一時150円を超えたが、上海株がしっかりで始まると下げ渋り、小幅ながらプラス圏に浮上する場面もあった。

ただ、その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見姿勢が強まったほか、3月期末配当狙いの買いが観測され、午後は小幅安の水準でもみあった。

投資家の不安心理を示すとされる日経ボラティリティー指数は15Pt台で、昨年9/5以来6カ月超ぶりの低水準となっている。市場からは「現値は21,000〜22,000円のレンジのちょうど真ん中あたりで居心地がいい。このままFOMCの結果を見極めたいという向きも多い」(国内証券)との声が出ていた。TOPIXも反落して取引を終了。

市場からは「米国株、欧州株、新興国・アジア株は去年の高値水準まで戻している。海外のマーケットがしっかりして日本株の支えとなっているが、海外で利益確定が先行すると、日本に目立った買い材料がないだけに下押し圧力は強まる」(市場関係者)との声が出ていたほか「(日本株は)特段の材料もなく、配当取りの動きが下値を支えているイメージだ。日経平均は2日続けてほぼ十字足となり、見送り現象と言えよう。要は材料待ちであり、市場エネルギーの回復待ちでもある」(準大手証券)との声が聞かれた。 


ーーーーーーーーーーーーーーー



明日もいい一日になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆




【前場編】 ▼56.12安 一時プラス圏も失速してマイ転


前場の日経平均株価は、前日比▼56.12円安(-0.26%)の21,528円38銭。

イメージ 5


前場為替5分足チャート
イメージ 6

ーーーーーーーーーーーーーーー


3/18の米国株式は、NYダウが前週末比△65.23$高の25,914.10$と4日続伸、ナスダック総合指数は同△25.951Pt高の7714.478Ptと続伸して取引を終了。

発表された原油在庫量が増加との内容から、OPECや非加盟国による協調減産が継続されるとの思惑から原油先物価格が上昇。それに伴い石油関連銘柄が上昇し相場をけん引したとのこと。

原油在庫増加となれば逆の動きになりそうなものですが、相場の動きは読めませんな。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比▼26.07円安の21,558円43銭と3日ぶりに反落してのスタート。
前日の米株式は上昇したものの手掛かり難からポジション調整の売りが先行した模様との解説がありました。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、寄り付き後に下げ幅を拡大し、その下げ幅は一時160円に迫る場面もありましたが為替の円高推移の一服感と中国株がプラス圏で寄り付くとわずかながらプラス圏に浮上。
しかし上値は重く、再びマイ転しての前引けとなりました。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:24% 値下:71% 変わらず:  3% 前日比:- 0.33%
東証2部 値上:44% 値下:42% 変わらず:10% 前日比:- 0.17%
JASDAQ 値上:40% 値下:44% 変わらず:12% 前日比:+0.54%
マザーズ 値上:35% 値下:60% 変わらず:  2% 前日比:±0.00%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は下げ幅を縮小しながらもマイナス圏で推移、保有株群も連れ安となる展開へ。前場トータルは、前日比▼64,500円安でした。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》 前場なし

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯JESHD(△134高、+6.3%)
◯正栄食品工業(△75高、+2.5%)
◯AFC-HD(△12高、+1.8%)
◯EAJ(△14高、+0.8%)
●ウエルシアHD(▼120安、-3.1%)
●イノテック(▼30安、-3.1%)
●CACHD(▼28安、-2.0%)
●不二製油G(▼70安、-1.8%)
●博展(▼19安、-1.3%)
●ゲオHD(▼18安、-1.1%)
●高田機工(▼27安、-1.0%)
●コロワイド(▼21安、-0.9%)
●イオン(▼20安、-0.9%)



ウエルシアHDの下げが痛いですな。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯窪田製薬HD(△149高、+20.1%)S高気配
◯GFA(△30高、+9.8%)
◯サカイHD(△88高、+7.7%)
◯UTグループ(△177高、+6.9%)
◯ピクセルカンパニーズ(△13高、+5.3%)
◯FDK(△52高、+4.6%)
●オンコリスバイオファーマ(▼330安、-9.7%)
●松尾電機(▼49安、-7.7%)
●アイレックス(▼175安、-5.4%)
●石川製作所(▼99安、-5.3%)
●アドベンチャー(▼190安、-3.5%)
●エコモット(▼52安、-3.0%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替・先物ともに横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…😌



