テストライダーという仕事

長らく乗っていなかったら空気圧の点検を(^^)

全体表示

[ リスト ]

激務で記事が滞っていましたが、再開です(^^)。その前に。。。多くのコメントをいただいておりますが、その中で「ダイナモテスト」の話が随分と出ておりますが、私はそこまでやるつもりはありません。私は基本的にこの製品のテストをしているだけであり、確かにダイナモでどのような変化が出るかは興味があるところではありますが、これはあくまでもランドマスター社の仕事であるからです。私が関知するところではなく、この記事を読んでどうするかはランドマスター社の判断となります。
 
誤解を避けるために明言しますが、私はお金をもらってこの記事を書いているわけでありません。前回のGSチャレンジでも日当ゼロ。ゼロどころか、交通費や宿泊費も自分持ち。ただ、大人のお付き合いとして、片道の高速道路代金とガソリン代はいただいていますが、それ以上はありません。報告の食事会をしても割り勘です。
 
私は一切提灯記事を書くつもりはなく、ランドマスター社としても、私がテストをするということは非常に「大きなリスク」にもなりかねないのです。これはどういうことかと言いますと、私に「ボロクソ」に書かれる可能性があるということです。何万円もするものを売っていて効果がなければ「ふざけんなこの会社」と私に書かれてしまうわけです。

それだけでなく、記事の中で触れていますが、Mulsaneさん(お久しぶり!)が書かれているように、私の信用問題に直結しかねず、正直この記事を書くにあたって私に対するメリットはなにもないのです。ただ、あまりにも不思議かつ、私自身この製品を使うことに価値を見出しているので、こうして記事にしているという次第であります。
 
さて、それではテスト評価記事を再開しましょう(^^
 
このテスト当時、まだ開発段階にあったS10Rレーシング仕様なんだけど、これをK1300Rに装着したら驚くほどの効果を見せたと書いたけど、具体的にはどうなったかを記したい。
 
何度も言うことになるけれど、K1300R190馬力近く出ているので、ちょっと性能が向上したところでまずわからない。トルクの出方も凄まじい。なのに、このバイクに6万キロも乗り、職業ライダーである私でさえ、最初はギクシャクしてしまうほどだったのだ
 
このS10Rレーシング仕様を装着すると、安っぽい言い方になってしまうのだけど、正直「別なバイク」として乗らないといけないほどになるのだ。
 
私が一番驚いたのはトルクの出方。前の記事でこのバイクは高速道路のETCゲートを高いギアで通るのは無理と書いたけど、クアッドコアを装着することで激変し、6速でも通過できるようになったことはすでに記事に書いたけど、このS10Rレーシング仕様、なんと、6速で通過できるのは当然のこと、6速でのあまりもの速さにブレーキを当てないとETCを通過するには速すぎるほどなのだノーマルだったらノッキングしていたバイクがである。一体どうなってんだ!?初めてETCゲートを通過するときは本当にびっくりして、未だにその時に慌てたのを思い出すほどである。
 
この事象は、私が様々なテストをしてきた中で感じてきている「トルクの出方」に直結するものであり、ファイナルを変更しない限り、まずこのようは効果を発揮しないのは明らかなのである。これは4輪でも顕著な効果を見せているのだけど、このことについては別に4輪に装着した時のテスト記事を見ていただきたいと思います(^^)
 
このパワー・モジュールなんだけど、以前記事にしたランドマスター社の「オイル添加剤」は「燃費」を中心にその効果について記事にしたのだけど、実はこのオイル添加剤の本来の目的は燃費向上ではなく、「結果的」に燃費が上がるということでもあったのだけど、あの時はその性能のすごさをわかりやすくするために「燃費テスト」なるものを中心に記事にしていた。今回のこのパワー・モジュールの場合、基本的な性能の向上は同じなんだけど、その性質はかなり違うものなのだ。
 
後の記事でも触れるけど、このパワー・モジュールを装着することで燃費は間違いなく上がります。ただ、このパワー・モジュールについて記事を書く場合、どうしても燃費うんうんよりも、先の記事で書いたように、それ以外での部分での性能向上があまりにも顕著なのである。
 
今回のテストを行うに当たり、プロトタイプを含めて、数種類のパワーモジュールをテストしているのだけど、その中に「G8」というラインアップがある。これを装着した時に「あれ?このエンジンのまわり方というか、トルクの出方、なんだろ?なんか不思議だな・・・」とずっと思いながらテストしていたのだけど、どうしてもどこかで乗ったことがあるようなフィーリングなのだ
 
私は仕事柄一度乗ったバイクのフィーリングは身体に残るのだけど、そうこのパワー・モジュールを装着した時の感覚、どこかで経験しているのだ。なんだろうな。。。なんだったけな。。。と思っていたある日、思い出したのである。そう、このエンジンの回り方、「同爆エンジン」に非常に近いのである。
 
同じと言うのには語弊があるかもしれないけど、かなり近いのは間違いない。思い出して激しく納得。このトルクの出方やスロットルを開けた時のエンジンの回り方は、以前同爆エンジンのバイクに乗った時の感覚にとにかく近いのだ。

