テストライダーという仕事

長らく乗っていなかったら空気圧の点検を(^^)

全体表示

[ リスト ]

さて、巷に出回っているクロモリ・アクスルシャフト。ボルトの記事でも触れたが、硬さもあり、剛性も非常に高い。重量は非常に重く、R1200GS-LCの場合、ノーマルシャフト364g、64合金シャフト330gに対して、クロモリ製は422gである。K1300Rの場合、ノーマルシャフトが458g、64合金シャフトが345g、そしてクロモリ製は574gとなる。
 
比重からすると64合金はクロモリより40%下げることが可能なのだが、重量差がないのは、64合金シャフトの肉厚の関係のため。そう、ランドマスター社は数多くの試行錯誤を経て、軽量化より、肉厚にすることによる基本性能の向上に重点を置いたのである。これは本当に評価できること。軽さを売りにするならいくらでも軽くすることはできるし、そうではなくてハンドリングがベストに近くなるような重さを探り出そうとした姿勢は素晴らしいと思う。巷にはいい加減な商品があふれているが、ここまで試作品にお金をかけるというのはすごいこと。話を聞いたのだが、試作品だけでもたまげるほどの金額がかかるのだ。
 
ランドマスター社の社長さんが私にポツリと話をしたことがあった。「チタンアクスルシャフトもチタンボルトも、バイクをこよなく愛し、より高いレベルの走りを目指す人たちのために作っているのであって、決して利益優先でやっているのでは無いと言うこと。利益を考えるならば、10万円そこそこでアクスルシャフトは作れないし、汎用性のないボルトをあの価格では提供できない。ある人から、『自分の求めるものが、ここに全てあった』、そう言われたときに、自分がやっていたことは間違いではなかったんだと。」
 
なんて真面目な社長さんなんだろうと、不真面目な私は思ったのだが、確かにそうだ。この価格帯で64合金アクスルシャフトを販売しているところはまずないと思う。試作品を作るにしても相当なお金がかかるし、「気持ち」がなければやっていけないと思う。
 
ちょっと、話がそれたが、テストライダーとしての私としては、クロモリ・アクスルシャフトの、この硬さ、重さがどう操安に影響するかが興味深いところであり、R1200GS-LCに装着し、テストはノーマル、64合金、クロモリの順でテストを行いました(^^)
 
これが今回テストしたクロモリ・アクスルシャフトである。
イメージ 1
 
実際見てみると真っ黒。。。(笑) でも、真っ黒なシャフトも意外にカッコいいかな(^^)
 
まずコースインしてトミンモーターランドの第一コーナー。今までのようにブレーキを開始すると、うわっ、なんじゃこのフロントの暴れ具合。。。 ガタガタ揺れだすという表現がぴったりの挙動で、しかも、驚いたのは制動距離が伸びたこと。同じブレーキングポイントで開始するのだけど、64合金やノーマルシャフトに比べて確実に伸びているのである
 
おまけに、ギャップ吸収が悪すぎで、とにかくブレーキングしずらく、トミンモーターランドの荒れた路面だと、本当にハンドリングはガタガタなのだ。その影響がもろにフロントサスペンションに影響し、結果、とにかく乗っていてピッチモーションが非常に大きく、乗りづらいこと。あまりにもピッチモーションが大きくて、姿勢が安定しないのだ
 
コーナリングも極めて不自然なハンドリングになり、かなりのアンダーステアに。おまけに旋回中常にイン側にタイヤが常に切れ込もうとする挙動が止まらず、かなりコーナリングは厳しい状態に。これはちょっといただけない挙動である。
 
また、コーナリング中にブレーキをリリースすると、一気にイン側にタイヤが切れ込もうとするのだが、これは完全にNGレベルの切れ込み方。オートバイメーカーとしても、タイヤメーカーとしても受け付けることが出来ないレベルの挙動と言ってもいい。正直このアクスルシャフトは使いたくない。。。というか、使ったら危ないだろとも思うほど。
 