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比△133.65円高(+0.62%)の21,584円50銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明けに小幅GUスタート、その後プラス圏でもみ合う展開のまま大引けとなる展開へ。


市場別の指数は、TOPIX△11.05Pt、マザーズ指数△17.74Pt、JASDAQ△0.97Pt。


東証1部の売買代金は、約1.91兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:79%  値下:18%  変わらず:  2%  前日比:+0.69%
東証2部 値上:53%  値下:33%  変わらず:10%  前日比:+0.67%
JASDAQ 値上:56%  値下:32%  変わらず:  7%  前日比:+0.68%
マザーズ 値上:68%  値下:27%  変わらず:  2%  前日比:+1.97%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


プラス圏でもみあう市場に連動し、保有株もプラス圏でもみあう展開のまま大引けへ。トータルは前日比△60,950円高で取引を終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》 終日なし

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯正栄食品工業(△214高→△114高、+4.0%)
◯博展(△31高→△46高、+3.1%)
◯日本モーゲージS(△27高→△28高、+2.2%)
◯リコーユース(△5高→△75高、+2.2%)
◯ビックカメラ(△16高→△21高、+1.8%)
◯JESHD(△65高→△35高、+1.7%)
◯北恵(△2高→△9高、+1.0%)
◯コロワイド(△24高→△22高、+0.9%)
●ラサ工業(▼20安→▼84安、-4.8%)
●バリューHR(▼27安→▼61安、-2.4%)
●Casa(▼10安→▼12安、-1.2%)


保有株群は、上にも下にもこう着状態でした。😅


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯松尾電機(S高気配→△100高、+18.7)S高引け
◯FDK(△150高→△150高、+15.5%)S高のまま
◯サカイHD(△96高→△150高、+15.0%)S高売ったら上がった〜😓
◯フィックスターズ(△73高、+5.8%)こっちも売ったら上がってた〜
◯エコモット(△94高、+5.7%)
◯チームスピリット(△160高→△200高、+5.3%)
●オンコリスバイオファーマ(▼235安、-6.5%)
●GFA(▼9安→▼14安、-4.4%)
●PSS(プレシジョンシステムサイエンス)(▼18安、-3.4%)
●MTジェネックス(▼170安→▼200安、-3.4%)
●Kudan(▼480安→▼670安、-3.1%)
●石川製作所(▼56安、-2.9%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は続伸した。前週末にハイテク株主導で米国株が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から半導体関連株などへの買いが先行。上げ幅は一時160円を超えた。その後、米中首脳会談が6月に先送りされる可能性があると報じられたことが重しとなって伸び悩む場面もあったが、中小型の出遅れ株物色や3月期末の配当権利取りの動きなどで持ち直した。午後は上海株の堅調推移も支えとなった。
    
前週末の米国株市場で、米中通商合意への期待感からフィラデルフィア半導体株指数が2.9%上昇。東京市場でも半導体関連の一角が買われ、東京エレクトロン、SUMCO、SCREEN-HDなどが3%超の上昇となった。TOPIXも続伸して取引を終了。
    
一方、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが、通商問題を巡る米中首脳会談が6月に先送りされる可能性があると報じたことが投資家心理を圧迫した。日経平均は11,600円台に乗せたところでは利益確定や戻り待ちの売りに押された。

午後は特段売り込まれる材料は出ず、21,500円台後半でもみあいが続いた。市場では、3月期末の配当権利取りの動きが下値を支える要因になるとの指摘があった。上海総合指数や米株先物がプラス圏で推移したことも安心材料となった。

昨年3月末の終値水準である21,454円近辺が意識されやすいといい「これより上回れば利益、下回れば損というような基準にされる」(ネット系証券)という声が聞かれたほか「25日線、13週線が上向きだが、200日線は下向きでネックラインになっている。上に行くにも下に行くにも材料に乏しく、日経平均は21,500円を挟んでのもみ合いが当面続くのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。 

ーーーーーーーーーーーーーーー


明日もいい一日になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆




【前場編】 △128.81高 戻り売りで一時下げるも切り返す


前場の日経平均株価は、前日比△128.81円高(+0.60%)の21,579円66銭。

イメージ 5


前場為替5分足チャート
イメージ 6

ーーーーーーーーーーーーーーー


前週末3/15の米国株式は、NYダウが前日比△138.93$高の25,848.87$と3日続伸、ナスダック総合指数は同△57.617Pt高の7688.527Ptと反発して取引を終了。

