※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


本日の大引けの日経平均株価は、前日比▼171.42円安(-0.75%)の22,680円33銭でFinish。

イメージ 1

為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明けに下げ幅を拡大させ、節目の22,600を割り込む寸前まで弱含みましたが、そこから切り返してジリジリと値を戻しながらの大引けとなりました。


市場別の指数は、TOPIX▼17.61Pt、マザーズ指数▼15.58Pt、JASDAQ▼1.33Pt。


東証1部の売買代金は、約2.26兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:24% 値下:72% 変わらず:3% 前日比:-0.95%
東証2部 値上:28% 値下:63% 変わらず:6% 前日比:-1.15%
JASDAQ  値上:27% 値下:62% 変わらず:6% 前日比:-0.66%
マザーズ 値上:28% 値下:69% 変わらず:2% 前日比:-1.01%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の保有株は、全体的には弱含む銘柄が大半となりましたが、一部銘柄が高騰してくれまして、前引け時より下げ幅を縮小しながらの大引けへ。トータル収支は、前日比▼43,570円安で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》
買い(手数料込み取得単価)
新規:ユニプレス 2,337円で100株(2,340円)

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯ラクスル(△125高→△349高、+14.0%)
◯第一カッター(△135高→△185高、+6.0%)
◯Casa(△130高→△137高、+5.6%)
◯UTグループ(△120高→△90高、+2.2%)
●東海カーボン(▼112安→▼80安、-3.8%)
●豆蔵HD(▼35安→▼34安、-3.3%)
●ムゲンエステート(▼36安→▼34安、-2.9%)
●ゲオHD(▼29安→▼41安、-2.6%)
●仙波糖化工業(▼13安→▼30安、-2.6%)
●バリューHR(▼27安→▼51安、-2.5%)
●ビックカメラ(▼33安→▼32安、-1.8%)
●エリアクエスト(▼3安→▼5安、-1.8%)
●オリックス(▼15.5安→▼21安、-1.1%)
ユニプレス(▼26安、-1.1%)新規買
 自動車用プレス最大手・車体骨格・変速機部品も、新素材使用の車体骨格部品の量産化(世界初)成功との開示で話題、打診買い


UTグループは上げ幅を縮小しましたが、ラクスルが爆上げして穴埋めしてくれました。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯ICDA-HD(△101高、+5.2%)
◯スカラ(△31高→△44高、+4.9%)
◯キョウデン(△27高→△26高、+4.5%)
◯中村超硬(△116高→△115高、+4.2%)
◯西部電工(△75高、+2.0%)
◯チャームケア(△19高、+1.9%)
●伏木海陸運送(▼229安→▼265安、-13.7%)
●兵機海運(▼289安→▼305安、-11.8%)
●HANATOUR(▼187安→▼305安、-9.6%)
●シンワワイズ(▼46安→▼39安、-7.3%)
●SAMURAI(▼31安→▼44安、-7.1%)
●アイフリーク(▼18安、-4.4%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は反落した。米中間の貿易戦争への懸念に加え、近畿地方で寄り付き前に発生した最大震度6弱の地震が投資家心理を悪化させた。景気敏感株にとどまらず、内需セクターにも売り圧力が加わり、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。TOPIXは0.98%安で取引を終了。
大引けにかけては手控えムードが優勢となり、膠着感が強まった。 
     
市場では「通商問題もあるが、今日の下げに関して言えば地震の部分が大きい。工場の稼動を停止した企業もあり、どの程度の影響が出るかまだ分からない。いったんは売っておこうという流れにつながった」(国内証券)との声が出ていた。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り前に大阪で大きな地震とのニュース速報を見て、背筋がヒヤッとしましたが、保有株への影響はごくわずかなものにとどまりました。ε-(´∀`*)ホッ


しかし、各地で地震が頻発しているのが不気味というか、何か関連性があるのか分かりませんが…嫌な感じですな。


これ以上被害が広がりませんように…。😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆



【前場編】 ▼189.07円安 市場は大幅反落も保有株は影響軽微


前場の日経平均株価は、前日比▼189.07円安(-0.83%)の22,662円68銭となりました。

イメージ 5

前場為替5分足チャート
イメージ 6


ーーーーーーーーーーーーーーー


前週末6/15の米国株式は、NYダウが前日比▼84.83$安の25,090.48$と4日続落、ナスダック総合指数は同▼14.664Pt安の7746.378Ptと反落して取引を終了。