私はこういう商品が販売されているとは全く知らず、ランドマスターの社長さんから聞いて初めて知ったのだが、こんなものが販売されているとは。。。価格は1万円ちょっとで買えるとのことで、ノーマルのシャフトがいくらするかわからないけど、買うならノーマルにしようぜ、と言わなきゃいけないほど、ちょっと酷いレベルである。
 
あんまりにも酷いので販売元を見てみると。。。うわっ、怪しい〜(^^;買った人のコメントで、これを装着したら「タイムが10秒縮まった」だって。。。どんなタイムの縮まり方だよ(笑)。いや、まてよ。このシャフトを装着したらこのpitts_driver、マルケスより速く走れるってことか!?いいぞ(笑)!あとは、「スタンドを外した瞬間から軽さを感じる」とかあったけど、本当かよ〜(笑)。このシャフト、ノーマルより重いんですけど。もう怪しさ全開である。
 
あと、ちょっときになったのは、この商品、「特許申請中」とあるのだが、なぜかその申請番号が同じサイトに掲載されているチェーンアジャスターと同じなのである。そんなことあるのかな?特許に詳しい人、説明求む。
 
余談になるけど、このメーカーからK1300Rのクロモリ・シャフトも取り寄せていたのだけど、ネジの部分が不良品で装着することが出来ないので返品したら、なんとネジの部分を切り直して再送してきたのだが、新品送ってこいよな。。。それだけでこの会社の品質に対する考え方がわかるというもの。こんなもの恐ろしくて使うことが出来ず当然ゴミ箱行き。
 
「安物買いの銭失い」の典型的な例でした。
 
今回のテスト結果はあくまでもR1200GS-LCに装着したものであり、他の機種に装着した場合同じような結果になるかどうかは不明なので、その辺は理解していただければと思います。
 
 
 
64合金アクスルシャフト販売元のランドマスタージャパンのサイトはこちら:

この記事に

閉じる コメント(23)

顔アイコン

シャフトでもチェーンアジャスターでも、クロモリにする事により得られる効果が同じであれば、同一番号でもいいはずです。ただ見てみると、「特願」となっていますよね。それは出願した時の番号です。出願から何年かは公開されませんので、一般人は見ることが出来ません。その後公開されるときには新たに「特開」の後に番号が付きます。ここで初めて一般人が見ることが出来るようになります。それでもまだ公開されただけですので、今度は審査請求というものをしなければなりません。これは第3者でも出来ます。そして審査が通って特許と認められれば「特許○○」と番号が与えられます。ただ、pitts driverさんもご存知かも知れませんが、文章の持って行き方で、何の効果の無いものも特許にしてしまう事も可能です。この特願の番号の内容を早く見てみたいものです。。。 削除

2014/2/2(日) 午後 3:07 [ 特許 ] 返信する

顔アイコン

以前にショップで扱い始めたというので説明を聞きに行きましたが、営業は転がり抵抗が云々というので、奥からメカニックを呼んで「本当にそうなのか?」と聞いたら「そんなことありません」と言いました。その場でメカが営業にシャフトとベアリングとホイールの関係を説明していました。営業マターでは、手頃な価格で売れる商品はなんでも扱いたがりますが、ショップはプロなんですからきちんとした目で見て欲しい。メカも転がり抵抗の話しをしたら、ショップを替えようと思っていました。
実際に騙されて装着した友達は、わずか数時間でノーマルに戻しました。どぶに捨てたようなものです。
写真からたぶんそのメーカーだろうと思ってHPを見に行きましたが、最近は相当売れているようですね。当時と変わらず辻褄の合わない説明になっていますが。売ってるショップも買っているライダーも最初から勉強し直すべきです。
ミスターグリップマンも怪しかったけど、このシャフトも同じくらい怪しい。 削除

