テストライダーという仕事

長らく乗っていなかったら空気圧の点検を(^^)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

K1300R装着の評価記事の続きです(^^)
 
ギアチェンジのスムーズさについては先の記事にて何回か触れたけど、このパワー・モジュールを装着することによりもう一つ大きな変化が見られたのは、エンジンの回り方である。これはクアッド、G8、S10Rすべてに共通して見られたことなのだが、エンジンの振動が激減したのである。
 
K1300Rについては何度か記事にはしているけど、このバイク、5000回転から結構な振動が上がってくるのだ。大げさではなく手が痺れるほどの振動を発せする。私は今までに3台のK1300Rに乗っているのだけど、どれも同じように振動を発生していたので個体差ではなく、このバイク特有のものだ思うが、私はこのバイクを購入してから本当にこの振動が嫌で、売却を何度も考えたほどなんだけど、オイル添加剤オービトロンを使用するようになってから大分軽減されたので、売却することなく今日に至っているのだけど、このパワーモジュールを装着することによってかなりというより、殆ど振動がなくなっていると言っていいほどのレベルになったのだ。
 
私は職業ライダーということもあり、メーターを見なくても走行速度や回転数がわかるのだが、特にこのK1300Rは5000回転で振動が上がってくるので大変便利(笑)。
 
それがである。高速道路で走行した時なんだけど、5000回転回っているのがわからなかったほど振動がなくなったのである。書いている自分も「こりゃまた突込みのコメントが入りそうだな」と思うほどなんだけど(笑)、本当になんで?という言葉しかないのだ。
 
この5000回転というのは、K1300Rでは高速道路で走るときに、私は使用するギアの関係で結構よく使っていたので、本当に困っていて、不本意ながら使いたくもないギアで走行をしていたのだが、これで一気に問題解消がされたのはまさに朗報の一言。
 
また、職業柄、数多くのオートバイに乗れるということもあり、様々なオートバイに装着してみたのだけど、4気筒だけでなく、シングルエンジンでも同じように振動の軽減というのが見られた。シングルエンジン独特の振動が激減するのだけど、これって結構不思議の一言(笑)。こりゃシングルエンジンじゃないよな?書いたら大袈裟に聞こえるかもしれないけど、もし、エンジンの振動に悩まされている人がいたら、一度試着してみるのもいいかもです。
 
それと、以前フリーマンさんからいただいた質問の中に「サーキットを走ってもタイムは変わるでしょうか」というのがありましたが、お答えいたしましょう。「タイムの向上は大いに期待できます
 
それはなぜか?実は私、あるオートバイ(言えなくてごめんなさい)でテストをしているのである。私はテストをする時はあらゆる角度ですることにしているのだが、ちょうど良いオートバイがあったのである。
 
このオートバイ、レッドゾーンが19000回転から始まるハイスペックなものなんだけど、というより、レーサーに近いかな。このバイクに装着してテストしてみたのである。
 
どうしてこのオートバイに装着したかというと、このオートバイ、どうしても15000回転でトルクの谷を発生してしまい、ある高速コーナー(140km/hで進入し、コーナー出口では160km/hに達する複合コーナー)の途中で15000回転まで落ちてしまうと失速してしまうため、回転数には気を使いながら旋回していたのだけど、これがどう変化するかを見るためにこのオートバイを選定しテストしてみたのだ。
 
結論から言うと、完全にトルクの谷を解消したのである。今までかなり神経を使っていたのだけど、あっけなく改善。その結果タイムが向上したのだ
 
正直、このテストの結果がこの製品の性能を確信に至るようになった大きな理由の一つとなっています
 
長くなってきたので続きは次回です(^^)
 
 
 
ランドマスター社のサイトはこちら:

開く コメント(31)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事