テストライダーという仕事

長らく乗っていなかったら空気圧の点検を(^^)

全体表示

[ リスト ]

おまたせしました(笑)。さて。。。このパワー・モジュールを装着すると、全く想像もしていなかった、K1300Rのネガの部分の大幅なというより、劇的な改善が見られたのだ。

ちなみに、今記事の中で装着しているのはこれです(^^)
イメージ 1

まず、ETCゲートの話しなんだけど、なんと!6速でもノッキングを起こさずにETCのゲートを通れるようになったのだ。こりゃマジたまげた。というより、ありえんだろ。

 
面白いのは、K1300Rはエンジン始動時のみに独特のエンジン音がするのだけど、6速で低速で走行するとなぜかその時の音がするのだ。本当にこれ不思議。まるで、GPマシンがピットロードを走る際にスイッチを入れて定速で走るような感じになるのである。
 
また、K1300R1速だとスロットルを開けなくても結構な速度が出るバイクなんだけど、さらに速度が上がっているのも確認できている。アイドリングには大きな変化は見られないのも特徴なんだけど、何故かトルクの出方に大きな影響を及ぼしているのが見られるのだ。
 
それだけではない。各ギアの幅が出来たというか、ギアチェンジを頻繁にしなくとも、特定のギアでホールドして走行出来るようになったのである。簡単に言うと、ひとつ高めのギアでも余裕で走行できるようになった感じなのだ。これは本当にライディングをする上で楽になり、実際ツーリングでも疲労度が減ったし、峠で走るにしても、ギアの選択に迷ったり、頻繁にギアチェンジをすることもなくなり、当たり前なんだけど、「楽しく」走ることが出来るようになったのである。
 
ギアに関してはまだある。ギアチェンジをする際に非常にスムーズにギアが入るようになったのだ。これも後の記事で詳しく触れるけれど、テストを行ったすべての車両(4輪も含めて)で見られたことなのだ
 
K1300Rには「オートシフター」なるものが装着されているのだけど、正直あんまりその性能は良いとは言えず(私の年式は)、ギアの入れ方というか、シフトチェンジするときに加速気味だとスッと入るのだけど、低速だったり、一定の速度で走っていたりすると、ギアによっては「ガシャン」とショックを伴う、お世辞にもスムーズとは言えない入り方をするのだ。ちなみに、私の年式のものは、あまりにもギアの入りがおかしいため(特に1速から2速)、BMWから「キャンペーン」と称してオートシフターを後付するのに特別価格にて提供していたほどなのだ。まあ、オートシフターを装着しても2速へのチェンジはかなり気を使うかな。それほど酷いのだ。

私はこのショックが嫌で、オートシフターが付いているにもかかわらず、クラッチ操作でシフトアップしていたのだけど(それでもかなりのショック)、このパワー・モジュールを装着してからはほとんどクラッチレスで操作を行っているほどなのだ。このクラッチ操作から解放されただけでなく、ショックがかなり改善されたのはかなり嬉しいこと(^^)
 
とにかく、「こりゃすごい。。。」と思わずヘルメットの中で唸ってしまったほどなのだけど、同時に、こんなことがあり得るのか?と頭の中でずっとグルグル状態(笑)。
 
ちょっと長くなってきたので続きは次回(^^)
 
 
ランドマスター社のサイトはこちら:

閉じる コメント(17)

顔アイコン

こん○○わ

段々段々と興味がわいてきました。理屈は全然解んないですが。

でも購入するにはちょっと勇気がいる値段なんですよね・・・
実際に体感してみたいな〜〜〜
どっかでモニターとかしてないのかな〜〜〜

まずはpittsさんの記事を最後まで見てから考えよっと!
次回更新、楽しみにお待ちしています(^◇^)

2016/4/1(金) 午前 1:27 [ kac*ok*cho1*20 ] 返信する

顔アイコン

パワー・モジュール!以前から気になっていたのですが、pitts_driverさんの意見や詳細を聞けて良かったです!
他のインプレ等を見ると、取り付け後に効果が出るまでに1週間くらいかかるとの記事もありましたので、乗車の都度に一つのパワー・モジュールを自動車やバイクに取り付け移し替えるってわけにはいかなそうですね(^_^;)
それとパワー・モジュールは取り付け後は半永久的に効果があるんでしょうか?それとも走行000時間とか、取り付け後x年間とか、有効期限はあるんですか?
私にはわからない理論ですが、数台で使いまわし有効利用できるのであれば、ひとつ買ってしまいそうです!\(^o^)/

