(゜Д゜ )新聞

メルマガ⇒ 00430000s@merumo.ne.jp ツイッター⇒ https://twitter.com/wataru4

全体表示

[ リスト ]

(*゜Д゜*)新聞 ケータイ投稿記事

マイクロSDがコンテンツ流通の台風の目に(COLUMN)
 携帯電話の外部メモリーとして使われることが多いマイクロSDカード。最近、これにコンテンツを記録してパッケージソフトとして販売する例が目立ち始めた。
■ディズニーもマイクロSDビデオを発売
 フラッシュメモリーにデータを記録するメモリーカードのなかで最も小さいマイクロSDカードは、いまではたいていの携帯電話が当然のように対応している。元々はアドレス帳を本体のメモリー以外に記録することで機種変更を簡単にしたり、携帯電話で撮影した写真を持ち出したりするのに使われていた。
 ところがメモリーの大容量化とともに、このマイクロSDをコンテンツ流通に利用するケースが増え始めた。どこが最初に始めたのかは定かでないが、電子翻訳機の辞書やDVDビデオの付録、音楽ビデオのパッケージなどに使われている。エイベックスが楽曲や音楽ビデオを販売したほか、ギガメディアは昨年12月からコンテンツ入りマイクロSDとしてゲームや動画コンテンツなどを販売している。
 ウォルト・ディズニー・ジャパンも12月16日発売の新作「ボルト」から、ついにマイクロSD単独パッケージの販売を始めた。ボルトの価格は2940円。ブルーレイ・ディスク(BD)版が4935円、DVD+マイクロSDが4935円、DVDが3360円だから、この価格設定は絶妙である。
■低価格化が追い風 ハードの普及も十二分
 パッケージとしてのマイクロSDの利用が増えている背景には、まずマイクロSD自体の価格低下がある。価格サイトなどで調べると、2GBで399円といったものまである。大量に調達すればさらに安くなるだろう。マイクロSDのコンテンツは携帯電話で利用・視聴されることがほとんど。国内の1億台がすべて対応しているわけではないが、ハードウエアはすでに十分すぎるほど浸透している。
 もちろん携帯電話はそれ自体が通信機能を持っている。IT的発想からするともうネットワーク配信の時代であり、「いまさらパッケージなんて」と考えがちだが、そう簡単でもない。仮に2GBのコンテンツをダウンロードしようとすると、現在の3Gネットワークでは軽く10時間以上かかってしまう。パケット定額制を利用したとしてもまったくもって現実的ではない。
 ダウンロード方式はコンテンツ販売側にとって、課金や認証といった部分もネックになりやすい。その点、リアルなパッケージ販売であれば販路の確保さえできればよい。違法コピーなどに対する著作権管理も比較的容易でいくつかの技術が存在している。
■テレビ局や携帯キャリアには利点なし
 では、パッケージとしてのマイクロSDは今後どの程度広がりをみせるだろうか。常識的に考えると、携帯電話の小さな画面で映画を1本見るのはかなりしんどいはずだが、携帯電話ですべてをこなし、お風呂でワンセグやケータイコミックを読むような世代にとってはさほど違和感がないに違いない。いつでもどこでも見られるという利便性は何にも優る。マイクロSDがコンテンツ流通の台風の目になる可能性は十分にあるだろう。
 これはテレビ局や携帯キャリアにとっては困った事態である。マイクロSDの動画コンテンツは、ビューワーとして携帯電話のワンセグ機能を利用している。携帯電話はキャリアや機種ごとに仕様が異なるうえ、動画ファイルも様々な形式がある。しかし、うまい具合にワンセグという共通基盤があるため、多くのワンセグケータイでマイクロSDの動画コンテンツを見ることができるのだ。
 ワンセグケータイでコンテンツがどれだけ見られても、コンテンツがどれだけ売れても、テレビ局や携帯キャリアには1円の収益ももたらさない。いったいどこに誤算があったのか。ひょっとするとマイクロSDカードの着脱のしやすさが、これからの携帯電話端末選びの一番のポイントになるかもしれない。