米トランプ政権が、中国製品への25%の追加関税を実施すると発表、米中の貿易摩擦激化への懸念が高まり売り注文が優勢となったとのこと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比▼45.18円安の22,806円57銭となり反落してのスタート。米中の貿易摩擦激化の懸念から米株式が下落。さらに、朝方、関西地方で大きな地震(最大震度6弱)が発生、被害状況を確認したいとする様子見ムードも広がっているとの解説がありました。



寄り付きから前引けまでの日経平均株価は、売り一巡後に一時下げ渋る場面を見せるも、徐々に下げ幅を拡大する展開へ。下げ幅は一時▼225円安をつける場面がありましたが、為替の円高振れに一服感がでるとやや値を戻しながらの前引けとなりました。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:21% 値下:74% 変わらず:4% 前日比:-1.02%
東証2部 値上:28% 値下:61% 変わらず:9% 前日比:-0.9%
JASDAQ  値上:31% 値下:59% 変わらず:7% 前日比:-0.82%
マザーズ 値上:19% 値下:77% 変わらず:3% 前日比:-1.80%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は一時200円超のマイナスでしたが、保有株は一部銘柄が値を上げてくれまして、影響は軽微なものとなっています。前引け時のトータルは前日比▼51,150円安で取引を終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》 前場なし

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯Casa(△130高、+5.3%)
◯ラクスル(△125高、+5.0%)
◯第一カッター(△135高、+4.3%)
◯UTグループ(△120高、+2.9%)
●東海カーボン(▼112安、-5.3%)
●豆蔵HD(▼35安、-3.3%)
●ムゲンエステート(▼36安、-3.1%)
●日本モーゲージS(▼38安、-3.0%)
●ビックカメラ(▼33安、-1.9%)
●ゲオHD(▼29安、-1.9%)
●バリューHR(▼27安、-1.9%)
●アトム(▼13安、-1.2%)
●仙波糖化工業(▼13安、-1.1%)
●エリアクエスト(▼3安、-1.1%)




今日もMyPFの命運は、UTグループが握っている…ような展開です。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯キョウデン(△27高、+4.7%)
◯中村超硬(△116高、+4.2%)
◯スカラ(△31高、+3.5%)
◯ウィザス(△4高、+1.0%)
◯マニー(△50高、+1.0%)
●伏木海陸運送(▼229安、-11.9%)
●兵機海運(▼289安、-11.2%)
●シンワワイズ(▼46安、-8.6%)
●HANATOUR(▼187安、-5.9%)
●昭和電工(▼275安、-5.5%)
●SAMURAI(▼31安、-5.0%)
などがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の動きは、為替・先物ともに横ばい推移…という動きになっています。



後場はどうなりますでしょうか。😌



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


6/15の保有投信結果は

 レオス-ひふみプラス △13,305円高

でした。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【週次・月次・年次集計】

◯2018年第24週(6/11〜6/15)の集計結果

 週次集計   △488,779円   (△1.87%)
 月次集計     △862.903円   (△3.35%)
 年次集計  ▼1,383,997円 (▼4.94%)

今週の星取表は「◯◯◯●◯」の4勝1敗の勝ち越し。マイナスになった木曜も現物株はプラス、投信がマイナスでトータルでマイナスになったので、実質は全勝だったといってもいいと思います。収支も先週に引き続き(週次集計としては)大幅プラスを計上することができました。

今月前半は予想以上のいい成績だったので、後半も気を抜かずにいいペースでいって欲しいものです。




【市場別の指数変動】

《週次》
イメージ 1
イメージ 2


 日経平均 22,694.50 → 22,851.75 △0.69%
 TOPIX   1,781.44 →   1,789.04 △0.43%
 JASDAQ平均   3,941.61 →   3,982.55 △1.04%
 マザーズ指数   1,128.49 →   1,151.85 △2.07%
 MyPF                 △1.87%