2014/2/2(日) 午後 4:13 [ 下町の金属加工屋 ] 返信する

初めまして
いつも大変勉強になりバイクの部品の意味を改めて日々考えさせられています。

御質問なのですが、当方一般ライダーでレース経験も無くブレーキ繋がり?でご存知でしたらアドバイス頂けますとこの上なく幸いですm(__)m
ネットでもレースしてるプライベーターな方からも的確な解答が当方の周りでは無く大変気になるのですが、シャフト、ボルト、パッド、ホース、キャリパー、ディスク、マスターなどはカスタムパーツとして色々ありますが、キャリパーピストンとピストンシールの事でなのですが、ピストンで鉄、アルミ、ステン?、チタン、とあり材質によるブレーキの変化や、シールがメーカーによりピストン戻りが違う?など、噂は多々見たり聞いたりはあるのですが、テストライダーをしている特別な世界のプロの感覚では、キャリパーにより違いが何か決定的な事などありますでしょうか?
続く↓

2014/2/2(日) 午後 9:15 [ Power garage YONA ] 返信する

疑問を思ったのが下記キャリパーによりです。
過去↓
ブレンボキャスティングキャリパー(汎用40mmピッチ)
アルミピストン32mm&30mm異径ピストン
シール新品
サポートアリ

現在↓
CBR929純正NISSINキャスティングキャリパー
(62mmピッチ)
アルミピストン32mm&30mm異径ピストン
ブレンボキャスティングキャリパーの新品シール
サポート無し
64チタンブリッジボルト

ブレーキパッドスプリングは共に外しパッドがカタカタ動く状態

パッドピンがブレンボ1本でNISSIN2本

ブレンボはブレーキ離すと引きずり無くパッドフリーでカタカタ隙間ありますが(独特のブレーキング音)、NISSINは引きずりアリでカタカタ無し(ブレーキング音は普通)

パッドピンの本数は違うのですが、他はあまり変わらない気がしますがメーカーによりブレーキ具合って同じピストンサイズで材質?もシールも同じのを使ってもやはり多々違うのかなぁ…って思ってなのですが…

2014/2/2(日) 午後 9:16 [ Power garage YONA ] 返信する

NSR250を町乗り&通勤でですが、毎日10〜40km、ピストンのメンテナンスは2週に1回、もしくは感性で流す距離減った時に(ピストンの戻り?を毎日同じ場所で同じ速度位でエンジン切り感性で流して同じ場所で停車を約4年して停止距離を目測である程度計測した結果 )してますが、ブレンボとNISSINでは劇的に違うので、テストライダーとして次元の違う走り方をしていると、やはり目に付く違いがあるのでしょうか?
大変長文で申し訳ありません。
ここ何年ググっても明確なのが無かったので御質問させていただきました。
くだらない内容かもしれませんが、キャリパーメーカに質問しなさいと言われればそれまでですが、これこれは違うとか小さなアドバイスなどあれば幸いですm(__)m

2014/2/2(日) 午後 9:21 [ Power garage YONA ] 返信する

顔アイコン

横から失礼いたします。
YONAさん、ブログ拝見させていただきました。
私も同様な疑問は持っているのですが、マスターシリンダ/ピストンは、どうされていますか?

2014/2/2(日) 午後 10:18 [ kod*nu*i83 ] 返信する

顔アイコン

「特許出願中」という事ですが、「出願」はどんなクズな内容でも出来ます。例えば「スプーンとお箸をくっつけてみました」なんて意味のない内容でも「出願」は可能です。ただし、特許は「新規性」が無ければ登録されることもありません。「材質を変えた」レベルの出願は、まあ登録に到ることはありませんし、登録されたところで公知技術は特許として意味を持ちません。係争で無効化されてしまいます。「クロモリの軸物」なんて戦前から無数に存在する技術ですからあまりにも公知すぎます。また特許は、「効果」を保障するものではありません。仮に新規性があったとしてもそれが「効果」を持つかは別の話です。インチキ商法によくある表記ですね。

