とんちんかんのサッカー日記

大口のサッカー大好き3兄弟です。サッカーを通しての成長を見てね!

カイトラストマッチ選手権県予選

晴天の今日

大口では濃い霧が出ました

どんどん冬に向かっていく季節

とうとうこの日が来ました
イメージ 1
選手権県大会

1回戦の相手は

VS 鹿児島高

相手は優勝候補

展開的には我慢することになるのは
イメージ 2
明らかなので

どこまで我慢して、頑張れるのか

楽しみでした

マネージャーも円陣に入り

みんなで戦う

お父ちゃんが高校の応援に来た中でも

一番多い応援団

応援に来てくれた保護者やOB
イメージ 3
たくさんの応援の中

何かやってくれ

試合開始直後

即失点・・・

ちょっとレベルが違うぞ

と思いながらも
イメージ 4
カイトの最後の姿

しっかり目に焼き付けよう

カケルと左のサイドバックを守り

駆け上がる

前半はほとんど駆け上がることなく

守備に徹して

ただ、少し守備自体が消極的
イメージ 5
引き過ぎの守備はかえって隙だらけ

カケルもミスが多く

相手のプレッシャーに押され続け

自分たちのサッカーなんて出来ない

でも、子供たちは一生懸命

前半終わって6失点

後半も同じく6失点

ただ、前半と違って

相手陣に入り込むことができてる

3年生も全員出場 でも

結果 0 - 12 敗退

完敗でした

力いっぱい負けました

これだけコテンパンにやられると

逆に清々しい

最後まで一生懸命走り回った大口

相手も最後までやり続ける姿勢

気持ちよかった

中途半端なことをしない相手で良かった

ここに強さの片鱗があるのでしょう

試合後
イメージ 6
ここまでチームを引っ張ってきた

キャプテンから最後の言葉

これからは、カイトも進路に向けて

しっかり勉強して欲しい

カケルはもっと精進しよう

2年前カイトも同じように

監督からボロクソ言われてた

カケルには酷な試合かもしれなかったけど

成長するには

避けて通れない

やるからには勝てるチーム作りは

当たり前

チームの中心になれるよう

これからも精進

試合後みんなで記念撮影
イメージ 7
この仲間でするサッカーは

これで最後

思い出も大事

いい仲間に会えたことも

財産

カイトは10年前少年団に入り

サッカー人生の始まり

10年の間はいろんなことがあった

小学生の頃は

少年団のない日はお父ちゃんと

忠元か小学校で練習

泣くまでやったこともあった

暑い日も寒い日も

お父ちゃんもキツかった

お父ちゃんがサッカー経験があれば

もっといいアドバイスができたかもしれないけど

ごめんな

ここまでやってこれたのも

いい指導者や

友達、環境、努力

一番は自分でサッカーがしたい

って最初に言ったあの言葉

自分自身が決めたことを

やり遂げたカイトが

お父ちゃんは誇らしい

お疲れ様 カイト

サッカーは、まだまだこれからも出来る

これからの人生に

これまでの経験を活かしてね

.


みんなの更新記事