MyPFの指数比は、2%を超える上昇だったマザーズにはアンダーパフォームしたものの、他の指数にはアウトパフォームしました。


今週は、ラクスル、UTグループ、第一カッター、Casa、マクドナルド、仙波糖化工業、日本モーゲージSなどが強含みとなった反面、エリアクエスト、東海カーボンなどが弱含み推移になりました。



《月次》

 日経平均 22,201.82 → 22,851.75 △2.93%
 TOPIX   1,747.45 →   1,789.04 △2.38%
 JASDAQ平均   3,938.24 →   3,982.55 △1.13%
 マザーズ指数   1,135.26 →   1,151.85 △1.46%
 MyPF                 △3.35%


《年次》

 日経平均 22,764.94 → 22,851.75 △0.38%
 TOPIX   1,817.56 →   1,789.04 ▼1.57%
 JASDAQ平均   3,950.46 →   3,982.55 △0.81%
 マザーズ指数   1,231.99 →   1,151.85 ▼6.50%
 MyPF                   ▼4.94%


ーーーーーーーーーーーーーーー


所要で金曜深夜から出掛けるため、海外動静については省略です。


今週は、米朝首脳会談、FOMC、ECB理事会、日銀政策決定会合など重要イベントがてんこ盛りでしたが、為替の円安振れで相場は安定的だったなという印象でした。


できれば節目の23,000円を回復して終わってくれれば良かったのですが、週明けの東京市場はどうなりますでしょうかね。


来週もいい一週間になりますように…😌


それではまた (⌒▽⌒) /


更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


本日の大引けの日経平均株価は、前日比△113.14円高(+0.50%)の22,851円75銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム中に発表された日銀金融政策決定会合の結果を受けた為替の円安振れを材料に、ランチタイム明けに小幅GUスタートとなるもすぐに失速。ただ、為替が円安進行となったことが材料となり、プラス圏でもみ合い推移となっての大引けになりました。


市場別の指数は、TOPIX△5.15Pt、マザーズ指数△5.61Pt、JASDAQ▼0.29Pt。


東証1部の売買代金は、約3.08兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:36% 値下:60% 変わらず:3% 前日比:+0.30%
東証2部 値上:44% 値下:43% 変わらず:9% 前日比:-0.48%
JASDAQ  値上:37% 値下:50% 変わらず:7% 前日比:-0.19%
マザーズ 値上:48% 値下:50% 変わらず:1% 前日比:+0.68%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の保有株は、前場大幅上昇していた主力株が上げ幅を縮小したことで、トータルでは上げ幅を大幅に縮小しながらの大引けへ。
トータル収支は、前日比△52,199円高で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》 後場なし

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯ラクスル(△152高→△199高、+8.6%)
◯UTグループ(△245高→△135高、+3.4%)
◯第一カッター(△90高→△85高、+2.8%)
◯Casa(△61高→△60高、+2.5%)
◯イオン(△35高→△33.5高、+1.4%)
◯マクドナルド(△30高→△60高、+1.0%)
◯ビックカメラ(△20高→△16高、+0.9%)
●バリューHR(▼56安→▼53安、-2.5%)
●クワザワ(▼6安→▼18安、-1.8%)
●日本モーゲージS(▼7安→▼21安、-1.6%)
●東海カーボン(▼31安→▼29安、-1.4%)
●ゲオHD(▼13安→▼21安、-1.3%)


UTグループが上げ幅を大幅縮小したことがイタかったですな。


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯伏木海陸運送(△400高、+26.1)S高
◯SAMURAI(△31高→△67高、+12.2%)
◯兵機海運(△423高→△177高、+7.4%)
◯中村超硬(△94高、+3.6%)
◯キョウデン(△20高→△18高、+3.2%)
◯ステラケミファ(△90高→△115高、+3.0%)
●クレアHD(▼3安→▼3安、-8.3%)
●UMCエレクトロ(▼107安→▼117安、-4.3%)
●OKWAVE(▼130安→▼170安、-4.1%)
●日和産業(▼9安→▼11安、-3.4%)
●HANATOUR(▼80安→▼100安、-3.1%)
●オリジナル設計(▼26安→▼27安、-3.0%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は反発した。欧州中央銀行(ECB)理事会では量的緩和を年内に終了する一方、少なくとも来年夏までの間、利上げを見送る方針が示された。金融引き締めの影響に対する投資家の過度な懸念が後退。日本株は買い戻しが優勢となったが、米中貿易摩擦に対する警戒感が上値を圧迫した。日銀の金融政策決定会合は想定通り現状維持となり、相場への反応は限定的だった。TOPIXは0.29%高と日経平均を下回って取引を終了。

