※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


保有投信(ひふみプラス)結果は

 10/19分 ▼360安(1万口あたり)の▼63,736円安

でした。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【週次・月次・年次集計】

◯2018年第42週(10/15〜10/19)の集計結果

 週次集計   △194,518円 (△0.77%)
 月次集計  ▼1,092,570円 (▼4.14%)
 年次集計  ▼2,682,939円 (▼9.58%)


今週は、5営業日で勝敗的には「●●◯●●」の1勝4敗の負け越し。ただ、水曜日の大幅上昇分の貯金を守りきっての収支プラスとなってのFinish。



【市場別の指数変動】

《週次》
イメージ 1
イメージ 2


 日経平均 22,694.66 → 22,532.08 ▼0.72%
 TOPIX   1,702.45 →   1,692.85 ▼0.56%
 JASDAQ平均   3,727.16 →   3,748.35 △0.57%
 マザーズ指数     987.88 →      987.88 ▼0.72%
 MyPF                  △0.77%


MyPFの指数比は、すべての指数にアウトパフォームしました。

今週の保有株の動きは、アンドファクトリー(4,698→5,090)イオレ(1,793→1,929)ウエルシアHD(5,910→6,200)シェアリングT(2,385→2,710)共和コーポレーション(692→730)野村マイクロ(842→906)などが強含み推移となりましたが、その反面、燦キャピタルM(139→125)ドーン(1,432→1,373)などが弱含み推移となりました。


《月次》

 日経平均 24,120.04 → 22,532.08 ▼6.58%
 TOPIX   1,817.25 →   1,692.85 ▼6.85%
 JASDAQ平均   3,831.49 →   3,748.35 ▼2.17%
 マザーズ指数   1,077.55 →      987.88 ▼8.98%
 MyPF                  ▼4.14%



《年次》

 日経平均 22,764.94 → 22,532.08 ▼1.02%
 TOPIX   1,817.56 →   1,692.85 ▼6.86%
 JASDAQ平均   3,950.46 →   3,748.35 ▼5.12%
 マザーズ指数   1,231.99 →      987.88 ▼20.39%
 MyPF                   ▼9.58%




ーーーーーーーーーーーーーーー


10/19の米株式市場は、

 NYダウ    △64.89$高  △0.26%  25,444.34$
 NASDAQ   ▼36.11Pt  ▼0.48%     7449.03Pt
 S&P500      ▼1.00Pt   ▼0.04%     2767.78Pt 
 為替/ドル円 112.55円(H 112.65 〜 L 112.14)


ダウの上昇は、前日の大幅安への買い戻しと好決算開示をしたP&Gが指数上昇に寄与したものの、イタリアの予算案問題の懸念から上値は重かったとのこと。

為替は1$=112円台半ばで横ばい

原油先物価格は△1.05%高の69.37$

日経平均先物価格は、日経ナイトが前日比▼70円安の22,460円(日経終値比▼72安)、CME(円建て)が前日比△160高の22,475円(日経終値比▼57安)。


週明けの東京市場は、先物にサヤ寄せでしょうかね。


来週もいい一週間になりますように。


それではまた。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比▼126.08円安(-0.56%)の22,532円08銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2



ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、為替の安定推移を背景に、緩やかな右肩上がりで下げ幅を縮小しながらの大引けへ。プラ転までは至らなかったものの、大引けまでジリ高の動きとなりましたので、個人的にはいい印象を受ける終わり方だったなと感じましたョ。


市場別の指数は、TOPIX▼11.79Pt、マザーズ指数▼6.91Pt、JASDAQ▼0.60Pt。


東証1部の売買代金は、約2.40兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:29% 値下:66% 変わらず:3% 前日比:-0.68%
東証2部 値上:32% 値下:55% 変わらず:9% 前日比:+0.08%
JASDAQ  値上:34% 値下:54% 変わらず:7% 前日比:-0.33%
マザーズ 値上:38% 値下:57% 変わらず:3% 前日比:-0.11%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は終日マイナス圏推移でしたが、保有株は後場下げ幅を縮小。一時プラ転する場面がありましたが、大引け時の引成注文で再びマイナス圏に沈む展開へ。
大引け時のトータルは、前日比▼16,520円安で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
買い(手数料込み取得単価)
新規:アンドファクトリー 4,695円で100株(4,698円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯燦キャピタルM(△3高→△8高、+6.8%)
アンドファクトリー(△290高、+6.0%)新規買
 出版社と協業の漫画アプリ展開・IoTを活用したホテル企画開発
◯イオレ(±0→△99高、+5.4%)
◯共和コーポレーション(△2高→△22高、+3.1%)
◯野村マイクロ(▼13安→△18高、+2.0%)
◯シェアリングT(▼4安→△44高、+1.7%)
◯ウエルシアHD(△40高→△80高、+1.3%)
◯ニッポン高度紙工業(▼10安→△23高、+0.8%)
●JESHD(▼71安→▼58安、-3.1%)
●Casa(▼21安→▼36安、-2.8%)
●ドーン(▼33安→▼27安、-1.9%)
●日立製作所(▼64安→▼64安、-1.8%)
●オリックス(▼36安→▼31安、-1.7%)
●チャームケア(▼32安→▼25安、-1.5%)
●東海カーボン(▼39安→▼21安、-1.0%)


