ここから本文です
瀬羅 せせらぎの風景
どりーもダメだった、泣いてもイイ〜〜ですか?

書庫全体表示

5年前のきょう

19日ですか・・早いな・・5年前、2014年のきょう・・は、確か、、明日、転・・って時でした・・・
イメージ 1

イメージ 2
当時の市民病院の正面・・・先週の土曜に、偶然、歩いた時、前まで行ったんですが、この後の方に、新病棟のドデカいビルが建って居て、ビックリ!!、市民病院も、ちょー古くて、老朽化してましたからね、そ〜〜言われると、私が居た5年前に、看護師さん達が、そんな様な話題、してた様な・・・その頃、自分がそれどころで無い状態でしたからね、気に留めて無かったけど・・・その影響でしょうか??、すごい人だかりで、警備の人がこれまた沢山出て、整備してました、その新しい病棟屋、撮影しとけば良かったけど、・・って、今、思うけど、あまりの群衆差に、息苦しく成るくらいで、逃げる様にその場を去ってしまったから、カメラ向けてる余裕を逸してしまいました・・・
イメージ 3
入院直後だな・・2.17って事は、個室でした、入院費がちょー心配でした・・大部屋は空いて無く、・・と言うか、この時点では、個室で良かったけど・・・
イメージ 4
ずっーーーと、付けられてるこの腕のヤツ・・・もうこの頃、文字もバーコードも、擦れ消えしてましたね・・・それが、20日退院が決まってて、リハビリ専門の病院へ転院で、・・その19日に、・・もう明日居なく成るってのに、新しいのに替えてくれたんですよ、何で?・・・
イメージ 5
その、ホント時間も今くらいの5年前の病室からの小牧市の風景・・・部屋の中は、杖を持って、歩き回ってたくらいで、こんな撮影も可能でしたが、病室から一歩でも出る時は、車椅子に、介護の人間が付いて無くてはダメ〜でした、



イメージ 6

イメージ 7
市民病院の脳外科病棟は、6階・・・そこから、転院後、次の日の朝の風景・・・雨でした・・6階暮らしから、こちらは2階・・確か・・日曜だった様な記憶・・・何して1日過ごしたか・・覚えがありません・・何か、とにかく静かだった気がします・・・昨日まで居た、市民病院とは、まったく違うトコへ来た・・そう実感し、いつ、退院出来るんだろう・・・不安ばかりだったな・・・そーーだ、甦って来ます…丁度、この時期だったんだ・・・・ってね、


せせらぎ

  • 病院を出る時、映画やドラマみたいに、沢山の看護師さんやら医師のセンセ等に見送られて・・・的な、そんなんが一切無い現実が、或る意味驚いた、一人くらい、見送ってくれるのか・・と、思ったのに、まったく無しでしたから・・・病院ってのは、次から次へと患者さんが入って来る、それは、永遠的で、余程の事でも無い限り、入院・退院は、そこで仕事してる人にとって毎日繰り返されてる「通常」なんですね、・・それが、実感でした・・・

    瀬羅せせらぎ

    2019/3/19(火) 午前 5:27

    返信する
  • 食欲は旺盛ですね

    ぼんちゃんのママ

    2019/3/19(火) 午前 10:12

    返信する
  • せせらぎさん*こんにちは〜(*^-^*)

    見送り、ああ〜、なんかちょっと気持ちわかります、
    こちらはお世話になった想いがあるからその時間を濃く感じて「退院」することに感慨もひとしおでいるのですが、
    あちらとしては、日常茶飯事というか、退院して病室を出たら、病院と関係のない人になってしまうというか、わりとドライな感じですよね(*^-^*)*
    次々に入ってくる新しい人たちのことで忙しいので、無理ないかもですね*

    tomo

    2019/3/19(火) 午後 4:34

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは〜
    せせらぎさん

    リハビリを頑張られたので、今があるのでしょうね

    sara

    2019/3/19(火) 午後 5:12

    返信する
  • > ぼんちゃんのママさん
    食事を運んでくれる介護士さんから、「食べるのも、治療の一つですよ・・」なんて言われて、ホントはまったく食欲が無かったのを、ムリクリ、口に突っ込んで呑み込んでた感じでした、この後、「嚥下障害」・・と言って、飲み込みが困難な症状がある事が発覚して、メニューのすべてが、トロミ掛かったモノに替えられてしまったら、それが気持ち悪いの何の・・って、ついに、食べれなく成ってくんですけどね・・・・

    瀬羅せせらぎ

    2019/3/20(水) 午前 2:01

    返信する
  • > tomoさん
    この市民病院から次のリハビリ入院の為の病院へ移る、前日の夕方、この病棟1の、綺麗〜〜な、看護師さんがたまたま、担当日に当たってて、「明日、いよいよ、転院ですね、頑張って下さい」・・って、・・あ、それと、担当の主治医の先生も前日、病室に見えてて・・この人は、毎日、朝、来て下すってたんだけど、励ましのお言葉、頂いてました・・そーー言えば、で、当日は、なぁ〜〜も・・・だった訳です・・・何か、信じられないくらいアッサリ・・って感じでしたね。何か、コッソリ、逃げる様に院を出てく、感じがしました・・・

    瀬羅せせらぎ

    2019/3/20(水) 午前 2:10

    返信する
  • > saraさん
    ま、職場へ復帰したい一心だったコトは、間違いありませんでしたね、まさか、クビに成るなんて、思っても見なかったですから、とにかく、沢山の「絶望」の呑み込み・・の連続で、一つ一つ、もう、戻らない、出来ない、それ等を受け入れて、長ーーーく、使って来た「自分」って車の乗り換え・・みたいな、しかも、ランクをかなり下げて・・・いい意味で、無い設備への葛藤と、諦め、それまで、有って当然にしてたコトが、悉く、変わっちゃいましたし、或る意味、その体だけ、赤ちゃんに戻っちゃって、それまでの50年近くの経験値を一気に失ってしまった様な感じでしたから、実際、戸惑いと、ホント、絶望感ばかりでしたよ、・・・そう考えれば、随分、戻せました・・・ホント。

    瀬羅せせらぎ

    2019/3/20(水) 午前 2:22

    返信する
  • > 瀬羅せせらぎさん
    朝・昼の市民病院の画像は、リハビリの為、日に2度でも、歩いて辿り着いた時、撮影したモノでしたね、歩いて歩いて歩いて・・・只、゜歩くしか無くて、歩き難くて、気持ち悪いのがずっーーーとで・・ふと、「徒労」や「疑問」を感じながらも、それでも歩き続けてたそんな頃だったよね、また、今、歩きが、休みの日だけですが、やらなきゃイケナク成って・・・この市民病院へ歩いてく・・ったって、あの倒れた、あの日、救急車だったのにね・・・この近所の人で、歩いて、そこまで行こう・・なんて人、居ないよね、遠いもん・・ま、仮に行けたとして、帰りはタクシーだよね、・・あんまし、自分に甘くしちゃあ〜〜何だけど、頑張ったね・・・。

    瀬羅せせらぎ

    2019/3/20(水) 午前 2:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事