日経平均に対しては2.37%高となったファストリ、TDK、太陽誘電の3銘柄の上昇が、合計で約81円の押し上げ要因となった一方、東エレは4.86%安となり、1銘柄で日経平均を約36円押し下げた。 

トランプ米大統領は関税の対象となる中国製品について、4月に公表した総額500億$相当の製品リストの修正版を今晩公表する予定。日本株は買い一巡後は伸び悩む展開だった。

市場関係者は「重要イベントが相次いだが、結果として終値は今週23,000円台を回復できず、今後の相場に尾を引きそう」(国内証券)と指摘。「目先のところでは上昇するためのカタリストが乏しい」と話す。


ーーーーーーーーーーーーーーー


今週の週次集計は、先週に引き続き、大きめなプラス収支となったと思われます。市場はマザーズが大きく上昇し、アンダーパフォームしましたが、他の指数にはアウトパフォームになったと思います。



来週もいい一週間になりますように…。😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

 レオスひふみプラス ▼28,293円安

現物株はプラスでしたが、投信でマイ転…まあ、日経平均が200円を超すマイナスでトータル収支6,000円弱のマイナスで通過できたのでヨシとしましょう。😅


ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 △89.16円高 円安振れを好感してプラス圏推移


前場の日経平均株価は、前日比△89.16円高(+0.39%)の22,827円77銭となりました。

イメージ 5


前場為替5分足チャート
イメージ 6

ーーーーーーーーーーーーーーー


6/14の米国株式は、NYダウが前日比▼25.89$安の25,175.31$と3日続落、ナスダック総合指数は同△65.343Pt高の7761.042Ptと反発して、2日ぶりに史上最高値を更新して取引を終了。

注目されたECB理事会は、国債買い入れなどの量的緩和策を今年いっぱいで終了、政策金利は2019年夏まで現行水準で維持することを決定。利上げを行った米国と欧州との金利差拡大から米10年物国債の金利が下落、金融株が軟調だったとの解説がありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比△144.63円高の22,883円24銭となり反発してのスタート。ECB理事会後もドル円相場が110円台半ばで円安推移となっていることが好感され、買い注文が優勢となって始まった模様です。


高寄りして始まった日経平均株価は、米中経済摩擦などへの懸念から上値が重く、上げ幅を縮小する場面があるも、前引けにかけて持ち直しをみせる展開へ。


市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:43% 値下:51% 変わらず:  5% 前日比:+0.28%
東証2部 値上:46% 値下:36% 変わらず:13% 前日比:+0.28%
JASDAQ  値上:40% 値下:44% 変わらず:11% 前日比:+0.06%
マザーズ 値上:49% 値下:46% 変わらず:  4% 前日比:+0.50%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


保有株は、寄り付き直後は軟調スタートだったものの、徐々に個別銘柄に動きが出てプラス圏に浮上する展開へ。前引け時のトータルは前日比△123,849円高で取引を終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》
売り
全部:不二サッシ 142円で100株(取得単価179円)
全部:クレアHD 32円で2500株(取得単価42円)

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯ラクスル(△152高、+6.6%)
◯UTグループ(△245高、+6.1%)
◯第一カッター(△90高、+3.0%)
◯Casa(△61高、+2.5%)
◯イオン(△35高、+1.5%)
◯ビックカメラ(△20高、+1.2%)
クレアHD(▼3安、33円、-8.3%)全部売
不二サッシ(▼4安、139円、-2.8%)全部売
●バリューHR(▼56安、-2.7%)
●東海カーボン(▼31安、-1.4%)



クレアHD…先日、決算遅れの開示を出してきたので、保有株数を半減させたところ、昨日引け後に「特損計上、貸倒引当金計上、棚卸資産評価損、業績予想の下方修正」とこれでもかというマイナス材料特盛の内容IRをシレッと開示。PTSでも大幅安になっていたので、寄り付きで全株売却して撤退しました。某有名投資家さんの参戦との情報で参戦しましたが、イナゴの串焼きになっただけでしたョ。(っ’-‘)╮セオイナゲ~