アンドファクトリー…ランチタイム中に株クラで話題に。前場はマイナス圏推移でホントかいなと思いつつ飛び乗ったところ、後場急上昇へ。


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯バリューデザイン(△495高→△625高、+20.0%)まだ上がる?
◯川金HD(△80高→△100高、+18.2%)S高
◯FIG(△46高、+13.5%)
◯メンバーズ(△99高→△129高、+10.5%)
◯コーア商事(△250高、+5.5%)
◯ピクセラ(△7高、+4.7%)
●MTジェネックス(▼3,720安→▼1,550安、-5.5%)
●そーせいグループ(▼53安、-4.9%)
●日特エンジニアリング(▼125安、-3.9%)
●ALBERT(▼510安→▼450安、-3.5%)
●ユニバE(▼160安→▼125安、-3.3%)
●IBC(▼49安、-3.2%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は続落。前日の米国株が大幅安となったことを受け売りが先行し、下げ幅は一時400円を超えた。注目された中国の国内総生産(GDP)は市場予想を下回る弱い内容だったが、中国規制当局が景気支援の方針を打ち出したことで上海株が上昇。日本株も後場に下げ幅を縮小した。 TOPIXも続落。

第3・四半期の中国GDPは2009年以来の低い伸びとなったが、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、金融機関の資金調達を巡る問題を緩和し、民間企業への融資拡大を促すために的を絞った政策を打ち出す考えを示した。また中国証券監督管理委員会の劉士余主席も、株式市場を支援する一連の措置を発表した。

下落スタートとなった上海総合指数はプラスに転じ、上昇率は2%を超えた。日本株もショートカバーが入り、急速に持ち直す展開へ。安川電機が2%を超す上昇となったほか、ファナックが一時プラス転換。コマツが下げ幅を縮めるなど、中国関連銘柄に押し目買いが入った。

市場関係者は「中国の政策効果が出るにはタイムラグがある。今後も中国の経済指標で弱いものが出た場合、市場にも影響を及ぼすだろう」と指摘。「米企業決算で貿易摩擦や原材料高の影響が製造業にどう出ているのか、確かめる必要はある」(外資系証券)と話す。


ーーーーーーーーーーーーーーー


今週の週次集計は、現時点では小幅プラス計上となっています。投信が大幅マイナスになっていなければプラス圏で終われたのではないかなという印象です。


勝敗的には負け越しでしたが、水曜日の大幅上昇のプラス分を守りきっての小幅プラス…という感じでしたな。



来週はいい1週間になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

ひふみプラス ▼272円安(1万口あたり)の▼48,156円安

予想通り、わずかなプラスだった現物株は投信のマイナスでトータルマイナス圏に転落…。


ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 ▼246.83安 外部環境の不透明感から続落



前場の日経平均株価は、前日比▼246.83円安(-1.09%)の22,411円33銭となりました。

イメージ 4


前場為替5分足チャート
イメージ 5

ーーーーーーーーーーーーーーー


10/18の米国株式は大幅に続落。NYダウが前日比▼327.23$安の25,379.45$、ナスダック総合指数が、同▼157.564Pt安の7485.139Ptで取引を終了。