少し長くなってきたので続きは次回に(^^)



ランドマスター社のサイトはこちら:







閉じる コメント(13)

顔アイコン

クアッドコア購入しました(^^)。
WRに装着して高速に乗った時は開け始めから車体が軽くなったような加速をしてくれて感動しましたが、オフロードコースでは違いが分からず・・・・・・GOPROで装着前と後で撮影してうちに帰って見てビックリ!。
7秒もタイムが速かったです!(^^;)。
オフに転向して1年ちょいなんで必死に走ると違いが分からないことに気づきました(笑)。

2016/4/18(月) 午後 5:13 フリーマン 返信する

私もLM社のエンジンオイル添加材にてK1300Sの振動低減効果を実感しており、パワーモジュールの装着も検討していますが、バッテリー付近には取り付けスペースがなさそうです。K1300Rへはどのように着けているか教えていただけると助かります。

2016/4/18(月) 午後 6:52 [ Atsushi ] 返信する

顔アイコン

フリーマンさん、コメントありがとうございます。このパワーモジュール、記事にもありますが、ちょっとまわり方が不思議ですね。同爆エンジン的なところがあるので、スピードの乗り方が今までとはちょっと感覚的に違うと思います。以前いただいたご質問ですけど(覚えてますよ!)、次回の記事の中で触れさせていただきますね(^^)

2016/4/19(火) 午前 0:23 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

Atsushiさん、コメントありがとうございます。K1300Sに乗られているのですね!確かにバッテリーが収納されているサイズを考えると。。。写真入りで記事にしたいので、少し待ってくださいね(^^)

2016/4/19(火) 午前 0:28 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

同爆エンジンというとNSR500のビッグバンエンジンでしょうか?
KR250やボクサーツインみたいに同爆にも色々なのがあるので(^_^;)
ちなみに自分は電動スクーターのように感じました。

2016/4/19(火) 午後 0:31 [ - ] 返信する

顔アイコン

こんばんわ、初期の手作り感いっぱいの頃のクワッドを借りてGS-LCに付けた時は1発1発の爆発が強くなったように感じました。
G8、X12Rはその時の感覚と少し違ってトルクが太っている感じはどんどん増しているのですが、よりスムーズにエンジンが回っていく感じがしています。

2016/4/19(火) 午後 7:43 [ まさもん ] 返信する

顔アイコン

ak0*****さん、コメントありがとうございます。同爆エンジンというのはヤマハのR1に乗った時の経験をもとに書いています。NSR500だったらよかったですけど。。。(笑)。電動スクーターという表現もいいですね!これ本当にトルクの出方が普通ではないですね(^^)

2016/4/20(水) 午前 9:48 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

まさもんさん、コメントありがとうございます。この製品、不思議の一言ですけど、いろんなバイクやクルマに装着しても一定以上の効果が出るのも不思議ですね。いろいろとテストはしているようですが、相性もあるようで、KTMならG8くらいでもいいかなと感じるときもありますし、車でも排気量によってはX12Rなんかはちょっとハイスペックすぎるかなと思う時もありますが、私の使用目的(4輪)が普通ではないところもあるので一概には言えませんが。詳しくは今後の記事で触れてみたいと思います(^^)

2016/4/20(水) 午前 9:50 [ pitts_driver ] 返信する

顔アイコン

エンジニアと仰る割にはきちんと立証しないまま納得している部分に疑問を感じます。
この製品についてはバッテリーがどのような機能を有しているか考えただけで分かると思いますが・・・
出来るのであれば中身を確認して欲しいですね。
よくあるコンデンザーだと面白いですね。

2016/5/24(火) 午後 5:02 [ nin*a* ] 返信する

顔アイコン

まあ詐欺ですね。

いままでこのページを読んできて損をしました。

2016/5/25(水) 午後 3:19 [ ty2*p*us1 ] 返信する

顔アイコン

コンデンサーじゃないかな。
オルタネータが発電するとき、電気を波形で出力しますが、その波が振動になるんですよね。
発電装置のないバッテリー点火のレーサーはそういう波形はないし、オルタネータの負荷がかからないので、すごくよく吹き上がります。
ほんで、コンデンサーはそういう波形を吸収すんのね。なので振動が減って回転がスムーズになる。
ただし、ベンチテストしても負荷はかわらないのでパワーは出ない。

2016/5/27(金) 午前 1:42 [ ove*the** ] 返信する

顔アイコン

ヤマハのR1で同爆??
そんなのありましたっけ??? 削除

2016/8/11(木) 午後 0:13 [ (?.?)/ ] 返信する

顔アイコン

180°クランクの直列4気筒は等間隔燃焼、クロスプレーンのR1は不等間隔燃焼だし・・・
R1で同爆??

NSR500の“同爆”はV4の位相同爆燃焼のことだけど・・・
アレ不等間隔燃焼だったから、要するにそゆコト? 削除

2016/8/11(木) 午後 0:36 [ (?.?)/ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事