2016/4/1(金) 午前 10:03 [ hep*a_r*v*rs* ] 返信する

顔アイコン

kac*ok*cho1*20さん、こんにちは(^^)理論については、私が説明を受けている内容については正しいのではないかということが判明されつつあります。後の記事の中でも触れますが、確かにそのような電子作用における物理的変化が存在するのは広く知れ渡っている事実です(^^)

モニターですが、実は試着できるんです!ランドマスター社のサイトで確認できますが、効果がなければこういうことはしないでしょうね。「効果ないじゃん」で終わりますから。製品に絶対の自信があるから「テスト装着」ということをしているのだと思います(^^)

2016/4/1(金) 午前 11:48 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

hep*a_r*v*rs*さん、こんにちは(^^)電子作用が大きく関係している理由で、最大限の効果を発揮するまで時間を要するようです。その理論は正しいですし、後の記事の中でも話をしていきたいと思います。

効果については半永久的です。もちろん、コード類やケースの劣化も物理的には発生しますが、基本的に破損しなければ効果は半永久的に持続するようです。

使いまわしも可能ですね。私もバイクと車で使いまわしていますから(^^)

2016/4/1(金) 午前 11:51 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

1年後に、まだ話題になっていたら買うくらいでちょうどいいのかもね。
消えていった同種の商品が、いったいどれほどあったことか。
俺の知っている限り、30年前から同じことの繰り返しだよ。

2016/4/1(金) 午後 3:51 Kartz 返信する

顔アイコン

Kartzさん、こんにちは(^^)オイル添加剤オービトロンももうすでに販売してから2年になろうとしてますし、売り上げも順調と聞いています。

このパワーモジュールも最初の製品から随分と改良も進み、私がテストに費やしている半年だけでもかなり性能も品質も上がりました。

オートバイでも車でも様々な「グッズ」が出ては消えるということを繰り返していますが、オイル添加剤にしろ、このパワーモジュールにしろ、数少ない「本物」だと思っています(^^)

後の記事に中でも触れますが、実はこの製品試着できるんです!サイトに試着できるディーラー一覧があると聞いていますので、Kartzさんも是非(^^)

2016/4/1(金) 午後 4:04 [ pitts_driver ] 返信する

色んな意見があるでしょうが付けたもん勝ちです。

費用対効果は絶大だし。

2016/4/1(金) 午後 4:56 [ unagi ] 返信する

顔アイコン

こんにちは初めてコメントを入れさせてもらいます!

私も理論が何回読んでも理解が出来ず人に説明するのに困ることがあります(・_・;)
pittsさんのブログはプロの記事なのでとても参考になります。

そう言う私も疑いながらもオービトロンを複数買って試していますよ!

遂には最上位のパワーモジュールも購入して驚愕しましたよ。

pittsさんの記事を読みながらそうなんだよねって1人でニヤついたりしています♪

これからも分かり易いプロの記事を楽しみにしてます!(^^)!

2016/4/1(金) 午後 5:20 とんすけ 返信する

顔アイコン

こんばんは。プロのインプレを読んで、そうそう 自分の感覚も間違ってなかったって再認識してます。

私は1年半くらい前にオイル添加剤で感動してから、オービトロン使ってますが、パワーモジュールは初期のお試し版を借りてビックリして購入しました。
pittsさんがおっしゃるように低回転でのトルクの出かたが変わりますよね、明らかにトルクが太くなってます。おまけに回そうとすれば回転の上昇もスムーズで早い。

エンジンのピークパワーを求める(扱いやすさは犠牲にして)ならこれでは無いかもしれないけど、手軽で、扱いやすさ、乗りやすさを求めるなら絶対これですね。エンジンの扱いやすさは劇的に良くなりますし、サスの動きまで変わる気がします。

