テストライダーという仕事

長らく乗っていなかったら空気圧の点検を(^^)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

久しぶりにブログを再開しましたが、多くの方からコメントいただき感謝です(^^)こういうのはやっぱりうれしいです。前回の記事をアップした時に、btrhideさんからブレーキ関連で良い質問をいただいたので、記事にしたいと思います。

質問内容は「2010のムルティストラーダですが、上手く表現出来ませんがリアブレーキのタッチが凄くアマイ様なきがします。効き始めが深いとも表現するのでしょうか❓思いっきり踏み込んでもタイヤロックしませんし…。ディーラーに点検を依頼しても、こんな物だよDUCATIの様なサーキットユースのメーカーはリヤは効かなくて当然、逆に効きすぎると危ないとまで言ってきます。自分はブレーキは効いてナンボ止まらない事にはブレーキコントロールも出来ないと思うのですが、実際の所サーキットユース向けのメーカーとしては正常な感覚なのでしょうか」です。

まず結論から。フロントであれ、リアであれ、どんなブレーキでも効かないブレーキというのは論外です。それに、ブレーキが効く効かない以前に操作性に問題があること自体もおかしいのだ。

実は私、その気持ち本当に良くわかります。というのも、私がK1300Rを買ったときに同じような経験をし、同じようなことをディーラーから言われたからだ。私の場合も、これでもかというくらい踏み込んでも全然効かず、踏みすぎて脛がクランクケースに当たるくらい踏み込んでいるにもかかわらずです。当然ですがロックさせることすらできませんでした。ディーラーに持っていくと、「リヤブレーキは姿勢を整える程度のものですから」という返事。思わず「ばかにしてるのか」と言いそうになったほど。

そもそも、K1300Rはリヤブレーキなのに、これまた豪勢なメッシュホースを採用しているのですが、ロックもできないブレーキどころか、全然効かないブレーキなのにメッシュホース。そもそも、リヤにメッシュホースは効きがダイレクトすぎて、コントロールが難しくなるから普通は使わない場合が多いのだが、効かないブレーキにしているんだったら最初からゴムホースにすればいいのにと思う。メッシュの意味全くなし。

DUCATIのディーラーの「サーキットユースのメーカーは効かなくて当然」とか、「効きすぎると危ない」というのは笑止千万。というのも、私は仕事柄ハイエンドのGPマシンのテストもするし、市販のSSのバイクもテストするけれど、リヤブレーキが効かないバイクは一度たりともであったことがない。あるわけないだろって(笑)。

去年、もてぎで行われたMotoGPでペドロサがバックストレートですさまじい突込みを行い、ほとんどストッピー状態だったのだけど(後続車からのオンボードビデオも公開されている)、その時のことについてのちにコメントしていたのだが、「リヤが上がりすぎて、リヤブレーキを使うのが難しかった」とまで言っているのだ。これはどういうことかというと、上がっているリヤが路面に接地するときにリヤブレーキをリリースする瞬間が難しかったと言っているのだ。つまり、彼はリヤブレーキを細かに使用するライダーともいえるし、リヤブレーキが効かないと困るライダーでもあるのだ。

この写真を見て欲しい
イメージ 1

これは私がへレスサーキットのバックストレートで260km/hでフルブレーキングしている状態なのだが、リヤが上がっているがわかると思う。クラッチに指がかかっているのに注目。これは断続的にリヤが接地する時に、減速が凄まじいので、タイヤの回転数が合わず挙動を乱す原因にもなるので、クラッチでバックトルクリミッターのようなことをしているのだ。接地する瞬間を察知し、半クラッチで操作をしているのだが、もちろん、リヤブレーキペダルにも足を置いており、ブレーキング操作をも行っている。この状態でもリヤブレーキが効力を発揮することを求めているのである。

「効きすぎて危ない」からブレーキを弱めるという発想は如何なものだろうか。だったらその効きすぎるブレーキを使いこなせるようにするのが普通ではないだろうか。実際、私はABSユニットを取り外し、リヤブレーキホースをキャリパーに直結させたのだが、ホースが短くなったことも手伝ってものすごい効きを見せることに(笑)。最初は「うわっ、やりすぎたか」と思ったほど(笑)。でもこれが、慣れちゃうんだな。最初はあまりにも効きすぎて意図せず踏み込んでガツンとブレーキがかかってしまうこともあったのだが、しばらくの間意識しながら操作をしていくと、これが普通のように操作できるようになるのである。

ABSだってそうだと思う。フロントロックが怖いからABSに頼るのか?握りゴケが怖いからABSなのか?ABSなしでコントロールしようとする意識や練習はバイクという乗り物に乗るためには不可欠という考え方もあってもいいと思う。

女性だって同じ。好きになった女性が美人すぎるからと言って、グレード下げるのか?そんなことありえない(笑)。

バイクは自分が乗りやすいようにするのが一番。他人がどうのこうのというは気にする必要がないと思います。もし、リヤブレーキをガッツリ効かせたいのなら、私のバイクでもできたように、やり方はあると思います。ぜひ頑張ってみてください(^^)


開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事