米中の貿易摩擦悪化への警戒感が高まるなか、中国上海株式市場の指数が大幅に下落したことから売り注文が優勢となり、ダウは一時▼470$を超える下げとなったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比▼316.16円安の22,342円00銭となり、大幅続落してのスタート。前日の米株式市場が大幅安となり、外部環境の悪化が相場の重しになっているとの解説がありました。日経平均株価は、寄り付き後に下げ幅を拡大する展開へ。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、下げ幅を400円超に拡大する場面があるも、為替が円安方向に動いていることを支援材料に反転上昇し、下げ幅を縮小しながらの前引けへ。
短期筋の売りに押されるも、上海株式市場の下げ渋りで下げ幅が縮小したとの解説がありました。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:19% 値下:77% 変わらず:  3% 前日比:-1.08%
東証2部 値上:24% 値下:62% 変わらず:11% 前日比:-0.23%
JASDAQ  値上:23% 値下:62% 変わらず:10% 前日比:-0.78%
マザーズ 値上:22% 値下:72% 変わらず:  4% 前日比:-0.66%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


一時400円を超える大幅マイナス圏に沈んだ市場に連れ安となり、保有株もマイナス圏で推移しながらの前引けへ。前場トータルは、前日比▼127,000円安となっています。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 6

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》 前場なし

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯燦キャピタルM(△3高、+2.6%)
◯オオバ(△5高、+0.7%)
◯ウエルシアHD(△40高、+0.7%)
●JESHD(▼71安、-3.9%)
●ドーン(▼33安、-2.4%)
●サカイHD(▼31安、-2.0%)
●オリックス(▼36安、-2.0%)
●チャームケア(▼32安、-1.9%)
●東海カーボン(▼39安、-1.9%)
●日立製作所(▼64安、-1.8%)
●Casa(▼21安、-1.6%)
●ゲオHD(▼27安、-1.6%)
●野村マイクロ(▼13安、-1.5%)
●有沢製作所(▼11安、-1.2%)
●ジャムコ(▼33安、-1.1%)


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯バリューデザイン(△495高、+15.9%)売ったら爆上げかーい😓
◯川金HD(△80高、+14.6%)
◯メンバーズ(△99高、+8.1%)
◯共同PR(△50高、+2.4%)
◯ポエック(△90高、+1.7%)
●MTジェネックス(▼3,720安、-13.1%)
●愛光電気(▼445安、-9.3%)
●テリロジー(▼98安、-5.7%)
●ユニバE(▼160安、-4.3%)
●ALBERT(▼510安、-4.0%)
●トーヨーアサノ(▼220安、-3.9%)
などがありました。

トーヨーアサノ…昨日S安まであり、その動向を注視していたところ、PTS取引で激リバで△860高!。これはリバ厨大集合か?と思っていたところ、ザラ場では寄り付きこそ高かったものの、失速して一時▼470安まで。まさにマネーゲームのようになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーー



ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替・先物ともに横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…。😌




後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比▼182.96円安(-0.80%)の22,658円16銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、マイナス圏でもみ合う展開となり、3日ぶりの反落で取引を終了。上海市場の2%を超える下げに連れ安となり、大引け直前には下げ幅を200円超に拡大したものの引けにかけてやや戻しながらの大引けでした。


市場別の指数は、TOPIX▼9.23Pt、マザーズ指数▼4.95Pt、JASDAQ▼0.44Pt。


東証1部の売買代金は、約2.27兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:33% 値下:62% 変わらず:4% 前日比:-0.48%
東証2部 値上:43% 値下:43% 変わらず:7% 前日比:+0.15%
JASDAQ  値上:40% 値下:45% 変わらず:9% 前日比:-0.16%
マザーズ 値上:37% 値下:59% 変わらず:3% 前日比:-0.46%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は終日マイナス圏推移でしたが、保有株は後場上げ幅を縮小するも、ギリギリプラス圏を維持しての大引けへ。
大引け時のトータルは、前日比△5,250円高で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
買い(手数料込み取得単価)
新規:ドーン 1,430.2円で500株(1,432円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
ドーン(△47高、+3.5%)新規買
 地理情報システムソフトを使ったソフト受託開発、株クラで話題打診買いもJC…😓
◯ゲオHD(△39高→△39高、+2.4%)
◯ウエルシアHD(△90高→△110高、+1.8%)
◯バリューHR(△46高→△35高、+1.6%)
◯共和コーポレーション(△7高→△9高、+1.3%)
◯ソフトバンクT(▼16安→△34高、+1.2%)
◯JESHD(△19高→△18高、+1.0%)
◯アトム(△11高→△10高、+1.0%)
●イオレ(▼67安→▼100安、-5.2%)
●燦キャピタルM(▼6安→▼3安、-2.5%)
●有沢製作所(▼16安→▼23安、-2.4%)
●野村マイクロ(▼28安→▼22安、-2.4%)
●チャームケア(▼18安→▼25安、-1.5%)
●ジャムコ(▼18安→▼35安、-1.2%)