2014/2/3(月) 午前 10:12 [ m_y*ma1*3 ] 返信する

顔アイコン

アクスルシャフトとチェーンアジャスターは違うものですので、一般的には別途申請するはずです。同じ構造体の中に新規考案したものが複数あるのなら、請求項を分けて一括申請という理由も分かりますが。。この会社の製品の場合、もしかしたらその構造というよりも、製造方法や加工方法等について特許申請したのではないでしょうか。申請だけならどんなものでもできますし(苦笑)。 削除

2014/2/3(月) 午前 11:03 [ ドクターイエロー ] 返信する

>kod*nu*i83さん
初めまして
マスター/ピストンですが、現在はNISSIN鍛造ラジアルマスター(19mm)で、キャリパーはCBR929純正キャスティングキャリパー(32mm,30mm)、シールは汎用ブレンボキャスティングキャリパーのシールを新品で組んでパッドスプリング無しで使っています。
ピストンは傷やコーティング剥がれなど特になかったので、再利用してます。
その状態でNISSINが引きずり気味なのが…う〜ん…と悩んでる次第です(^^;

2014/2/3(月) 午後 0:48 [ Power garage YONA ] 返信する

経験上、パッドの材質抜きに考えたら
ニッシン・ブレンボは制動力に差はないと思う。ただ、ブレンボの方がロック寸前のコントロール性がいい感じ。本体のしなり具合が絶妙なんだと思います。だからボルトを変えたらフィーリングが変わるのは当たり前ですね。

2014/2/3(月) 午後 4:51 [ kit*gun**ifuy*ne ] 返信する

>kit*gun**ifuy*neさん
初めまして
ブリッジボルトを替えると開きに対してボルト伸びが少ない分、マスターを握り込んだ時の奥でのプニプニ感?開きが減ってフィーリングが変わるのだけはイメージと実際使ってで理解はしているつもりですが、そのロック寸前のコントロールもですが、低速でマスターのレバーを握る→離すで、パッドスプリング無しでパッドがディスクを掴む→離すってのがブレンボだとカチカチ音が鳴る位離れ、NISSINだとカチカチ音が鳴るまで離れる事が無く、微妙に擦ってる感じです。
条件はピン以外だとほぼ同じ?感じだけど何故なのか?また、ピストンの材質やシールでここまで変わるのか?または、キャリパーボディの設計とパーツの組み合わせなのか?
そんな疑問があって他の車両はどうなんだろうとか、中身の仕様でどこまで変わるのかとか、毎回乗るたびに意識してると疑問が増えて現在に至ります…。
擦る=抵抗があるかと思いますので、メンテナンスで補えない部分をどうするか?で、スプリング外したりシール替えたりベアリンググリス替えたりな感じですが、キャリパー替える以外で何か無いかな…と思ってる次第

2014/2/3(月) 午後 9:14 [ Power garage YONA ] 返信する

です。
純正でも、少しのモデファイでよりコントロールしやすく、また町乗りですと鉄ピストンのようなサビも鉄以外なら海辺に住む方も安心して長く使えて、ピンとパッドを定期的に換えてれば擦ると言う抵抗も減り燃費UPやトラブルで車両押しても苦労しにくい?や、擦る事による小さなパワーロスなど、小さな初期投資で大きな恩恵にならないな?って夢物語ではありますが、それから始まって現在にいたります。

パッドスプリング外す事でピンや母体に磨耗が出るのは承知していますが、5万キロ位ですとキャリパーボディの磨耗?よりピンの磨耗はそれなりにありますが、擦る事によるパワー低下&燃費悪化が長く考えると出費が大きいように思えて、メンテナンスで補えない部分かなと思ってる感じですが…このような質問にも解答頂いた方々、ありがとうございますm(__)m

