プラチナヒルズ@東京03

節約生活あれこれを書いています

全体表示

[ リスト ]

麻生太郎が自民党総裁に選出され、組閣を行ったのは選挙管理内閣だったはずだ。
しかし、リーマンブラザーズ破たんに端を発してしまった金融危機・大不況のために解散する時期を逸し、気が付けば半年経過してしまった。

これからやろうとすると、今度は自民党の足を引っ張るように公明党が「7月の都議選から離してくれ」の横槍を入れてきやがった。都議選から1ヶ月前の6月がダメなら、1ヶ月後の8月でもダメと言うことになってしまう。そうなると、8月選挙なんて、任期満了までわずかでやる気にもならないはずだから、オートマチックに9月6日か13日が総選挙の形になってしまう。

麻生太郎はダメダメながらも、周囲の状況だけで総理の椅子にしがみ付けられている。
なんなんでしょう。結局、安倍、福田、麻生の3人はなんだったんでしょうか。そんな思いを持たざるを得ませんでした。


<公明党>解散・総選挙「6月は難しい」…山口政調会長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090404-00000026-mai-pol
4月4日13時6分配信 毎日新聞

 公明党の山口那津男政調会長は4日午前、TBSの報道番組で、衆院解散・総選挙の時期について「(7月12日の東京都議選と)なるべく離した方がいいので、6月に入ると、なかなか厳しい。5月(の衆院選)は09年度補正予算案をやろうとすると、難しい面もある」と述べ、都議選後の夏以降にずれ込むのもやむを得ないとの認識を示した。

 西松建設の違法献金事件による民主党の混乱を受けて、自民党内には補正成立後の「5月解散、6月選挙」案が浮上。山口氏は公明党の東京都本部代表を務めており、同報道番組で「都議選と同時期、あるいは接して行うのは与党の力を発揮できず、(自公両党が)お互いに得でない」と語った。【田所柳子】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事