JCになるかも、ヤバイかもと思いつつ買ったドーン…やっぱりJCでした。😵


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯SKジャパン(△73高、+8.4%)
◯アルファクスFS(△65高→△96高、+7.0%)
◯共同PR(△122高、+6.3%)
◯ユニバE(△105高→△100高、+2.7%)
◯多木化学(△170高、+2.3%)
◯愛光電気(△50高、+1.1%)
●トーヨーアサノ(▼190安→▼1,470安、-20.6%)一時S安
●MTジェネックス(▼1,450安→▼2,740安、-8.8%)
●ピクセラ(▼9安→▼12安、-7.5%)
●メイコー(▼185安、-5.3%)
●テリロジー(▼61安→▼86安、-4.8%)
●そーせいグループ(▼46安、-4.1%)
●技研製作所(▼155安、-4.0%)
●JMC(▼155安、-4.0%)
などがありました。

トーヨーアサノ…後場に入って急落し、一気にS安へ。何度か張り付いたり剥がれたりしていたのでS安値で買い注文をだしておきましたが未約定。

ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落。下げ幅は一時200円を超えた。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を受け米金利が上昇し、リスク資産からの資金流出懸念が強まった。為替がドル高/円安に振れたことは支援材料となったが、上海総合指数が2%を超す下げとなり日本株の重しとなった。貿易摩擦による中国景気減速への警戒感もあり、機械、化学、鉄鋼などの景気敏感セクターが売り優勢だった。TOPIXは前営業日比0.54%安で取引を終了。

FOMC議事録がタカ派との受け止めが広がり米金利が上昇、利ざや改善に期待した買いが入り、保険、銀行などもしっかりだった。市場では「来週から本格化する企業決算への期待が一時期より後退している。最近では決算発表後に値動きが荒くなる銘柄も多く、決算発表前は手掛けにくい」(国内証券)との声が出ていた。


ーーーーーーーーーーーーーーー


保有株は何とかプラス圏に踏みとどまりましたが、投信も下げてくると思われるので、トータルはマイナスになったのではないかと…。


明日はいい1日になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

ひふみプラス △890円高(1万口あたり)の△157,570円高

久しぶりに投信も大幅反発となりました。


ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 ▼120.24安 上値重く反落も保有株はプラス圏推移



前場の日経平均株価は、前日比▼120.24円安(-0.53%)の22,720円88銭となりました。

イメージ 4


前場為替5分足チャート
イメージ 5

ーーーーーーーーーーーーーーー


10/17の米国株式は反落。NYダウが前日比▼91.74$安の25,706.68$、ナスダック総合指数が、同▼2.787Pt安の7642.703Ptで取引を終了。


前日に大きく上げた反動から売り注文が優勢となり、ダウは一時前日比で▼300$を超える下げとなる場面もあったほか、原油在庫量の増加から原油先物価格が大幅反落したことも相場の重しとなったとの解説がありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比△30.16円高の22,871円28銭となり、小幅続伸してのスタート。前日、米財務省が公表した為替報告書で日本、中国ともに為替操作国認定が見送られ、急激な円高進行リスクが後退したしたことが安心材料になっているとのことでした。
ただし、寄り後は上値は重くマイナス圏に沈む展開となりました。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、一時プラス圏に浮上する場面があるも中国株の下落を受けて失速し、再びマイナス圏に沈む展開へ。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:46% 値下:48% 変わらず:  4% 前日比:-0.18%
東証2部 値上:49% 値下:36% 変わらず:11% 前日比:+0.29%
JASDAQ  値上:45% 値下:38% 変わらず:11% 前日比:+0.04%
マザーズ 値上:44% 値下:49% 変わらず:  6% 前日比:-0.01%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場はマイナス圏に沈む展開でしたが、保有株はプラス圏でもみ合いながらの前引けへ。前場トータルは、前日比△76,925円高となっています。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 6

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
買い(手数料込み取得単価)
買増:シェアリングT 2,701円で200株(2,704円)

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯ゲオHD(△39高、+2.4%)
◯バリューHR(△46高、+2.1%)
◯サカイHD(△31高、+2.0%)
◯イオン(△39.5高、+1.5%)
◯ビックカメラ(△22高、+1.5%)
◯ウエルシアHD(△90高、+1.5%)
◯Casa(△17高、+1.3%)
◯アトム(△11高、+1.1%)
◯JESHD(△19高、+1.0%)
◯共和コーポレーション(△7高、+1.0%)
◯東海カーボン(△19高、+0.9%)
●燦キャピタルM(▼6安、-5.0%)
●イオレ(▼67安、-3.5%)
●野村マイクロ(▼28安、-3.1%)
●有沢製作所(▼16安、-1.7%)
●チャームケア(▼18安、-1.1%)
シェアリングT(▼6安、-0.2%)買増 