その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯兵機海運(△423高、+17.6%)売ったら激上げ…😓
◯SAMURAI(△31高、+5.6%)
◯キョウデン(△20高、+3.6%)
◯ステラケミファ(△90高、+2.4%)
◯Eガーディアン(△75高、+2.3%)
◯シンワワイズ(△11高、+2.1%)
●UMCエレクトロ(▼107安、-3.9%)
●OKWAVE(▼130安、-3.2%)
●オリジナル設計(▼26安、-2.9%)
●日和産業(▼9安、-2.7%)
●HANATOUR(▼80安、-2.4%)
●SOU(▼140安、-2.2%)
などがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイムに入ってすぐに、日銀金融政策決定会合の発表があり『金融政策の現状維持』、『ETF買い年6兆円』、『マネタリーベース物価上昇率が安定的に2%を超えるまで拡大を継続』との内容により為替が急激な円安振れ、先物も連れ高となっています。



後場はどうなりますでしょうかね。



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


本日の大引けの日経平均株価は、前日比▼227.77円安(-0.99%)の22,738円61銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、為替が円高方向に強含み、先物主導で値を下げての安値引け。


市場別の指数は、TOPIX▼16.48Pt、マザーズ指数▼7.38Pt、JASDAQ▼0.40Pt。


東証1部の売買代金は、約2.40兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:28% 値下:66% 変わらず:4% 前日比:-0.89%
東証2部 値上:34% 値下:48% 変わらず:14% 前日比:+0.32%
JASDAQ  値上:36% 値下:52% 変わらず:7% 前日比:-0.15%
マザーズ 値上:41% 値下:52% 変わらず:6% 前日比:-0.13%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は安値引けでしたが、保有株は逆行し、プラス圏に浮上する展開へ。トータル収支は、前日比△22,745円高で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》
イメージ 4

《売買銘柄》 後場なし

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯ラクスル(△129高→△191高、+9.0%)
◯Casa(△52高→△129高、+5.7%)
◯仙波糖化工業(△20高→△43高、+3.8%)
◯UTグループ(△110高→△115高、+3.0%)
◯第一カッター(▼51安→△54高、+1.8%)
◯日本モーゲージS(△18高→△21高、+1.7%)
◯クワザワ(△1高→△16高、+1.6%)
●不二サッシ(▼6安→▼9安、-5.9%)
●エリアクエスト(▼12安→▼13安、-4.4%)
クレアHD(▼1安→▼1安、-2.7%)前場一部売
●東海カーボン(▼48安→▼54安、-2.5%)
●ビックカメラ(▼49安→▼38安、-2.1%)
●豆蔵HD(▼14安→▼21安、-2.0%)
●イオン(▼26.5安→▼46安、-1.9%)
●オリックス(▼13安→▼25.5安、-1.4%)
ムゲンエステート(▼6安→▼11安、-0.9%)つなぎ売り



ラクスル、Casaの大幅上昇と、UTグループが後場も崩れなかったことが市場からの逆行高につながりました。



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯兵機海運(△85高→△400高、+20.0%)S高
◯ALBERT(△450高→△580高、+11.2%)
◯HANATOUR(△215高→△200高、+6.5%)
◯SOU(△250高→△240高、+3.9%)
◯テリロジー(△18高→△17高、+2.8%)
◯日和産業(△8高、+2.5%)
●SAMURAI(▼60安→▼60安、-9.8%)
●シンワワイズ(▼23安→▼23安、-4.1%)
●フィルカンパニー(▼250安、-3.8%)
●オリジナル設計(▼31安、-3.3%)
●マニー(▼140安、-2.7%)
●ブロードリーフ(▼13安→▼16安、-2.6%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反落。下げ幅は200円を超え安値引けとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢が確認され、前日の米国株が下落したことを嫌気した。米中貿易摩擦への懸念や為替の円高基調も重しだった。今晩の欧州中央銀行(ECB)理事会や明日まで開かれる日銀金融政策決定会合を前に売買が膨らまない中、利益確定売りが優勢となり大引けにかけて下げ幅が拡大した。TOPIXは0.92%安で取引を終了。
  
