イメージ 2

色々な自転車に乗ったり、滑り台などの遊具で遊んだり。ウチの子は楽しすぎて、なかなか帰りたがらなくて困ったくらいです。琵琶湖も一望できて、お金もほとんどかからない。

イメージ 1

特に滑り台は探偵ナイトスクープで放送されたんで、だいぶ並びましたがとてもとても良かったです。また行きたいです。

by  イェンティエン

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは、開発部のタナベです。

ビラーゴ250がまた不具合で、連休中乗れませんでした。
近所のホームセンターに買い物に行って、帰ろうとしたらエンジンかからず。
原因不明で、自分にはお手上げだったので、バイク屋さんに預けておいたのですが、結果、プラグから火花が出ておらず、アース接点をいじったら治ったそうです。
アースの不具合で、なぜプラグだけが・・・?買い物の10分間に何が起こったのか?など色々疑問は有りますが、とにかく直って良かったです。

ビラーゴが帰ってきて早速、気になっていた排気音(うるさい)の改善に取り掛かりました。

買ったときから付いていた、スラッシュカットマフラーは直管だと音色は重低音でにカッコイイのですが、非常にうるさくて、住宅地ではとてもエンジンをかけられたものではありません。昼間でもアイドリングするのに罪悪感があります。
イメージ 1

購入時に装着されていたサイレンサーが↓です。
イメージ 2
何か板みたいな物で出来ています。 直管状態の音量を100とすると、80〜90くらいになりますが、まだまだ住宅地では辛いです。晩、家に帰れない状態でした。音質は直管の様な重低音でカッコイイのですが・・・。

これがあまりにもうるさいので、すぐに購入して装着したのが↓キジマ製インナーサイレンサーです。
イメージ 3
しばらく使っているので黒く汚れてしまっていますが、パンチングメタルの筒の周りにグラスウールを巻いた様な造りになっています。直管の音量を100とすると、アイドリングで60程度まで静かになりますが、音質が少し軽くなるのと、エンジンを吹かすとまだうるさいです。

今回試した方法は、このサイレンサーにステンレスたわしを詰める方法です。
購入したのは↓の”たわし”と”針金(ステンレス)”です。
イメージ 4

まず、サイレンサーをマフラーに固定しているネジをはずして
イメージ 7

曲がりラジオペンチでひっかけてサイレンサーを引き抜きます。
イメージ 8

たわしを少しつまんで、ハサミで切って小さな団子にします。それをサイレンサーの筒の中に詰めます。
(ギュウギュウに詰めずに、ふんわりした状態で、側面から見えなくなるくらいまで詰めます)
イメージ 5

詰めた”たわし”が排気の風圧で飛んでいかないように、針金で十字をつくってブロックします。
イメージ 6

それを逆の手順でマフラーに装着。
イメージ 9

結果、音質は軽くなり少し残念かも知れませんが、劇的に静かになりました。吹かしても爆音ではありません。
でも、純正よりは多少うるさく、音質もアメリカンらしさを若干残しつつ・・・、良いと思います。
音量は直管100に対して30〜40くらいのイメージです。

走行性についても問題なさそうです。逆に加速がスムーズになった様に感じます。
高回転の抜けも問題ない様です。100km/hまでは息継ぎもなくスムーズに出る事を確認したので、通勤メインの私には十分です。

これで、夜の帰宅や朝のアイドリングが気兼ねなく出来そうでうす。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

開発部のハイトーン・タナベです。

今年の正月明けに普通二輪免許を取得し、3月末からバイクデビューしました。
それで、子供の時に乗ってみたかったビラーゴ(今は絶版)を同級生が営むバイク屋さんに頼んで手に入れてもらい、手入れして仕上げてもらいました。
イメージ 1

そのビラーゴが先週、会社に向かう道中でエンストし、そこからエンジンがかからなくなりました。
エンジンが止まる直前の症状は、アクセルを回すとエンジンの回転が落ちる。チョーク全開で何とかアイドリングするも、アクセルを開けられないので走れない。と言う状態から、とうとうエンジンが止まり、再始動不可能になりました。