シェアリングT…力強い動きと感じ、買い増すも反転下落。😓



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯アルファクスFS(△65高、+4.7%)
◯ドーン(△44高、+3.3%)
◯バリューデザイン(△90高、+2.9%)
◯ユニバE(△105高、+2.9%)
◯ポエック(△140高、+2.7%)
◯太陽工機(△90高、+2.6%)
●ピクセラ(▼9安、-5.6%)
●MTジェネックス(▼1,450安、-4.7%)
●UTグループ(▼180安、-4.6%)
●スタジオアタオ(▼93安、-3.4%)
●テリロジー(▼61安、-3.4%)
●トーヨーアサノ(▼190安、-2.7%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー



ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替・先物ともに横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…。😌




後場に続きます→




更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比△291.88円高(+1.29%)の22,841円12銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、やや上げ幅を縮小するも高値圏で推移。22,800円を軸にしたもみ合い推移のまま大引けを迎える展開へ。


市場別の指数は、TOPIX△25.96Pt、マザーズ指数△20.48Pt、JASDAQ△2.40Pt。


東証1部の売買代金は、約2.51兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:92% 値下:  5% 変わらず:1% 前日比:+1.56%
東証2部 値上:61% 値下:24% 変わらず:8% 前日比:+1.26%
JASDAQ  値上:64% 値下:23% 変わらず:7% 前日比:+1.47%
マザーズ 値上:82% 値下:14% 変わらず:2% 前日比:+2.39%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場はプラス圏推移ながらも上げ幅を縮小しましたが、保有株はわずかながらも上げ幅を拡大する展開へ。大引け時のトータルは、前日比△409,877円高で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
売り(取得単価)
全部:UTグループ 3,870円で200株(3,836円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯バリューHR(△115高→△134高、+6.4%)
◯野村マイクロ(△28高→△53高、+6.2%)
◯イオレ(△38高→△107高、+5.9%)
◯チャームケア(△81高→△90高、+5.7%)
◯JESHD(△29高→△88高、+5.1%)
◯Casa(△62高→△49高、+3.9%)
◯ゲオHD(△38高→△56高、+3.5%)
◯ビックカメラ(△39高→△48高、+3.4%)
◯シェアリングT(△65高→△71高、+2.7%)
◯オオバ(△17高→△18高、+2.7%)
◯有沢製作所(△26高→△25高、+2.7%)
◯ジャムコ(△76高→△61高、+2.1%)
◯オリックス(△33高→△36.5高、+2.0%)
◯共和コーポレーション(△12高→△12高、+1.8%)
◯アトム(△9高→△14高、+1.4%)
◯東海カーボン(△49高→△27高、+1.4%)
◯イオン(△27高→△33高、+1.3%)
◯日立製作所(△38高→△42高、+1.2%)
◯ウエルシアHD(±0→△70高、+1.2%)
UTグループ(△30高→△25高、3,910円、+0.6%)全部売
燦キャピタルM(▼3安→▼10安、-7.7%)前場新規買



UTグループ…保有後重苦しい値動きだったので、ポジ縮小売りへ。

燦キャピタルM…買い時を間違えましたな。


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯バリューデザイン(△376高→△498高、+19.2%)全部売
◯愛光電気(△700高、+17.4%)後場一気にS高
◯トーヨーアサノ(△1,000高、+16.3%)後場一気にS高
◯トウキョウベース(△62高→△69高、+11.0%)
◯UUUM(△320高、+8.7%)
◯IBC(△93高→△105高、+7.2%)
◯技研製作所(△165高→△225高、+6.2%)
●ポエック(▼140安→▼250安、-4.6%)
●オリバー(▼124安→▼80安、-3.5%)全部売
●アルファクスFS(▼24安、-1.7%)
●ピクセラ(▼2安、-1.2%)
などがありました。

