諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

兵庫県神戸市中央区波止場町にある『ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド』 その6
夕食編です。
 
夕食は2階ロビー階に位置する「レストラン ル・クール神戸」でいただきました。
オーシャンビューと緑溢れるガーデンを臨む開放的なレストランホールとテラス席を併せ持ち、
モダンなデザインでありながら洗練された落ち着きある贅沢な空間が特徴のフレンチレストランです。
“ル・クール”とはフランス語で“心”という意味です。
お客様が快適に過ごせるように、心を込めたおもてなしを、
シェフやソムリエをはじめスタッフ全員が心がけています。
 
2008年より『ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド』 の総料理長(兼副総支配人)を務める
鎌田 雅之 氏は、神戸ポートピアホテル「アラン・シャペル」にて上柿本 勝 氏に師事した後、
ハウステンボスホテルズ料理長を歴任した経歴を持つ方です。
上柿本ファンの私としては、期待に胸を膨らませての訪問となりました。
 
兵庫県は昔、淡路・丹波・但馬・播磨・摂津の五つの国に分かれており、
それぞれが独自の気候と文化を持っていました。
そのため、季節ごとの食材もバラエティー豊かで、地方の食文化がうかがえる品が数多くあります。
「レストラン ル・クール神戸」は、日頃から五国の恵みの地産地消メニューを提供していますが、
訪れたときは、兵庫のテロワール〜五国の味めぐり〜「但馬フェア」という
但馬地方の選り抜きの素材を堪能できるフェアが実施されていました。
迷わず「但馬」というコースを選んでみました。
今回いただいたワインとコース「但馬」と内容は次のとおりです。
 
シャンパーニュ マム・コルドン・ルージュ <フランス>
イメージ 1
F1の表彰式で使用されていることでも有名なG.Hマム社のシャンパンをセレクトしてみました。
糖度は控えめですがフルーティで、キリッとした?口当たりの美味しいシャンパーニュです。
 
アミューズ ブーシュ
イメージ 9
人参のムースをベースにした一品です。
 
パン
イメージ 10
全粒粉のパンです。
美味しいパンでしたが一種類だけというのは、ちょっと寂しいです.....。
 
バター
イメージ 11
濃厚で程よい塩加減の美味しいバターです。
 
香住蟹のカクテルとプロヴァンス風トマトのサラダ仕立て フレッシュハーブの香り
イメージ 12
"香住蟹"は紅ズワイガニのことですが、近畿地方では兵庫県香住港だけで水揚げされることから、
そう呼ばれており、ブランド名にもなっています。
イメージ 13
せんべい?を割って蟹身と一緒にいただきます。
香住蟹は甘く、濃厚な旨味がクセになりそうな美味しさです!

白ワイン 2008ブルゴーニュ・ブラン ミクルスキ <フランス>
イメージ 14
熟した果実の凝縮味を感じることができる美味しい白ワインです。

浜坂漁港直送の鮮魚と高本さんが作った岩津ねぎたっぷりの漁師風スープ
イメージ 15
"岩津ねぎ"とは兵庫県朝来市が特産の葱です。
下仁田ネギ、博多万能ねぎ とともに日本三大葱の一つと言われています。
和のテイスト満載の逸品です!

神鍋直送“田村鱒”のポワレとサラダ菜のブレゼ シャンパンソース
イメージ 2
神鍋高原日高町十戸にて神鍋養鱒場を営む"田村さん"が育てたニジマスは、
“田村鱒”と呼ばれ地元の料理屋さんでも人気の川魚だそうです。
“田村鱒”は、きめが細かい肉質で、生でいただいてみたい豊かな味わいでした。
白ワインも美味しくいただけました。

赤ワイン 2003レ・テラス・デュ・シャトー・タイヤック コート・ド・ブール <フランス>
イメージ 3
アルコール感はきつくなく、ステーキによく合う赤ワインです。

但馬牛背ロース肉のグリエ 季節の野菜添え 山葵風味の仔牛のジュ
イメージ 4
メインは、神戸ビーフ(神戸牛・神戸肉)の素牛である"但馬牛"のステーキです。
焼加減はミディアムレアーでいただきました。
柔らかくジューシーで旨味が凝縮された和牛の醍醐味を味わえる逸品です。
 
アヴァン デセール
イメージ 5
レモンのムースをベースにした一品です。
 
シナモン風味の温かいリンゴのタルトにキャラメルのアイスをのせて
イメージ 6
アツアツのリンゴタルトに冷たいアイスというのはデザートでは最強の組み合わせではないでしょうか?
シナモンの甘い香りもたまりません......。
 
タピオカの入った練乳のムースリーヌとバジルのジュレ イチゴのシャーベットを添えて
イメージ 7
バジルのジュレは程よい風味で、苺との相性もバッチリでした。
甘酸っぱくて爽やかな美味しさで、食感(ムース、ジュレ、シャーベット)も楽しめるデザートです。
 
可愛い小菓子
イメージ 8
小菓子は満腹のためテイクアウトさせていただきました。
コーヒー or 紅茶でコースを締めくくります。(写真なし)
 
但馬の食材を思う存分楽しめる大満足のコースでした。
現在「但馬フェア」は実施されていませんのでご注意を!
 

撮影:2011年2月

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事