2014/2/3(月) 午後 9:27 [ Power garage YONA ] 返信する

>在日中国人ライダーSさん
初めまして
自分が考えもしなかった見方があり、広く深く考えるとネットで探しても見付からないのはそこまでやった方が居ない事はないと思いますが、分かってても出せない理由や、未熟なままで一般的な憶測でUPしたのを自分が見付けて更に混乱している状態なのかもしれません。
見付からない、ならば試せば良い、それをせずに答えを知りたいと子供みたいに突っ走ったのは確かに甘えであり、大変失礼な事だったと反省しています。
また、場を乱してしまい申し訳ありませんでした。
単純な構造の部品1つにしても、材質や設計、それを使う環境で、ユーザーにより何が答えかは十人十色であり、1人の答えが他の人にも当てはまるかと言えば違うなと思い、学べた違う見方で自ら試して探していきます。
単純な事かもしれませんが、それに気付けたのは大きな勉強でした。
本当にありがとうございました。

2014/2/5(水) 午後 4:59 [ Power garage YONA ] 返信する

顔アイコン

Power garage YONAさん、こんにちは(^^)ちょっとお返事が遅れましてごめんなさい。近いうちに私の考えを記事にしたいかと思っています。ちょっと待っててくださいね。

2014/2/5(水) 午後 5:53 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

危ないんです。はねるので制動距離はのびるし。残念なクロモリ。 削除

2014/2/7(金) 午後 6:07 [ maimai ] 返信する

>pitts_driverさん
はじめまして
毎回とても勉強になり、何回も見直してより深く理解出来るように、またバイクと言う乗り物をもっと知りたいと日々課題としながら自分が獲れない知識をテクニック向上や深い本当の意味を理解できるように、色々な意味でとても深く参考にさせていただいております。
この度は当方の疑問?からこの場をお借りして、色々な方からお話を聞けて大変勉強になりました。
ありがとうございますm(__)m
小さな疑問から始まり、時として使った感覚、材質が気になり…材質の性質が気になり、何故この材質でこの部品がと最近は思うようになり御質問させていただきました。
仕事が今、車の部品を作ってるので材質やコーティングやそれを使う意味など職業病なのかもしれませんが、気になると現在に至る感じです。
ですが、視野が部分的に足りないのがありこの度はとても勉強になり大変感謝しております。
また、このような当方の御質問にも回答して頂いた方々の希少な考えや知識、体験談など色々とありがとうございました。

2014/2/8(土) 午前 9:05 [ Power garage YONA ] 返信する

>在日中国人ライダーSさん
世界は広く、色々なライダーが居て色々なライダーの考え方があり、それがあるから日本に無いパーツも作られ乗り方もあったり、日本に住んでたら分からない事もあるので一方的な偏見は…
考え方が一致するから共感するのは分かりますが、時と場合によりますが合わないから否定するのじゃなく、それを理解出来るように何が互いに足りないのか互いに探すのは大切ですが大変な事とは思っています。
この度は、他の方がは簡単な事かもしれませんが自分がは考えなかった事を学べたので、とても大きな勉強になったので感謝致します。
本当にありがとうございましたm(__)m

2014/2/8(土) 午前 10:00 [ Power garage YONA ] 返信する

pitts_driverさん、返信頂き有難うございますm(__)m

早速リンクさせて頂きます。

2014/11/15(土) 午後 6:54 [ それる4531 ] 返信する

顔アイコン

以前にK1200Rのブレーキディスクについて教えていただいた秀です。
ご無沙汰しております。実は本日、ランドマスターのチタンアクスルを自分のK1200Rに装着いたしました。フロントの動きが軽く柔らかくしなやかになってとても素直になった感じです。某アニメの台詞ではないですが「これであと10年は闘える」と思ってしまいました。
こちらの記事を参考にいい買い物が出来ました。ありがとうございました。

2016/4/3(日) 午後 10:49 [ ] 返信する

顔アイコン

秀さん、嬉しい書き込みありがとうございます(^^)私もこのアクスルシャフトがなかったらとっくに売却していると思うほどの製品ですね。高額商品ですが、ランドマスター社ではコンスタントにオーダーがあると聞いています。やっぱり「本物」は違うと感じています。

お礼の書き込み、本当にありがとうございました。ランドマスター社にも伝えておきますね(^^)

2016/4/4(月) 午前 10:10 [ pitts_driver ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事