ここから本文です
食虫植物や他の植物の会に参加しますが、その時に持ち込む予定の植物など紹介しようと立ち上げました。

夏が過ぎていく

33度でちょっと涼しいね、というのはどういうことでしょうか。曇天3日目で夜は熱こもってますが。
たぶん40度越えで被害続出

イメージ 1
N.truncata
べたべた管理に向かないだろうと吊り鉢管理です。梅雨前に乾かしすぎて調子を崩したら、そのまま成長を止めて、でても小さな芽となりました。水絞りすぎると成長点がダメージを受けそのまま枯れる、パターンがありますが、今回トルンカータの大量死となりました。これまでの綺麗なトルンカータはなくなってしまい、ブログの中だけです。棚の上とか、他のネペンに紛れて栽培していた個体は乾湿が極端でなかったのか生き残っています。吊れないサイズなので、また大きくするには数年でしょうか。

イメージ 2
N.rafflesianaの新葉。水が上がらず葉先が枯れました。

イメージ 3

N,ventricosa 輸入物
イメージ 4

病気もでました。たぶん炭そ病。手の施しようが無い。

イメージ 5
他は黄花し茎は細くひょろひょろです。とうぜん袋はありません。秋に切り戻して株を再生させるのが無難でしょうが、いきなり小さくなるのがちょっと寂しい感じ。これも日陰に置けば生き生きしてたのにと思います。

イメージ 13
N.maxima curtesii
古くからある個体。調子を崩すとでる斑点。もう1株も同様でした。成長は続けますが、いまいちな感じ。花は咲きました。

イメージ 6
過乾燥で葉が巻いた。新葉は普通ですが大きくはならないでしょう。

イメージ 7
盆栽化挑戦中のアンプラリア。水が足りないようで主枝が枯れます。グランドピッチャーだけでは絵になりません。
低地性ネペンテスが調子いいなんてありません。昼間暑すぎ、夜も温度が下がらず呼吸消耗が抑えられずにどんどん葉が小さくなってきます。

イメージ 10
サラセニアの葉先枯れは収まりません。秋にどう変わるか。
 
イメージ 8
ランも不調。用土が痛んだバルボ。葉の薄い高山性は下葉から落ちてバルブだけです。
イメージ 9
バンダ系は皺引いてます。

イメージ 11
高山性?小さくなります。水の必要量が多すぎてだいぶ萎れました。いつもながら綺麗な株から枯れます。

イメージ 12
菊。こんなのも萎れます。水がたれなければ枯れ、多すぎると根ぐされで枯れ、散々な夏でした。

昨日は食虫植物農園行ってきました。何を買おうか物色してきました。暑すぎて持ち帰れないので購入は9月に。

この記事に

壁面緑化

ちょっと違うか。
イメージ 1
壁に袋をぶらぶら、を目標に並べました。もう少し大きな株を集めたほうがよかったか。センターはダイエリアーナなど巨大な袋をつける株でしたが、写真撮る間も無く連れて行かれました。15〜16種類あるかな。N.alata(ひょうたん、斑点、bとf)、N.albomarginata red、N.thorelii、N.khasiana、N.rafflesiana nivea、2clone、N.ventricosa、N.Mixta、N.ventri×khasiana、N.Dyeriana、N.Kikuchiae・・・来年あるなら倍くらいを目標に。
もう少し壁に工夫を。

この記事に

酷暑 か

京都、浜松と週末お出かけと台風準備、毎日の酷暑日と灌水で少々疲れたので明日はお休みです。平日しか開いていないお店とか行く予定です。

浜松では、初めてお会いする食虫愛好家の方にネペンを4つ準備しました。よくできた温室を拝見しましたが、お返しに5つネペンをいただきました。

のぼりりゅう
イメージ 1

けっこう大きな株です。
イメージ 2

これは、明日別の方に送ります。もう1つは他の方に送る予定。

もらいすぎたので、車に積んであったフペルジアを4つ置いてきました。お返しになぜか吊り鉢をひとかかえ戴き、クランプも30個くらいいただきました。

2時間ほど立ち話をして、植物の話ばかりでしたが、植物に包まれて楽しい1日でした。
来週も酷暑日が続くようで今年の夏は厳しいです。
被害続出。

この記事に

S.flava

酷暑日が1週間も続くと大地も乾燥して、表面1cmくらいから水分が消えました。空中湿度は下がりっぱなしで鉢への灌水だけでは、生きているものの瑞々しさとか、美しさを維持できません。
京都に行っている間に被害発生。
イメージ 1
腰水用水盤の微妙な深さの違いから水切れがでました。大量に水やりしているつもりですが、ところどころ漏れるみたいです。用土も乾きすぎると腰水しても十分上まで浸みわたりません。ときどき頭からかけてやるんですが、フラバの葉はポキポキ折れ、無残な姿になりました。

赤いの集めました。暑さと乾燥で色が抜けてしまいました。
イメージ 2

もう1つ作る予定。

この記事に

maxima開花

袋は10cmほどと小型ですが節間はどんどん伸びて小さくありません。栽培しにくい個体。
イメージ 1

イメージ 2
ニューギニア産かと思います。葉が薄いです。それだけです。同じニューギニア産をいくつかつくってみたいですが、入手先不明。

イメージ 3

N.maxima curtesii
マキシマらしい大型の袋をつける個体ですが、盆栽化したらしょぼいです。葉は結構厚く丈夫。
調子を崩して袋つけることも少なく茎ばかり伸びます。寂しいのでもう1株購入しました。こちらは大きくなるかな。

イメージ 4

イメージ 5

雨を避けるためビニールハウスで管理中です。
マキシマ同士で6月19日から交配していますが、目的がいまいち明快でないです。大きいマキシマと小さいマキシマかけて中くらいのマキシマを作る、なんてのはいただけません。でも交配中。はは。
ビーチーが根腐れ起こしているよう。難しい。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事