中国新華社通信が劉鶴副首相と米ムニューシン財務長官が電話会談を行い、貿易協議に関して実質的な前進があったと報道。貿易対立解消に向けた期待感から、ハイテク株を中心に買いが優勢となったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比△125.51円高の21,576円36銭となり続伸してのスタート。前週末にハイテク株を中心に米国株が上昇した流れを引き継ぎ、半導体関連株を中心に買いが先行して始まったとの解説がありました。


寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、先物主導で値を下げる場面があるも、中国株式が上昇して始まると再び上げ幅を拡大する展開へ。


市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:68% 値下:28% 変わらず:  3% 前日比:+0.44%
東証2部 値上:52% 値下:32% 変わらず:12% 前日比:+0.56%
JASDAQ 値上:50% 値下:34% 変わらず:11% 前日比:+0.52%
マザーズ 値上:68% 値下:29% 変わらず:  1% 前日比:+1.77%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場はプラス圏の堅調推移、保有株群も連れ高となってはいますが、保有株の上げ幅は市場に比べ、いつもの通り物足りない展開です。
前場トータルは、前日比△59,750円高でした。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》 前場なし

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯正栄食品工業(△214高、+7.5%)
◯JESHD(△65高、+3.1%)
◯日本モーゲージS(△27高、+2.2%)
◯博展(△31高、+2.1%)
◯ビックカメラ(△16高、+1.3%)
◯コロワイド(△24高、+1.0%)
◯オリックス(△14.5高、+0.9%)
●CACHD(▼25安、-1.8%)
●ラサ工業(▼20安、-1.1%)
●バリューHR(▼27安、-1.1%)
●Casa(▼10安、-1.0%)


正栄食品工業…先週末の売りは何だった。(;^ω^)


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯FDK(△150高、+15.5%)S高
◯サカイHD(△96高、+9.6%)
◯チームスピリット(△160高、+4.2%)
◯アンジェス(△42高、+3.9%)
◯アドベンチャー(△180高、+3.4%)
◯アンドファクトリー(△140高、+3.1%)
●AmidAHD(▼150安、-4.8%)
●イメージワン(▼28安、-3.7%)
●MTジェネックス(▼170安、-2.9%)
●GFA(▼9安、-2.8%)
●Kudan(▼480安、-2.2%)
●サンバイオ(▼55安、-1.8%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替が緩やかに円安振れ推移、先物も連動してわずかながらに値上がり推移となっています。


後場はどうなりますでしょうか…😌



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


【週次・月次・年次集計】

◯2019年第11週(3/11〜3/15)の集計結果

 週次集計  △314,383円   (△1.62%)
 月次集計  ▼337,044円   (▼1.68%)
 年次集計  ▼581,245円   (▼2.86%)


今週の勝敗表は『◯◯●●◯』の3勝2敗の勝ち越し。収支もプラス計上となってのFinish。


【市場別の指数変動】

《週次》
イメージ 1
イメージ 2

 日経平均 21,025.56 → 21,450.85 △2.02%
 TOPIX   1,572.44 →   1,602.63 △1.92%
 JASDAQ平均   3,402.08 →   3,426.80 △0.73%
 マザーズ指数     900.11 →      923.96 △2.65%
 MyPF                  △1.62%


MyPFの指数比は、JASDAQにはアウトパフォームしましたが、他の指数にはアンダーパフォーム。



ーーーーーーーーーーーーーーー


《月次》

 日経平均 21,385.16 → 21,450.85 △0.31%
 TOPIX   1,607.66 →   1,602.63 ▼0.31%
 JASDAQ平均   3,468.33 →   3,426.80 ▼1.20%
 マザーズ指数     918.18 →      923.96 △0.63%
 MyPF                  ▼1.68%


《年次》

 日経平均 20,014.77 → 21,450.85 △7.18%
 TOPIX   1,494.09 →   1,602.63 △7.26%
 JASDAQ平均   3,210.13 →   3,426.80 △6.75%
 マザーズ指数     812.32 →      923.96 △13.74%
 MyPF                  ▼2.86%