是非、車体全体の変化があればその印象もお願いします。
自分の感覚があってるのかプロの意見も聞いてみたいです。

2016/4/1(金) 午後 6:52 [ まさもん ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、以前から拝見しておりましたが初コメントです。オービトロンは電子を出すとランドマスターさんのHPに明記されてますが、素直に考えると理屈は鉱石から出た放射線を金属に当て電離した電子をバッテリーのマイナス端子から流していると思われますから、それが既にアースされているフレームからゴムや油脂の先にあるサスやエンジンの作動をスムーズにする原理や、取り外すと徐々に効果は衰えると謳われてますがアースされている車体には長期間留まらない筈の電子の効果が徐々にしか衰えない理屈、バッテリーを軽く昇圧すれば同様の効果が得られそうなのにメーカーが何故採用しないのか、自分の中で解決していないその辺りの疑問がすっきりと解決する内容になることを期待しております(^^)

2016/4/1(金) 午後 9:12 [ ens**_r110*rs ] 返信する

顔アイコン

unagiさん、こんばんは(^^)確かにこの製品は「百聞は一見にしかず」ですね。。。私もたまげましたから。提携ディーラーにて試着も出来ますし、ランドマスター社の自信の表れかと思います(^^)

2016/4/1(金) 午後 10:38 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

とんすけさん、うれしいコメントありがとうございます(^^)ブログをしていて、やはりこのようなコメントをいただけるとうれしいです(^^)

一番いいやつ買っちゃいましたか(笑)!!!私は今月それをテストすることになっています。どうなることやら。。。(@@)

2016/4/1(金) 午後 10:40 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

ens**_r110*rsさん、コメントありがとうございます。なぜ採用されないのかということですが、これにはいろいろな理由があって、基本的にはその会社の社風が反映されますね。効果があるとわかっていても、理論的に説明がつかないとやりたがらない会社もありますし、変な突っ込みがつくことを懸念する会社もあります。

新しい考え方の製品であると思いますので、これからの専門家と一緒に開発を進めながら、解明していきたいというのがランドマスター社の姿勢でもあるようです(^^)

2016/4/1(金) 午後 10:44 [ pitts_driver ] 返信する

はじめまして。いつも拝見しております。
オービトロンパワーモジュールG8、
去年の8月から4輪につけてます。

効果は確かなのですが、理論がさっぱり理解できません(笑)。
まぁ、今の私に量子論が理解できるわけがないと、
開き直っておりますが・・・。

オービトロンにかんするプロの感想を知る機会など、
なかなかありません。
今後の記事、楽しみにしております。

2016/4/1(金) 午後 11:24 すらんぷ 返信する

顔アイコン

すらんぷさん、コメントありがとうございます。私も相当数のオートバイや車に装着していろいろとテストしましたが(しかも半年以上)、記事にするのもためらうほどというのが正直なところです。

チタンアクスルの時も大学教授のところに行ったりして勉強しましたが、今回も掘り下げて研究することは必須ですね。でも発展性は間違いなくありますし、これからが本当に楽しみな、数少ない「本物」だと思っています(^^)

2016/4/1(金) 午後 11:36 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

初めまして。
以前2010年式のK1300Sに乗ってた者ですが、おしゃっているK1300Rの特性がさっぱりわかりません。当方90キロ近い体重でしたが、Sでは平地をオートマのように走れましたし、峠でもそんな気を使うような走りをした覚えがありません。オートシフターしかり。SとRでは特性が全然違うのでしょうか?
今はK1600に乗っており、それこそオートマ感覚で走れてます。こういうバイクには、効果があまりない感じなのでしょうか? 削除

2016/4/9(土) 午後 6:57 [ やっさん ] 返信する

顔アイコン

やっさんさん、コメントありがとうございます。K1300SはRとファイナルが違うんですよ。結構な違いを見せ、スロットルを閉じた時のショックも違うほどです。私も買ったばかりの時は、スロットルを閉じた時のショックが本当に嫌で、Sのものに変更しようと思ったのですが、ユニット交換で数十万円コースだったので諦めました。

オートマ感覚で乗れるバイクであっても、トルクの出方の違いに大きな差を見せるはずなので、K1600のような重量車でも効果は体感できると思います(^^)

2016/4/9(土) 午後 9:48 [ pitts_driver ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事