市場では「米金利の上昇方向がはっきりしたたため大型バリュー株より中小型グロース株が優位の展開だ 
が、日本株全般でみれば企業業績が上振れるようなシナリオも描きにくく新規のポジションは取りにくい」(国内証券)との声が出ていた。


ーーーーーーーーーーーーーーー



日経平均が弱含んだ中、保有株は小幅ながらもプラス引けで取引を終了。ただ、投信の結果によっては吹き飛びそうな予感がしてマス…。😅



明日もいい一日になりますように…。😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

 レオスひふみプラス △10,552円高

でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 ▼80.23円安 市場は軟調も保有株は踏ん張る


前場の日経平均株価は、前日比▼80.23円安(-0.35%)の22,886円15銭となりました。

イメージ 5

前場為替5分足チャート
イメージ 6


ーーーーーーーーーーーーーーー


6/13の米国株式は、NYダウが前日比▼119.53$安の25,201.20$と続落、ナスダック総合指数は同▼8.095Pt安の7695.699Ptと4日ぶりに反落して取引を終了。

注目されたFOMCでは、政策金利を0.25%引き上げ、年1.75-2.0%にすることを決定。年内の利上げ予定回数を2回とし、年内の利上げは4回となる見込みとしたとのこと。米経済は堅調との見方がある一方、金利上昇への企業業績への影響や中国との摩擦懸念が相場の重しとなり、売りが優勢となったとの解説がありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比▼123.42円安の22,842円96銭となり反落してのスタート。
前日の米株安と、米国の政策金利利上げにもかかわらず円高推移となっていることが嫌気され、売り注文が優勢となった模様です。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、マイナス圏内ながら下げ幅を縮小する動き。前場の相場の底は22,800円、天井は22,900円かな…という値動きでした。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:35% 値下:58% 変わらず:5% 前日比:-0.39%
東証2部 値上:38% 値下:42% 変わらず:16% 前日比:+0.26%
JASDAQ  値上:38% 値下:46% 変わらず:12% 前日比:+0.18%
マザーズ 値上:50% 値下:42% 変わらず:6% 前日比:+0.52%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


保有株は取引前半に2桁のマイナスとなるも、前引けにかけて下げ幅を縮小する展開へ。一時プラ転もありましたが失速、小幅反落での前引けとなりました。
前引け時のトータルは前日比▼7,205円安。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》
売り
一部:クレアHD 36円で2500株(取得単価42円)
つなぎ売り枠
ムゲンエステート 1,197円で100株 現物買・15日売

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯ラクスル(△129高、+6.1%)
◯UTグループ(△110高、+2.8%)
◯Casa(△52高、+2.3%)
◯仙波糖化工業(△20高、+1.8%)
◯日本モーゲージS(△18高、+1.4%)
●エリアクエスト(▼12安、-4.1%)
●不二サッシ(▼6安、-4.0%)
●ビックカメラ(▼49安、-2.8%)
クレアHD(▼1安、-2.7%)一部売
 決算遅れとの開示があり、寄り前の気配が大きく売り越しだったので保有数を半分に
●東海カーボン(▼48安、-2.2%)
●第一カッター(▼51安、-1.7%)
●豆蔵HD(▼14安、-1.3%)
●イオン(▼26.5安、-1.1%)
ムゲンエステート(▼6安、-0.5%)つなぎ売り


ムゲンエステート…6月優待期末銘柄で、つなぎ売り枠が残っているのをはっけーん。優待目的で取得しました。(1000分クオカード)



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯ALBERT(△450高、+8.7%)
◯HANATOUR(△215高、+7.0%)
◯兵機海運(△85高、+4.3%)
◯SOU(△250高、+4.1%)
◯チャームケア(△31高、+3.0%)
◯テリロジー(△18高、+2.9%)
●SAMURAI(▼60安、-9.8%)
●シンワワイズ(▼23安、-4.1%)
●ライザップG(▼42安、-2.6%)
●ブロードリーフ(▼13安、-2.1%)
●日本カーボンS(▼150安、-2.1%)
などがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の値動きは、為替がやや急激な円高振れ、先物が連れ安となっています。



