プラチナヒルズ@東京03

節約生活あれこれを書いています

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

三井生命が住友生命から専務を副社長に受け入れるほか、営業力強化に数名(の幹部)をも受け入れるんだとか。単純に考えれば救済合併だろ? と思うのだが、すぐにそうは行かないとするのが妥当そうな雰囲気。

Yahooで検索してみると明らかに「倒産」で三井が落ちる。

住友生命の関連検索ワードは「採用」「解約」「保険」「ライブワン」
三井生命の関連検索ワードは「倒産」「採用」「営業所」「保険」

三井住友銀行、三井住友海上火災、三井住友建設に続くんだろうな。


三井生命の副社長に住友生命から井上氏 異例のライバル人的支援
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000053-san-bus_all
2月27日8時1分配信 産経新聞


 三井生命保険は26日、住友生命保険の井上恵介専務(59)を副社長に迎えるほか、営業力強化に向けて住友生命社員数人を受け入れる方針を明らかにした。ライバル同士の生保が役員などの人的支援を受けるのは異例だ。

 また、損保大手の三井住友海上グループホールディングスからも、傘下の三井住友海上きらめき生命保険の畠山道雄副社長(59)を常勤役員として迎える。井上氏と畠山氏は4月1日付で三井生命の執行役員に就いたうえで6月に取締役に就任する。

 三井生命は金融危機の直撃を受け、平成20年4〜12月期業績が1060億円の最終赤字に転落し、21年3月期も最終赤字となる見通しだ。住友生命などによる今回の人的支援は、三井グループと住友グループの接近を背景に実現したもので、両グループ生保の提携強化のほか、将来的な経営統合につながるとの観測も浮上している。

 三井生命は27日に経営再建計画を発表する予定で、従来の販売網を見直し、リストラを含めて経営資源の選択と集中を打ち出す考えで、住友生命と保険商品の共同開発も検討する。また、変額年金保険は運用悪化を受けて撤退する方針だ。

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事