諸国漫遊記

旅とグルメの記録を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

東京都港区東新橋にある『コンラッド東京』 その1です。
 
「コンラッド・ホテル」はヒルトン・ホテル社が世界的に展開するホテルブランドの一つです。
「ヒルトン・ホテル」創業者の"コンラッド・ヒルトン"氏のファースト・ネームより名付けられたホテルブランドは、
2000年には「ヒルトン・ホテル」の最上位ブランドと位置づけられましたが、
現在は「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」に次ぐ上級ブランドと位置づけられています。
 
『コンラッド東京』は、コンラッドホテルズの格式と和のモダンデザインの融合をコンセプトとしており、
ミシュランガイド東京日本語版において、
快適さによる評価で最高ランクのレッドパビリオン5つを3年連続獲得しています。
全客室数は290室、4つのレストランと1つのバーラウンジ、
大中小5つの宴会場と10〜480名まで利用可能な会議室、
そして、東京のホテルとしては最大級1400㎡の広さを誇るスパ&フィットネス「水月」を備えています。
運営は、森トラスト株式会社が100%出資するMT&ヒルトンホテル株式会社が行っています。
 
2005年1月に竣工したソフトバンクグループが入居する「東京汐留ビルディング」の
最上層エリアの28階から37階を『コンラッド東京』が占め、2005年7月1日にオープンしました。
同じ年には、「マンダリン・オリエンタル東京」も開業しており、
フレンチと中華のミシュラン☆レストランがあるなど、似てる部分もありよく比較されがちですが、
料金的には断然『コンラッド東京』の方が利用しやすいです。
本当は、『コンラッド東京』ではなく、「セントレジス」の開業をもくろんでいたが、
条件が折り合わず大阪にオープンした!?...........と言われています。
現在、東京は外資系高級ホテルが乱立し競争が激化ていますが、
全ては『コンラッド東京』のオープンから始まりました。
 
ホテル外観
イメージ 1
日本通運本社ビル付近から撮影しました。

ホテル玄関①
イメージ 2
「東京汐留ビルディング」の地下2階から2階の店舗フロアで、パルコが運営する「Pedi汐留」や、
オフィスフロアの入り口とホテルの玄関は完全に分かれており、行き来する事はできません。
「Pedi汐留」とオフィスフロアへは、新橋駅からは地下通路でつながっていますが、
『コンラッド東京』へは一度外へ出る必要があります。
 
ホテル玄関②
イメージ 4
訪れた時期は門松が飾られていました。
 
「浜離宮恩賜庭園」より望む『コンラッド東京』①
イメージ 5
「浜離宮恩賜庭園」は、もとは甲府藩の下屋敷の庭園でしたが、
将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園しました。
庭園内から望む『コンラッド東京』をはじめとする汐留の高層ビル群はとても絵になります。

「浜離宮恩賜庭園」より望む『コンラッド東京』②
イメージ 6
『コンラッド東京』をはじめとする汐留の高層ビル群をバックに望む
「浜離宮恩賜庭園」にある「潮入の池」と「中島の御茶屋」です。
日本庭園と近代的な建物のアンバランスさが何とも言えない芸術的な風景を作り出しています。
「浜離宮恩賜庭園」では、このアングルが一番人気ではないでしょうか?
 
カードキー①
イメージ 7
『コンラッド東京』のカードキーです。
「浜離宮恩賜庭園」より望む『コンラッド東京』②がカードキーに描かれています。
 
カードキー②
イメージ 8
カードキーとカードケース?が融合しています。
今回はエグゼクティブフロアに宿泊してみました。
エグゼクティブフロアは36〜37階、エグゼクティブラウンジは最上階の37階に位置します。
エクスプレス&プライベート チェックイン/アウトはもちろん、
朝食、スナック、カクテルなどを専用のラウンジにてご自由に楽しむ事が出来ます。
 
客室からの景色①
イメージ 9
最上階客室からの東京湾ビューです。
『コンラッド東京』の客室は、ダイナミックな高層ビル群を一望する"シティタイプ"と、
浜離宮恩賜庭園とレインボーブリッジやお台場を中心とする東京ベイを一望できる"ベイビュータイプ"
が用意されていますが、断然"ベイビュータイプ"がおすすめです。
 
客室からの景色②
イメージ 10
夕暮れの東京湾ビューです。
 
客室からの景色③
イメージ 11
東京湾夜景です。
 
客室からの景色④
イメージ 3
今話題の恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている"東京ゲートブリッジ"が望めます。
訪れた時はまだ開通前でした。(2012年2月12日午前10時開通)
 

撮影:2012年1月

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事