以前の保有株アクトコール…貴重な11月優待期末銘柄で、200株で4000円分のクオカードと優待族から大人気でしたが、15日の引け後に最終赤字転落・無配・株主優待廃止というとんでもIRを開示し、昨日、今日と圧倒的売り残を残しての2連S安に。
株価をみると、去年の優待期末直前の株価が1,790円で今日の終値は577円。明日の値幅制限拡大で、下限となると477円なので株価は約3分の1へ。
赤字と無配は仕方ないにしても、優待制度を残せばここまでひどいことにはならなかったのではと思いますが、経営陣の判断ミスは罪深いですな。

ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の米国市場で主要株価3指数が2%を超す上昇となった流れを引き継ぐ形で買いが先行。上げ幅は一時400円を超え、23,000円に接近した。東証1部銘柄の9割超が上昇する全面高商状となったが、高値圏では戻り売りに押された。短期筋による先物への買い戻しも徐々に一服感がみられ、指数は伸び悩んだ。TOPIXも続伸。

市場関係者は「米金利が徐々に落ち着きを取り戻しているのはプラスだが、相場急変後の動揺が収まるまでは時間がかかる。円安による業績期待がやや薄れつつあるのも気掛かり」と話 
す。

朝方はソフトバンクグループが買われ日経平均を押し上げた。米配車大手ウーバー・テクノロジーズが来年の実現を目指す新規株式公開(IPO)で、評価額が1200億ドルに達する可能性があると米紙WSJが報道。筆頭株主であるソフトバンクに対しては上場時の含み益への期待が広がり、一時6%近く上昇した。
ただ、サウジアラビアの反政府記者失踪問題とその動向が注目される中、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の運営に対する不透明感が引き続き株価の重しとなり、2.1%高で取引を終了。日経平均もこれに連れる形で上げ幅を縮小した。 


ーーーーーーーーーーーーーーー


今日は下値不安はまったくない、久しぶりにあーんしんして見ていられる一日でした。いつもこうならいいのにと思いましたな。


明日もいい1日になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

ひふみプラス ▼174円安(1万口あたり)の▼30,805円安

日経平均は大きく上げたので期待しましたがプロ運用でもマイナス計上…。やはり指数のみの不自然な上げだったんでしょうかね。


ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 △358.49高 米株高背景に大幅続伸



前場の日経平均株価は、前日比△358.49円安(+1.59%)の22,907円73銭となりました。

イメージ 5


前場為替5分足チャート
イメージ 4

ーーーーーーーーーーーーーーー


10/16の米国株式は大幅に反発。NYダウが前週末比△547.87$安の25,798.42$、ナスダック総合指数が、同△214.746Pt高の7645.490Ptで取引を終了。

米7-9月期決算発表が本格化し、好決算を発表した大型銘柄が買われ、指数を押し上げたとの解説がありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前営業日比△257.35円高の22,806円59銭となり、大幅続伸してのスタート。前日の米株市場が大幅反発、CME日経平均先物価格も大証比△450円超高、為替も1$=112円台前半で安定推移していることが支援材料となり、大幅続伸で始まったとのこと。騙し上げ…じゃなかった…。😅



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、為替の安定推移継続を好感し、上げ幅が拡大する展開。一時前日比△400円超高となる場面も。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:92% 値下:  5% 変わらず:1% 前日比:+1.54%
東証2部 値上:68% 値下:18% 変わらず:9% 前日比:+1.34%
JASDAQ  値上:68% 値下:19% 変わらず:8% 前日比:+1.59%
マザーズ 値上:87% 値下:  9% 変わらず:3% 前日比:+2.11%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


大幅高の市場に連れ高となり、保有株も大幅反発する展開。前場トータルは、前日比△381,078円高となっています。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 6

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
買い(手数料込み取得単価)
新規:サカイHD 1,575円で300円(1,576円)
新規:燦キャピタルM 138円で1000株(139円)
売り(取得単価)
全部:バリューデザイン 3,095円で100株(2,329円)
全部:オリバー 2,164円で100株(2,157円)

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
バリューデザイン(△376高、2,968円、+14.5%)全部売
◯バリューHR(△115高、+5.5%)
◯チャームケア(△81高、+5.1%)
◯Casa(△62高、+5.0%)
◯野村マイクロ(△28高、+3.3%)
◯有沢製作所(△26高、+2.8%)
◯ビックカメラ(△39高、+2.7%)
◯ジャムコ(△76高、+2.6%)
◯オオバ(△17高、+2.6%)
◯シェアリングT(△65高、+2.5%)
◯東海カーボン(△49高、+2.4%)
◯ゲオHD(△38高、+2.4%)
◯ニッポン高度紙工業(△66高、+2.4%)
◯イオレ(△38高、+2.1%)
◯オリックス(△33高、+1.8%)
◯共和コーポレーション(△12高、+1.8%)
◯JESHD(△29高、+1.7%)
◯ソフトバンクT(△33高、+1.2%)
◯日立製作所(△38高、+1.1%)
◯イオン(△27高、+1.1%)
◯アトム(△9高、+0.9%)
サカイHD(△5高、+0.3%)新規買
 東海地盤の独立系携帯電話販売店・太陽光発電が収益の柱
オリバー(▼124安、2,176円、-5.4%)全部売
燦キャピタルM(▼3安、-2.3%)新規買
 太陽光発電・投資用不動産サービス業