その後、この土日に原因究明作業をしました。

①まずキャブ等のセッティングを疑い、パイロットスクリューやアイドルスクリューを調整しながら何度もセル。
 →結果、バッテリー上がり→充電。
イメージ 2

②かぶり(ガソリンが濃い)の確認
 添加プラグを確認しましたが、特に汚れていません。→ワイヤーブラシでスス落とし。

③プラグから火花が出るか確認
 プラグを抜いた状態でプラグコードを繋ぎ、セルを回して確認。→ちゃんと火花出てます。

④ガソリンの供給確認
 まず、 キャブレターのドレンねじを緩めてガソリンがキャブ内に来ているか確認。
 (キャブにアプローチするのに邪魔になるヒューエルコックをホースは繋いだまま外してあります)
イメージ 3
 →最初はチョロチョロガソリンが流れましたが、その後セルを回してもガソリンが落ちてきません。
  原因は燃料供給の様です!

これから、ガソリンタンクからキャブレターまでの経路の中で、どこでガソリンが止まっているのか探ります。

■ヒューエルコック→燃料ポンプ間。チューブを抜くとガソリン流れます。OK。
イメージ 4

■燃料ポンプ→キャブレター間。チューブを抜くとガソリンが垂れます。問題なさそう。
イメージ 5

■最後にキャブへの入り口。ここがOKだと、問題はキャブの内部になります。こうなると厄介です。
イメージ 6
  残念ながら、ここもガソリンが来ていてOKでした。

■負圧式燃料ポンプの動作確認(念のため)。
イメージ 7
  負圧ポンプの出口にタオルをあて、セルを回すと、ドバッ!と錆の塊が出ました。
  キャブにこれが詰まっているのかも・・・。

キャブの中身になると素人の自分にはお手上げなので、同級生のバイク屋を助っ人に呼びました。
ここまで自分でやった工程を先に連絡しておいたので、ある程度の道具を持って来てくれました。

結局うちのガレージではらちが明かずに、トラックに載せて引き取られていくのかな〜?と思っていたら、
「ブル〜ン、ド、ド、ド、ド」と自分のバイクのエンジン音が。 えっ!?
なんとこのバイク屋の旦那さん、一瞬で直してしまいました。

どうやって?と聞くと、「キャブのガソリンの入り口にブレーキクリーナーのノズルを突っ込みシューッと
しただけ」だそうです。その思いつきが流石プロ!と感心しました。

錆の根源を絶ったわけではないので、また詰まるかも知れませんが、応急処置の方法は学んだので、
次は自分で出来そうです。

その後3日経ちますが、今の所絶好調です。





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年日帰り旅行

2017年のプラスコート日帰り旅行は、今年から春開催となりました。

今年は天の橋立です。
快晴でした!
お見せ出来ないのが残念ですが、昼食の海鮮炭火焼きがとっても美味だったんですよ
幹事様 お疲れ様でした。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

花より団子

すっかり暖かくなってきました。
春は新入生や新社会人でどこか街中もフレッシュな感じがするので好きです。
 
先日友人と花見に行ってきました。円山公園に。べたに。
毎回花見の時は、南座の向かい側の「みよしや」で団子を買っていきます。
子供のころから大好きで、いつも行くと常連特有の爆買いをします。
甘すぎず何本でも食べられます。
お店の写真を撮ろうとすると、おばちゃんに「写真はやめてください!」とガチギレされます。
日本語通じない外国からの観光客にまで、まくし立ててキレられるので
もし行っても写真は撮らないようにしましょう。 
イメージ 1
やはり円山公園は人でいっぱいでした。
桜を見に来たのか、人見に来たのかわからないくらい多かったです。
本当は鴨川沿いの桜が好きなんですけど
夜のライトアップされた桜は幻想的できれいでした。
 
by  Dream Delivery Driver

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事