菅原紗由理、「FF XIII」発売前日に1位獲得
 いよいよ明日12月17日に発売となる大人気ゲームソフト「FINAL FANTASY XIII」。ゲームに先駆けて、12月2日は同作のテーマソングとなる菅原紗由理のニューシングル「君がいるから」が発売。同曲は、発売前日12月16日付のUSEN総合チャートで1位を獲得した。
 「君がいるから」は、12月14日付のオリコン週間ランキング初登場13位を記録し、翌週も10位代にランクインし、ロングセールスの気配。USENではオンエア開始直後から問い合わせが殺到し、12月9日付USEN総合チャートで2位を記録。「FINAL FANTASY XIII」のゲーム発売が迫り、テレビCMを始め、USENやコンビニ、大型電器店などで大量オンエアされるなど宣伝展開が加熱する中で、遂に1位を記録した。
 YouTubeで公開されている同曲のプロモーションビデオには、「ヤバイゎ〜><メッチャいい曲だ〜〜!!!」「何回聴いても、鳥肌が立つ…」など楽曲に対するコメントの他にも、「エンディングで流れたら間違いなく泣くだろうね。というかこの曲が素晴らしい」「あぁぁああぁ…これプレイ中に流れたらすごくいいだろうなあ…」など、ゲームファンからのコメントも寄せられている。



会員制月刊誌「フォーサイト」が休刊へ 新潮社
 新潮社刊行の会員制月刊誌「フォーサイト」が来年3月発売号で休刊することが16日、分かった。
 同社によると、「フォーサイト」は平成2年創刊。出版社が読者に直送する販売方式で、7千部でスタートし、現在は約2万2500部を発行していたが、経費などで赤字が続いていた。世界各国の専門家が政治、経済などの記事を執筆していた。



「Android」向けアプリケーション、2万件を突破--AndroLib調査
 AndroLibの統計によると、Googleの「Android」向けアプリケーションおよびゲームの数が2万を超え、2万33件に達したという。AndroLibはAndroid向けアプリケーションストア「Android Market」の動向を調査するサイト。同統計によると、11月には、3544件の新しいAndroid向けアプリケーションおよびゲームが加わったという。AndroLibは、現在利用可能な2万33件のアプリケーションおよびゲームのうち37.8%が有料で、残りは無料であると推定している。



菅vs竹中、成長戦略会議が”天敵”から意見聴取 規制緩和で隔たり
 政府の成長戦略策定会議(議長・鳩山由紀夫首相)は16日、検討チームの会合を開き、慶応大教授の竹中平蔵元経済財政担当相らを招き意見を聴取した。政府側からは菅直人副総理兼国家戦略担当相らが出席した。
 会合では成長戦略について、菅直人副総理が介護事業など需要面での拡大の必要性を主張したのに対し、竹中氏が技術革新や規制緩和など供給面での取り組みの重要性を強調するなど見解に一定のずれがあったものの、激しい応酬などはなかった。
 竹中氏は小泉政権が進めた構造改革路線の旗振り役として、郵政民営化を推進するなど市場原理を重視していて、民主党はたびたび「格差を生んだ」などと批判してきた。今回は成長戦略をまとめるにあたり幅広く意見を聞くために竹中氏を招いた。
 会議は来週中にも成長戦略の骨格をまとめる方針だ。



格安タクシーいじめ?事故防止? 乗務距離“制限”へ新基準
 国土交通省近畿運輸局は16日、京阪神地区の主要都市で営業する日勤勤務のタクシーについて、道路運送法に基づき、1日の1台あたりの走行距離の上限を250キロとする新基準を公示した。全国で最短となる。大阪のタクシーの事故発生率が高く、走行距離制限で安全走行の確保が狙いという。しかし大阪に多い「初乗り500円」の格安タクシーは、走行距離を稼ぐことで利益を上げており、実際に夜間の長距離客の乗車が多いため、タクシー業者らは「いじめに近い」と反発している。
 自由化、台数2割増で激化
 近畿運輸局によると、新基準は、来年1月1日から適用される。大阪や京都、神戸など京阪神の計31市2町で営業し、毎日走行する「日勤」と呼ばれる運転手のタクシーが対象。これまで1日当たり16時間の走行時間の制限があったが、距離についてなかった。