後場…ヤバイのか?😓



後場に続きます→



更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


※当ブログの表記例は「△…プラス ▼…マイナス」となっています。


本日の大引けの日経平均株価は、前日比△88.03円高(+0.38%)の22,966円38銭でFinish。

イメージ 1


為替5分足チャート
イメージ 2


ーーーーーーーーーーーーーーー


後場の東京市場は、ランチタイム明けに窓を開けてのGUスタートとなったものの上値は重たい展開へ。何度か2万3千円アタックをするも、壁を破れず跳ね返されての大引けでした。


市場別の指数は、TOPIX△7.55Pt、マザーズ指数△5.55Pt、JASDAQ△0.48Pt。


東証1部の売買代金は、約2.25兆円。


市場別騰落銘柄(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:61% 値下:33% 変わらず:  4% 前日比:+0.40%
東証2部 値上:43% 値下:40% 変わらず:12% 前日比:+1.69%
JASDAQ  値上:45% 値下:42% 変わらず:  8% 前日比:+0.25%
マザーズ 値上:53% 値下:42% 変わらず:  4% 前日比:+0.68%
※JASDAQはスタンダード市場

東証2部の大幅上昇は、7千億の自己株取得を開示した東芝の+6.65%の上昇が原因のようです。(7千億あるならメモリ部門を売る必要があったんですかね?😒)

ーーーーーーーーーーーーーーー


市場は小幅ながら上げ幅を拡大しましたが、保有株は逆行し上げ幅を縮小する展開へ。トータル収支は、前日比△59,622円高で取引終了。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 3

《信用枠》 保有なし

《売買銘柄》
イメージ 4

【保有銘柄メモ】(前場→後場、前日比%)
◯東海カーボン(△4高→△47高、+2.2%)
◯ラクスル(△29高→△39高、+1.9%)
◯日本モーゲージS(△15高→△19高、+1.5%)
◯丸運(△2高→△5高、+1.4%)
◯UTグループ(△60高→△50高、+1.3%)
◯ゲオHD(△17高→△20高、+1.3%)
◯オリックス(△19高→△21.5高、+1.2%)
◯ビックカメラ(△24高→△19高、+1.1%)
マクドナルド(△30高→△50高、+0.9%)つなぎ売り
●不二サッシ(▼15安→▼19安、-11.1%)
●エリアクエスト(▼1安→▼6安、-2.0%)
●Casa(▼11安→▼40安、-1.7%)
●すかいらーく(△5高→▼15安、-0.9%)



マクドナルド…売建てをするのは、今日ではありませんでした。😓



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯フィルカンパニー(△340高、+5.4%)
◯UMCエレクトロ(△92高→△100高、+3.8%)
◯キョウデン(△18高、+3.3%)
◯日本カーボン(△160高→△190高、+2.8%)
◯コーセー(△590高→△670高、+2.7%)
◯Eガーディアン(△75高、+2.3%)
●兵機海運(▼232安→▼339安、-14.5%)
●OKWAVE(▼215安→▼355安、-8.0%)
●シンワワイズ(▼34安→▼16安、-2.8%)
●カーリットHD(▼26安→▼29安、-2.7%)
●石川製作所(▼56安、-2.7%)
などがありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【本日のまとめ(ロイター要約)】 

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。為替が1$=110円台の円安基調を維持して相場を支援した。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果判明を前に買い上がる勢いは乏しく、節目の23,000円に接近すると上値を抑えられて足踏みとなった。TOPIXは0.42%高で取引を終了。 

朝方から為替は円安基調で、企業収益への警戒感が後退して自動車株などに買い戻しが先行した。内需系の好業績株を物色する動きもみられた。ただ、商いは盛り上がりを欠き、東証1部の売買代金は2.25兆円にとどまった。 

市場では「為替の円安推移を受けて総じて堅調だったが、基本的に先物が中心の動きだった。FOMCがハト派寄りだったり欧州中央銀行(ECB)理事会がタカ派寄りとなるようなら、ドル安が意識され、短期的に相場が巻き戻されるリスクがあるため注意が必要」(外資系証券)との声が聞かれた。 
         
上値が抑えられた原因に、下落率トップの任天堂の急落があった。解説筋によると、米ロサンゼルスで12日開幕のゲーム見本市「E3」で家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けの新作ソフトの発売日などを発表したが、利益確定売りが優勢となった。市場では、発売日が下期以降に偏っているとして「スイッチ」の販売が伸び悩みかねないとの見方が聞かれた。 