バリューデザイン…朝から強かったので無理だろうなと思いつつ、S高値で指値売り注文を出しておいたところ約定。急騰は売りということで、一旦お別れしました。もっと買っとけ俺…😓



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯トウキョウベース(△62高、+9.9%)
◯IBC(△93高、+6.3%)
◯テセック(△84高、+5.6%)
◯カワタ(△103高、+4.7%)
◯技研製作所(△165高、+4.6%)
◯ドーン(△58高、+4.5%)
●ポエック(▼140安、-2.6%)
●MTジェネックス(▼700安、-2.2%)
●SKジャパン(▼18安、-2.1%)
●テリロジー(▼25安、-1.4%)
●多木化学(▼70安、-1.0%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー



ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替・先物ともに横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…。😌




後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。



本日の大引けの日経平均株価は、前日比△277.94円高(+1.25%)の22,549円24銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明けにGDスタートとなりマイナス圏に沈むも、そこから先物主導での怒涛のリバとなり、最終的には高値引けとなる展開へ。

ただ、高値引けしたとはいえ、世界的な株安の原因は何一つ解決されていないので、指数だけが上がる謎上げの部類ではないかと思いましたな。


市場別の指数は、TOPIX△12.47Pt、マザーズ指数△1.37Pt、JASDAQ△0.17Pt。


東証1部の売買代金は、約2.48兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:52% 値下:43% 変わらず:  4% 前日比:+0.71%
東証2部 値上:42% 値下:40% 変わらず:12% 前日比:+0.07%
JASDAQ  値上:44% 値下:43% 変わらず:  8% 前日比:+0.02%
マザーズ 値上:52% 値下:45% 変わらず:  1% 前日比:+0.05%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は大幅高となるも、保有株は恩恵なくマイナス圏に沈む展開へ。
大引け時のトータルは、前日比▼40,688円安で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
売り(取得単価)
全部:丸運 321.5円で400株(357円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯シェアリングT(△149高→△162高、+6.6%)
◯バリューデザイン(△120高→△92高、+3.7%)
◯イオレ(▼1安→△33高、+1.8%)
◯ソフトバンクT(△48高→△35高、+1.3%)
●ニッポン高度紙工業(▼94安→▼114安、-3.9%)
●チャームケア(▼27安→▼36安、-2.2%)
●JESHD(▼39安→▼37安、-2.1%)
●オオバ(▼5安→▼12安、-1.8%)
●Casa(▼10安→▼16安、-1.3%)
●バリューHR(△13高→▼22安、-1.0%)
●UTグループ(▼105安→▼35安、-0.9%)
丸運(▼4安→▼2安、323円、-0.6%)全部売



市場は後場謎上げですが、保有株は蚊帳の外…。丸運は、保有後弱含みが続いたのでポジ縮小売りしました。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯SKジャパン(△110高→△150高、+21.0%)S高
◯アルファクスFS(△87高→△169高、+13.7%)
◯トーヨーアサノ(△580高→△650高、+11.9%)全部売
◯スタジオアタオ(△88高→△141高、+5.5%)
◯グレイスT(△140高、+4.6%)
◯技研製作所(△100高→△140高、+4.0%)
●愛光電気(▼640安、13.7%)
●ポエック(▼730安→▼670安、-10.9%)
●MTジェネックス(▼3,300安→▼2,200安、-6.6%)
●UUUM(▼85安→▼205安、-5.3%)
●極東産機(▼86安→▼38安、-3.1%)全部売
●太陽工機(▼120安→▼85安、-2.5%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は大幅反発し高値引けとなった。自律反発狙いの買いが先行した後は売りに押され、下げに転じる場面があったが、安値圏では押し目買いに支えられ底堅く推移した。後場に断続的な先物買いが入り、上げ幅を270円超に拡大。指数寄与度の高い値がさ株の上昇が底上げに寄与し、22,500円台半ばで取引を終えた。TOPIXは0.74%高。

ファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクグループの3銘柄の上昇が、日経平均を約136円押し上げる要因となった。中国9月消費者物価指数の発表を受け、中国景気の先行きに対する過度な懸念が後退。米株価指数先物が上昇し、ショートカバーを誘発した。

市場では「米金利上昇によるグロース株のバリュエーション修正は一段落したが、為替条項やブレグジット懸念など悪材料が相次いでいる。リスクオフの円高という感じにはなっていないが、強気にもなりにくい」(国内投信)との声が出ている。


ーーーーーーーーーーーーーーー


日経平均は大きく値を上げましたが、内容を見ると、売買代金はいまいち、騰落数でも上げ下げは拮抗状態のため底打ちというより騙し上げの部類かなとも感じました。


明日はいい1日になりますように…😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

ひふみプラス ▼345円安(1万口あたり)の▼61,080円安

でした。


ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 △136.24高 自立反発狙いの買いから反発へ



前場の日経平均株価は、前日比△136.24円安(+0.61%)の22,407円54銭となりました。

イメージ 4


前場為替5分足チャート
イメージ 5

ーーーーーーーーーーーーーーー


10/15の米国株式は反落。NYダウが前週末比▼89.44$安の25,250.55$、ナスダック総合指数が、同▼66.150Pt安の7430.744Ptで取引を終了。

サウジアラビアによる同国人記者の殺害疑惑から、米国との関係悪化が警戒され、売りが優勢となったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前営業日比△26.90円高の22,298円20銭となり、反発してのスタート。前日の米国株は反落したものの、円高進行に一服感が出たことと、日本株の短期的な売られすぎシグナルも出ていたことから買い戻しの動きが優勢となったとの解説がありました。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、戻り売りに押され一時マイ転する場面がありましたが、発表された中国の9月消費者物価指数が堅調な結果だったことから、反転上昇となり、上げ幅を拡大する展開へ。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:52% 値下:42% 変わらず:  4% 前日比:+0.41%
東証2部 値上:44% 値下:39% 変わらず:12% 前日比:-0.02%
JASDAQ  値上:41% 値下:43% 変わらず:12% 前日比:-0.15%
マザーズ 値上:46% 値下:49% 変わらず:  4% 前日比:-0.21%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は100円超の値上がり推移となっていますが、保有株は前日終値を挟んだもみ合い推移の展開。前場集計は、前日比△4,220円高となっています。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 6

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
売り(取得単価)
全部:トーヨーアサノ 5,500円で100株(3,818円)
全部:セイヒョー 3,200円で100株(4,091円)
全部:極東産機 1,186円で100株(1,300円)


【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
トーヨーアサノ(△580高、6,060円、+10.6%)全部売
◯シェアリングT(△149高、+6.1%)
◯バリューデザイン(△120高、+4.8%)
◯野村マイクロ(△15高、+1.8%)
◯ソフトバンクT(△48高、+1.7%)
◯共和コーポレーション(△8高、+1.2%)
極東産機(▼86安、1,152円、-7.0%)全部売
●ニッポン高度紙工業(▼94安、-3.2%)
●UTグループ(▼105安、-2.7%)
●JESHD(▼39安、-2.2%)
セイヒョー(▼65安、3,205円、-2.0%)全部売
●チャームケア(▼27安、-1.7%)
●丸運(▼4安、-1.2%)



トーヨーアサノ…昨夜のPTS取引から乱高下が始まり、ザラ場になっても乱高下継続。マイ転し深掘りしそうに感じた時点で、前日比プラスで指値売りしておいたところ約定。その後売ったら上がって一時S高まで。┐(´д`)┌ヤレヤレ

極東産機、セイヒョー…弱含みで損切り、CPを高めることに。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯SKジャパン(△110高、+15.4%)
◯アルファクスFS(△87高、+7.1%)
◯スタジオアタオ(△88高、+3.5%)
◯技研製作所(△100高、+2.9%)
◯ユニバE(△95高、+2.8%)
◯ドーン(△34高、+2.7%)
●ポエック(▼730安、-11.9%)
●MTジェネックス(▼3,300安、-9.9%)
●テリロジー(▼78安、-4.3%)
●太陽工機(▼120安、-3.5%)
●UUUM(▼85安、-2.2%)
●ビジョン(▼安、-%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー



ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替はやや円安振れ、先物はランチタイム入りから約20〜30円ほどの値下がり推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか…。😌




後場に続きます→




更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事