口コミや写真も表示 ヤフーが新検索機能
 ヤフーは16日、「Yahoo!検索」の新機能として「Yahoo!検索プラグイン」を追加した、と発表した。ヤフーの検索結果はこれまで文字情報が中心だったが、写真や口コミなどの関連情報も同時に表示させ、従来以上に詳しく、わかりやすくした。
 16日からヤフーサイトの「グルメ(飲食店情報など)」「レシピ」「リファレンス(百科事典など)」「オークション」「Q&A」が、プラグイン対応ページに更新された。
 例えば、飲食店を検索した場合、店の写真や平均予算などの情報が同時に表示される。



高級輸入雑貨市場の縮小止まらず 2008年の市場規模は2ケタ減
 矢野経済研究所は12月16日、「高級インポート雑貨市場に関する調査結果」を発表、2008年の国内高級インポート雑貨市場規模を前年比10.7%減の7557億円、2009年は前年比8.2%減の6935億円と推計した。
 同研究所では、「2008年後半以降の世界的な金融危機による経済不況の下、“ブランド志向の強い中間層を中心とした一般ユーザー”の需要激減、ニューリッチ層の需要低迷。さらに、円高の影響で中国などのアジアからの観光客の需要減少も大きく影響した」と分析している。
 分野別に見ると、最大市場の腕時計の2008年の市場規模は前年比12.0%減の3780億円、2009年も前年比8.7%減の3450億円と推計している。矢野経済研究所では、「国内景気が混迷を深める中、売れ筋商品の中心価格帯がワンレンジ下にシフトした。結果として低中間層に新たな価格帯が創出されたが、単価下落というマイナス要因は大きく、市場全体を押し上げるには至らなかった」と分析している。
 特に落ち込みが激しいのは陶磁器で、2008年の市場規模は前年比18.4%減の235億円、2009年も12.8%減の205億円と推計している。「国内景気の急激な悪化で、法人やギフト、ブライダル需要の低迷に加えて、売れ筋商品の中心価格帯の下方シフトによる単価の下落が影響した」(同研究所)



中国企業、海外M&A加速 09年最高3兆円に
 【上海=戸田敬久】中国企業による海外企業のM&A(合併・買収)が急拡大している。2009年の買収総額は350億ドル(約3兆円)前後に達し、過去最高を更新する見通し。資源関連の国有企業を中心に大型M&Aが相次いだほか、民営企業が先端技術や新規市場を求めて海外企業を買収するケースも出てきた。世界最大の外貨準備を抱える中国政府の後押しを受け、中国企業による日本企業も巻き込んだ海外M&Aが加速しそうだ。
 買収金額は米会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が、トムソン・ロイターのデータをもとに推計した。中国企業による海外企業の09年のM&Aは11月末時点で前年の3割増の166件、金額は同3.5倍の335億ドルにのぼる。PwCは通年では買収金額が350億ドル前後に達するとみており、これまでの過去最高だった07年(281億ドル)を大幅に上回る。


米マイクロソフト、中国の自社ブログで「盗用」 加企業に謝罪
 【シリコンバレー=岡田信行】米マイクロソフトは15日、同社が中国で始めたミニブログ「Juku(ジュク)」のサイトのデザインやプログラムが、カナダ・オンタリオ州に本拠を置く新興ミニブログ「プルーク」からの盗用であることが判明したとして、プルーク社に謝罪し、ジュクのサービスを全面停止すると発表した。
 マイクロソフトは11月から、傘下のMSNチャイナを通じて短文を投稿する人気ミニブログ「ツイッター」に似た形式の「ジュク」の試験版を中国で開始。ジュクは委託先の中国企業が開発したが、台湾で人気のミニブ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事