ーーーーーーーーーーーーーーー



保有株は日経平均に比べ軟調推移でしたが、小幅ながらもプラス引けして、ε-(´∀`*)ホッとした1日でした。



明日もいい一日になりますように…。😌



それではまた。



☆☆☆☆ 以下前場分再掲 ☆☆☆☆


前日分の投信結果は

 レオスひふみプラス △52,915円高

でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー



【前場編】 △56.23円高 円安背景に続伸も上値は重い


前場の日経平均株価は、前日比△56.23円高(+0.25%)の22,934円58銭となりました。

イメージ 5

前場為替5分足チャート
イメージ 6

ーーーーーーーーーーーーーーー


6/12の米国株式は、NYダウが前日比▼1.58$安の25,320.73$と5日ぶりに小反落、ナスダック総合指数は同△43.869Pt高の7703.794Ptと3日続伸し、史上最高値を更新して取引を終了。

米朝首脳会談は無事に通過したものの、FOMCの結果を待ちたいとする様子見ムードが広がったとのこと。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数はアップルやアマゾン、アルファベットなどが堅調推移となったことで、指数が上昇したとの解説がありました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


寄り付きの日経平均株価は、前日比△17.82円高の22,896円17銭となり小幅続伸してのスタート。外為市場でドル円相場が1$=110円台で安定的な推移をしていることが好感され、主力輸出株に買い注文が先行して始まったとのこと。



寄り付き後から前引けまでの日経平均株価は、円安進行継続を材料に上げ幅拡大する展開へ。ただ、23,000円に近づくと戻り売りも増え、22,900円台のもみ合いとなっての前引けとなりました。



市場別騰落銘柄率(前日比%は時価総額比)
東証1部 値上:57% 値下:36% 変わらず:  5% 前日比:+0.30%
東証2部 値上:42% 値下:39% 変わらず:14% 前日比:+1.66%
JASDAQ  値上:46% 値下:39% 変わらず:11% 前日比:+0.22%
マザーズ 値上:45% 値下:46% 変わらず:  7% 前日比:+0.11%
※JASDAQはスタンダード市場


ーーーーーーーーーーーーーーー


保有株の動きも市場に連動した動きとなり、取引前半に高値をつけるも、前引けにかけて上げ幅を縮小する展開へ。
前引け時のトータルは前日比△67,772円高。


MyPFの値動きはこちら↓
イメージ 7

《信用枠》
イメージ 8

《売買銘柄》
信用枠
売建:マクドナルド 5,870円で300株

【保有銘柄メモ】(前日比、前日比(%))
◯UTグループ(△60高、+1.6%)
◯ラクスル(△29高、+1.4%)
◯ビックカメラ(△24高、+1.4%)
◯日本モーゲージS(△15高、+1.2%)
◯ゲオHD(△17高、+1.1%)
◯オリックス(△19高、+1.0%)
マクドナルド(△30高、+0.5%)つなぎ売り
●不二サッシ(▼15安、-8.8%)
●豆蔵HD(▼12安、-1.1%)



マクドナルド…寄り付き前の気配値が安くなっていたので、そろそろ天井かとつなぎ売り用に売建しましたが、寄り付くとすぐにプラス圏に浮上する展開でありゃりゃということに。😓うぐぐ…



その他、未保有監視銘柄で大きな値動きとなっていたものは
◯UMCエレクトロ(△92高、+3.5%)
◯コーセー(△590高、+2.4%)
◯日本カーボン(△160高、+2.3%)
◯東陽倉庫(△7高、+1.9%)
◯美濃窯業(△9高、+1.4%)
●兵機海運(▼232安、-9.9%)
●SAMURAI(▼44安、-7.2%)
●シンワワイズ(▼34安、-5.9%)
●OKWAVE(▼215安、-4.8%)
●ALBERT(▼170安、-3.3%)
●カーリットHD(▼26安、-2.4%)
などがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーー


ランチタイム中の為替・先物の値動きは、為替は円安進行していますが、先物は同意薄で横ばい推移となっています。



後場はどうなりますでしょうか。😌



後場に続きます→


更新への励みになります。よろしければ右下のナイスボタンをクリックお願いします↓



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事