ーーーーーーーーーーーーーーー


所要のため、海外情勢は省略です。

一応、更新時の米株式の値動きは、主要指数がプラス圏推移しており、ダウとS&P500は0.4%前後の上昇ですが、NASDAQは0.8%前後の上昇となっているようです。

ドル円はザラバ比で横ばいの1$=111円半ば、日経平均先物は前日比で値上がりはしているものの、21,300円に届くかどうかという水準。日経の終値からすると150円ほど値が下がっているのが気になるところですな。



来週もいい一週間になりますように。



それではまた。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比△163.83円高(+0.77%)の21,450円85銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明け後に為替の急激な円高振れに反応した急落場面があったものの持ち直しをみせて再び200円高近辺でもみあい推移へ。
このまま高値圏で終わるかと思いきや、14時過ぎから今度は先物での仕掛け的な売りが入り、上げ幅を縮小しながらの大引けへ。
ランチタイム明けの為替の変動は、北朝鮮情勢を背景としたもののようですが、引け前の攻防は、なんとしても下げたいという筋と、下げたくないという筋とのバチバチとした攻防戦が繰り広げられているようでしたョ。


市場別の指数は、TOPIX△14.34Pt、マザーズ指数▼8.33Pt、JASDAQ△0.91Pt。


東証1部の売買代金は、約2.79兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:67%  値下:29%  変わらず:  3%  前日比:+0.90%
東証2部 値上:39%  値下:43%  変わらず:  9%  前日比:- 0.20%
JASDAQ 値上:49%  値下:35%  変わらず:11%  前日比:+0.72%
マザーズ 値上:39%  値下:55%  変わらず:  3%  前日比:- 0.46%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


前場比で上げ幅を縮小した市場に連動し、保有株も上げ幅を縮小する展開へ。トータルは前日比△107,620円高で取引を終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》 後場なし

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯ラサ工業(△94高→△66高、+3.9%)
◯リコーユース(△45高→△85高、+2.5%)
◯AFC-HD(△10高→△15高、+2.3%)
◯前沢化成(△20高→△17高、+1.7%)
◯イオン(△21.5高→△29.5高、+1.3%)
◯博展(△4高→△18高、+1.2%)
◯EAJ(△24高→△19高、+1.1%)
◯不二製油(△45高→△40高、+1.1%)
◯日本モーゲージS(△13高→△12高、+1.0%)
●正栄食品工業(▼288安→▼304安、-9.6%)
●北恵(△2高→▼26安、-2.9%)
●JESHD(▼3安→▼34安、-1.6%)
●共和コーポレーション(▼7安→▼8安、-1.2%)



正栄食品工業…冴えない決算が嫌気され大幅安へ。😓



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯石川製作所(△84高→△392高、+25.6%)
◯松尾電機(S高気配→△80高、+17.5%)S高引け
◯UTグループ(△81高→△91高、+3.7%)
◯アンリツ(△56高→△43高、+2.1%)
●PSS(プレシジョンシステムサイエンス)(S安気配→▼100安、-16.0%)S安引け
●MTジェネックス(S安気配→▼1,000安、-14.4%)S安引け
●Nuts(▼12安→▼24安、-12.8%)前場全部売
●イナリサーチ(▼95安→▼106安、-12.4%)
●アンジェス(▼79安→▼108安、-9.0%)
●GFA(▼11安→▼24安、-7.0%)
●アイレックス(▼120安→▼205安、-5.8%)
などがありました。

MTジェネックス…ここまで売られる?っというくらい売られています。今月頭には16,000円超えでしたので2週間で半値以下…。😨トンピンさん刺されるんじゃないかな…心配です


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。為替が円安基調で推移したことでハイテク、自動車などの輸出株に買いが先行。上海株高も安心材料になり、一時234円高まで上昇した。だが、節目の21,500円を超えると戻り待ちの売りが優勢になった。

米中通商協議の早期合意に対する不透明感がくすぶる中、上値を買う投資主体は見当たらず、大引けにかけては高値圏で一進一退の展開だった。TOPIXは0.90%高で取引を終了。

市場では「米中首脳会談が当初想定されていた3月末に開催されないことが明らかになり、米中交渉が順調に進展しているのか疑念が残る。現物市場では海外勢の動きも鈍く上値の重さが感じられる」(市場関係者)との声が出ていたほか「北の非核化交渉中断報道に対し、マーケットはあまり反応していない。一方、日銀が景気判断を下げたことで、決定会合後の会見で黒田日銀総裁が追加緩和に前向きな話をするのではないかとの期待感が残っている。ただ、米中交渉が難航し、米国株は上値が重く、来週は円高と相まって調整する可能性がある」(銀行系証券)との声が聞かれた。


ーーーーーーーーーーーーーーー



今週の週次集計は、プラス計上となりました。週次としては悪くないのですが、それまでが悪すぎたので焼け石に水…という感じです。😓



来週はいい一週間になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆




【前場編】 △217.71高 外部環境の落ち着きで大幅高へ


前場の日経平均株価は、前日比△217.71円高(+1.02%)の21,504円73銭。

イメージ 5


前場為替5分足チャート
イメージ 6

ーーーーーーーーーーーーーーー


3/14の米国株式は、NYダウが前日比△7.05$高の25,709.94$と小幅に続伸、ナスダック総合指数は同▼12.495Pt安の7630.910Ptと4日ぶりに反落して取引を終了。

米ブルームバーグが、米中の貿易協議に関して両国の首脳会談について、早くとも4月に開催される見込みと報道。同首脳会談が3月中に行われるのではないかと期待されていただけに、失望売りが優勢となる場面があった模様ですが、売り一巡後は前日の終値近辺でのもみあい推移となったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比△89.71円高の21,376円73銭となり反発してのスタート。前日の米株式は高安まちまちだったものの、為替の落ち着きと、夜間帯の先物高が支援材料となり買い注文が先行して始まった模様です。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、上げ幅を拡大する堅調推移。中国・上海株高も支援材料になり、日経平均の上げ幅は200円を超え、節目の21,500円台を回復しました。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:82% 値下:13% 変わらず:  3% 前日比:+1.06%
東証2部 値上:45% 値下:35% 変わらず:12% 前日比:- 0.05%
JASDAQ 値上:55% 値下:30% 変わらず:10% 前日比:+0.70%
マザーズ 値上:48% 値下:46% 変わらず:  4% 前日比:- 0.12%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場はプラス圏の堅調推移、保有株群も連れ高となっての堅調推移となっています。前場トータルは、前日比△142,220円高でした。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》
売り(取得単価)
全部:サカイHD 1,100円で500株(1,017円)
全部:Nuts 174.2円で500株(205円)

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
サカイHD(△67高、1,064円、+6.7%)全部売
◯ラサ工業(△94高、+5.6%)
◯前沢化成(△20高、+2.0%)
◯イノテック(△18高、+1.9%)
◯バリューHR(△47高、+1.9%)
◯AFC-HD(△10高、+1.5%)
◯オリックス(△23.5高、+1.5%)
◯CACHD(△20高、+1.4%)
◯EAJ(△24高、+1.3%)
◯リコーユース(△45高、+1.3%)
◯不二製油(△45高、+1.2%)
◯日本モーゲージS(△13高、+1.1%)
◯高田機工(△27高、+1.0%)
◯イオン(△21.5高、+0.9%)
●正栄食品工業(▼288安、-9.1%)
●共和コーポレーション(▼7安、-1.1%)
Nuts(▼12安、175円、-6.4%)全部売


サカイHD…寄り後に急騰場面があったので、さっさと利確売りへ。

Nuts…昨日の後場から売り注文が優勢に。PTSも売り優勢、寄り前も特売り気配だったため損切り撤退。ただ、また噴き上がると思います。


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯石川製作所(△84高、+5.5%)
◯UTグループ(△81高、+3.3%)
◯アンリツ(△56高、+2.7%)
◯北川精機(△13高、+2.4%)
◯エコモット(△24高、+1.5%)
◯AKIBA(△36高、+1.3%)
●イナリサーチ(▼95安、-11.1%)
●アンジェス(▼79安、-6.6%)
●AmidAHD(▼170安、-5.2%)
●アイレックス(▼120安、-3.4%)
●ベルトラ(▼49安、-3.3%)
●GFA(▼11安、-3.2%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の動きは、当初横ばいでしたが、12時を境に為替の円高振れ、先物も連れ安となっています。



後場はどうなりますでしょうか…😌



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事